バイト先で先輩も店長も仕事を教えてくれない時の対処法

最終更新日:2017年5月30日

バイトをしている時に先輩や店長が仕事を教えてくれないので、何をすればいいかわからなくて悩むこともあります。

どんどん仕事を覚えたいとは思いますが、教えてくれなければ何もできないのでどうすればいいかわかりませんよね。

そこでバイトで先輩や店長が仕事を教えてくれない時の対処法についてご紹介します。

1.他の人の仕事を見てマネをする

バイトをしている時にしっかりと教育係が教えてくれることもありますが、お店によってはほとんど放置状態で何も教えてくれないお店もあります。

何をすればいいかわからないので迷ってしまいますが、バイトなので何かしら仕事をしなければなりません。

何も教えてくれない時は自分から他の人の仕事ぶりを見て、同じようにマネをしてやってみましょう。

誰でも初めはなかなか上手くできないものですが、慣れればだんだんとできるようになります。

自分から仕事をやる姿勢を見せることによって、周りの人もやる気があると思って、少しずつ仕事を教えてもいいかなと思うようになります。

誰でもやる気のないようなバイトに仕事を教えたいとは思わないので、まずは自分から仕事をやる気があるところを見せることが大切です。

2.自分なりにできる仕事を工夫しながら仕事をする

バイトで仕事を教えてくれない時は、自分なりに仕事を工夫しながらやってみましょう。

バイトはマニュアルがきっちりしているお店もあれば、ある程度の仕事をしてくれればいいと思っているお店もあります。

マニュアルがしっかりと決められていないようなお店ならば、自分が率先して仕事を覚えてやるしかありません。

仕事はある程度見て覚えることができるので、自分なりに先輩の姿を見て覚えましょう。

その後は自分はこうした方が良いと工夫しながら仕事をします。

先輩から何も言われなければ自分なりのやり方でも大丈夫ですし、何かあればその都度先輩から注意されるでしょう。

何も教えてくれないからといって何もしないのが一番ダメな行動なので、自分なりに工夫をして仕事をしてみましょう。

3.自分から教えてもらうようにお願いする

バイトで新人が入ってきた時に、先輩としては仕事にやる気があるかどうかはわからないので、初めからきっちりと教えたいとは思いません。

せっかく仕事を教えてもやる気がないバイトだったり、すぐに辞めてしまったら意味がないので、様子を見たいと思う人も多いでしょう。

また新人のバイトが生意気な態度をとっているようならば、誰も近づきたいとは思いません。

もしもバイト先の先輩たちが仕事を教えてくれない時は、自分から言われるのを待つのではなく、積極的に仕事を教えて欲しいとお願いしにいきましょう。

仕事は待っていてもできるものではなく、自分から仕事を探してやるくらいのやる気が泣ければ、誰も仕事を教えたいとは思いません。

やる気のない人はすぐに辞めてしまうことが多いので、自分なりに誠意を見せるためにも、やる気をアピールするために積極的に先輩に教えてもらいにいきましょう。

4.なぜ教えてくれないのかを考えてみる

バイトをしていて仕事を教えてくれないのが、お店の方針ならば自分で何とか仕事を覚えるしかありません。

先輩達も同じように自分で仕事を見つけて頑張ってきたはずなので、同じことを後輩にもしているのでしょう。

しかし先輩が仕事を教えてくれないのがお店の方針でなければ、なぜ仕事を教えてもらえないのかを考えてみる必要があります。

考えられる原因としては自分の行動や態度が、先輩たちを不快にしている可能性があるということです。

あまりやる気のない態度をとっていたり、積極的に仕事を教えてもらおうとしない態度が、やる気がないと判断されて仕事を教える価値もないと思えわれているのかもしれません。

やる気のない人に仕事を教えるほどムダなことはないので、自分で原因を考えて改善してみることも大切です。

5.お店のマニュアルやルールを徹底した覚える

バイトの仕事を教えてもらえない時は、お店のマニュアルやルールを徹底して覚えてみましょう。

お店には必ずマニュアルやルールがあるので、仕事はマニュアルを見ればある程度は判断することができます。

ルールはマニュアルとは違ってお店によってマイルールがあり、先輩たちから教わることしかできないルールもあります。

マニュアルやルールをしっかりとメモを取り、全てを把握したうえで仕事をするようにしましょう。

ルールがわかっていないのに仕事を教えても、ルールを破ることで他の人にも迷惑を掛けてしまうこともあります。

仕事を覚えるよりもまずはルールやマニュアルを覚えることも大切なので、自分がルール違反をしていないかチェックしながら自分なりに仕事をしていきましょう。

そうすればある程度ルールがわかっていると判断された時点で、徐々に仕事を教えてくれるようになるかもしれません。

何でも教えてくれることが当たり前だと思わない

仕事では何でも初めから教えてもらえるとは限りません。

教える方の立場としては、やる気の無いような人に仕事を教えたいとは思いません。

仕事を教えてもらうにも待っているだけではなく、自分なりに率先して行動したり、自分から教わりにいくなどのアピールは必要です。

何でも教えてくれると思わずに、自分から積極的に行動して仕事を教えてもらいにいきましょう。