アイメイクの正しい落とし方。目もとのメイクをキレイに落とそう

最終更新日:2016年2月23日

目力をアップさせて魅力的に見せるにはアイメイクは欠かせないですよね。

しかし落とし方にはどれだけの人がこだわっているでしょう?皮膚の薄い目もとに最も大切なアイメイクの正しい落とし方をご紹介します。

1.必ずアイメイクは専用クレンジングで落とす

マスカラやアイラインはファンデーションに比べると落ちにくくなっています。

それを全体のクレンジングと一緒に落としてしまっては、デリケートな目もとの皮膚は悲鳴を上げ、シワやたるみの原因になります。

アイメイクを落とす上で最も大切なことは「こすらない事」目もとの皮膚は、他の部分に比べてとても薄いんです。

スッピンでも美しい目もとを維持するためには、アイメイク専用リムーバーは欠かせません。

現在様々な化粧品ブランドから、アイメイクリムーバーが発売されていますので、是非1つご自宅に用意してみて下さい。

ゴシゴシこするクレンジングを止めるだけで、目もとの小じわや色素沈着によるくすみを防ぐ事が出来ますよ。


2.コットンにリムーバーを染み込ませる

アイメイクリムーバーを使うときは、コットンと綿棒を用意してください。

とにかく目もとはこすらない事が大切なので、コットンを使って優しく落とします。

コットンも出来るだけ肌当たりの優しい柔らかいものが良いでしょう。

コットンを用意したら、リムーバーをたっぷりと含ませます。

この時、リムーバーの量が足りないと摩擦の原因になりますのでケチらずたっぷりと使う事がポイントです。

コットンは両面使いますので、裏面までしっかりと染み込んでいる事を確認して下さい。

3.アイシャドウを落とす

リムーバーを染み込ませたコットンを半分に折り、上まぶたに当ててアイシャドウを落とします。

このとき、折り目がまつ毛のキワに当たるように当てて下さい。

数秒当てたら、こすらないようにそっと横にスライドさせます。

するとアイシャドウは負担なく落ちると思います。

この時のポイントは、アイメイクをコットンに転写させるイメージで落とすという事。

専用のリムーバーを使うと、優しく撫でるだけでするっと落ちるので力は入れません。

下まぶたにもメイクをしている時は、コットンを少しずらして2つに折り直し、上まぶたと同じように落としていって下さい。


4.アイラインを落とす

アイシャドウを落とす時に使ったコットンをそのまま4つ折りにし、アイラインを落としていきます。

4つ折りにする事で、目尻や目頭など細かい所にも使いやすくなります。

アイラインを落とす際も、コットンを当てて優しくスライドするだけでOKです。

まつ毛の生え際など細かい所まで、コットンだけでは落としにくいという方は綿棒を使いましょう。

綿棒にリムーバーをたっぷり染み込ませ、優しくアイラインを撫でればスッキリ落とすせます。

この際まぶたを少し上に引っ張ってから落とすと、生え際までしっかりと見えるので落とし残しを防ぐ事が出来ます。

ただし、まぶたの引っ張りすぎはシワの原因になりますので注意して下さい。

5.お湯で落ちるマスカラを落とす

使用しているマスカラのタイプがお湯でオフできるものであれば、このまま顔全体のクレンジングをして洗顔に移ります。

38度程度のぬるま湯で、まずは顔全体のクレンジング剤を優しく落としていきましょう。

その間に、まつげにかかるお湯でだんだんマスカラがふやけていきます。

マスカラがしっかりとふやけたら、指先でそっとまつ毛とつまんでください。

マスカラがするっと簡単に落ちると思います。

しっかりふやける前に落とそうとしたり、強くひっぱったりするとまつ毛が抜けたり、痛む原因になるので注意して下さい。

決してこすらず目もとに負担をかけない事を意識しましょう。


6.通常タイプのマスカラを落とす

お湯で落とすタイプ以外のマスカラは綿棒とコットンを使用して落とします。

まず先ほどアイシャドウとアイラインを落としたコットンを裏返しにして半分に折ります。

キレイな面が出たら、そのまま上まつ毛の下に当てます。

目に入らないギリギリのキワのところまで当てると落とし残しがありません。

そうしたら、リムーバーを含ませた綿棒で上からまつ毛を優しくこすっていきます。

毛の流れに沿うように綿棒を動かすとまつ毛の痛みを防ぐ事が出来ます。

ここでもゴシゴシとこすらず、優しく落としていきましょう。

下まつげのマスカラも同様に落とします。

マスカラを重ね塗りしている方はコットンがすぐに真っ黒になると思いますので、必要に応じて新しいコットンと綿棒を使用して下さい。

アイメイクをキレイに落とそう

目もとは人の印象を決める大切な部分です。

せっかく丁寧にメイクをしても、目もとにくすみが出たらアイシャドウもキレイに発色しませんし、小じわも老けて見える原因になりますよね。

毎日の小さな積み重ねで、数年後の目もとの印象が大きく変わってきます。

いつまでも若々しく美しい目もとでいるために、是非アイメイクのクレンジングには専用のリムーバーを使用して下さいね。