地位に興味がない人の心理とは

最終更新日:2017年7月13日

仕事をする上で地位や肩書を目指す人も多いですが、地位が上がるほど責任も大きくなっていきます。

地位が上がれば収入や名声もアップしますが、地位にはまったく興味を持たない人もいます。

そこで地位に興味がない人の心理についてご紹介します。

1.地位や肩書に頼らなくても実力があるから

地位に興味がない人の心理としては、自分の実力があるのでこだわる必要がないと思っています。

地位が上がるのは自分の実績が認められたことによくものなので、後から評価をされるものです。

しかし中には実力がないのに長年の会社に対する功績だけで地位を得る人もいるので、実力がなくても高い地位を獲得する人もいます。

地位が上がれば立場も上がるので、人よりも優位な立場として働くことができます。

一度地位を手にすると手放したくないという思いが強くなりますが、実力がある人は地位にこだわる必要がありません。

なぜなら実力があればしっかりと評価をしてくれる人がいるので、地位がなくても自分のことを正しく評価してくれることを願っているからです。

いつでも地位を手にすることができる実力があるので、地位にこだわる必要がないと思っているのです。

2.自分に自信を持っている

仕事をする時には自分に自信を持つことが大切ですが、その裏には実力があるからこそ自信が持てるのです。

地位にこだわる人はせっかく頑張って得た地位を手放したくないと思っているので、地位にこだわる姿勢を見せます。

実力があればいつでも地位を手にすることはできますが、実力がない人ほど一度手にした地位を手放したくないと思うのです。

そのため自信を持っている人ほど地位に執着することなく、地位を得るために自分の信念を曲げることもしません。

地位に興味がないからこそ自分が一番実力を発揮できることを知っているので、自分に自信を持っている人ほど地位や肩書にこだわることはありません。

3.やりたいことをやるには地位が邪魔

仕事では立場によって様々な役割が与えれます。

自分がやりたい仕事をする時に地位が邪魔をすることによって、できないことも多々あります。

現場が好きな人にとっては地位があることによって、現場で働くよりも後方で全員を指揮する立場になります。

自分がやりたい仕事が地位によって邪魔をされてしまうので、地位があることによってやりたくない仕事しなければなりません。

自分の仕事にプライドを持っている人ほど地位には興味がなく、いかに納得のいく仕事ができるかだけを考えています。

やりたい仕事をするのに地位や肩書が邪魔をするのであれば、平気で地位を捨てる覚悟を持っています。

仕事にプライドを持っているからこそ、地位にこだわることなく仕事に真摯に向き合おうとしてるのです。

4.地位や肩書に寄ってくる人が好きではない

社会に出ると多くの人との繋がりが大切になってきますが、地位や名誉に寄ってくる人はたくさんいます。

仕事関係の人は地位が高い人と付き合うほど優遇されることも期待できるので、地位が上がるにつれて人が寄ってくるものです。

しかしそういった人たちは地位や肩書が無くなると一気に去ってしまうので、人との繋がりを大事にしたい人にとっては見せかけの付き合いは必要ないと思っています。

仕事なのであくまでもビジネスのために地位に人は寄ってきますが、地位や肩書に媚びてくる人を好きではないと思っています。

そのため自分では地位や肩書を持つことを嫌って、大切な仲間とだけ繋がっていたいと思うようになります。

地位や肩書に寄ってくる人たちは表面上の付き合いしかできないので、薄っぺらない付き合いをしたくない人には地位は必要ではありません。

人との繋がりを大事にする人は、地位に興味を持たずに大切な人とだけ繋がりを持ち続けようとします。

5.人としての魅力があるので必要ない

地位や肩書に寄ってくる人は多いですが、地位を失ってしまうと蜘蛛の子を散らすように去っていきます。

人としての魅力がある人の周りには人が集まってくるので、地位や肩書にこだわって人を集めたいと思わないのです。

人との繋がりは一生繋がりを持ち続けることができるので、たとえ仕事関係の人でも助け合って仕事をすることができます。

地位があると表面上の付き合いだけしかできないので、苦しい時に助けてくれるかどうかはわかりません。

人としての魅力がある人が困っている時は、必ず助けてくれる人が出てくるものなので、自分が人としての魅力を重視しているからこそ地位を必要としないのです。

地位にこだわると本来の自分でなくなってしまう

会社で頑張って高い地位を得たとしても、地位を失ってしまうと仕事も人もすべてを失ってしまう可能性もあります。

地位にこだわると本来の自分がやりたい仕事ができなくなったり、地位にこだわるあまり人から嫌われる存在になりかねません。

地位や肩書にこだわることで本来の自分の姿ではなくなってしまうことから、自分らしく働きたい人にとっては地位に興味を持つことはありません。