美意識を高める方法。美意識を身につけよう

最終更新日:2015年10月31日

女性は、いくつになっても美意識を失わないようにしていたいものです。

しかし、毎日の忙しさに追われていると、いつの間にか美意識を忘れてしまうということもあります。

そこで、意識的に美意識を高めるにはどうしたら良いのか、具体的な方法についてご紹介します。

1.鏡を見る回数を増やし、常に自分を客観的にチェックする

美意識を高めるためには、鏡を見る回数を増やすことがオススメです。

しかし、鏡に映る自分をうっとり眺めながら「私はかわいい」「私はキレイ」と自己満足にひたることはやめましょう。

そのような行為は、間違った思い込みを増やすだけで、美意識の向上には全く役に立ちません。

鏡を見る目的は「他人の目線で、自分自身を客観的にチェックする」ということです。

自分の姿は人様から見てどのように見られているのかを常に意識し、誰に見られてもはずかしくない自分でいるように意識するために鏡を見るのです。

「誰から見られてもみっともなくない自分であるように」と意識するようになると、自然に背筋が伸び、凛とした美しさが身に付きます。

もちろん、誰から見られても恥ずかしくないように、メイクやファッションにも気を配るようになります。

鏡を見る回数を増やすだけで、こんなにたくさんの美意識が身に付くのです。


2.美意識の高い人達と親しくする

人間は、親しい人に影響されるという性質を持っています。

もし自分と親しい全員が美に対して無頓着であれば「みんなが気にしていないから、まあいいや」という気持ちになり、どんどん美意識が低下していってしまいます。

それを避けるためには、美意識の高い人と親しくするという方法を試してみると良いでしょう。

美意識の高い人たちの中に入っていくことは、最初は勇気が要るかもしれません。

しかし、1回だけその勇気をもって、美意識の高い人たちの輪に入っていくと、たくさんの刺激があり、いつの間にか自分もそれに触発されていくのです。

そして、美意識の高い人たちと親しくする中で「自分も、彼女たちの仲間として恥ずかしくない自分でいたい」と思い始めたら、既に美意識が高まり始めている証拠です。


3.異性の目を意識して過ごす

楽しいからと言って、女子会ばかりしていては、残念ながら美意識は高まりません。

女性の中だけにどっぷり浸っていると「女性だけの目線から見た、自己満足の美意識」しか身に付かないからです。

そうならないためには、異性の目を意識して過ごすことも必要です。

本当は恋愛をするのが1番の近道ですが、なかなか良い恋愛対象が見つからないという場合もあります。

そんな時は、親しい男友達の顔を思い浮かべ「この男性と一緒に歩いた時、この男性に恥をかかせない女性でいるようにしよう」という意識を持って過ごすと、自然に美意識が高まります。

相手の男性に恋愛感情を抱かなくとも「一緒に歩いた時、相手に恥をかかせない素敵な女性でいるようにしよう」という気持ちが、美意識を高めてくれます。


4.普段行かないオシャレな場所に出掛けてみる

家にばかり閉じこもっていたり、地元の慣れ親しんだ場所にしか行かなかったりすると、どうしても気の緩みが外見に出てしまい、美意識が低下してしまいます。

この状況を打破するためには、普段いかないオシャレな場所に足を運んでみましょう。

例えば、オシャレな人が集まる街・ホテルのラウンジ・雰囲気のあるバーなど「いつもの自分」のままでは行かれない場所に行ってみましょう。

そしてそのオシャレな雰囲気を肌で感じ、刺激を吸収しましょう。

これにより、一気に美意識が高まります。

場所によっては、ドレスコードがあったり、普段着では立ち入れない場所もあります。

しかしあえてその場所に挑んでみることも大切です。

この緊張感が刺激となり、美意識を高めることに大いに役立ちます。


5.体を動かし、姿勢を正す

「キレイになりたい」と頑張ってオシャレをしても、残念ながら素敵に見えない人も少なくありません。

これではただの自己満足であり「美意識が高い」とは言えません。

そこで必ずやるべきことは「体を動かすこと」と「姿勢を正すこと」です。

体を動かす習慣のない人は、いくらメイクやファッションで外見を作り上げても、美意識の低さが体型に現れてしまいます。

姿勢が悪いと、どんなオシャレも総崩れとなり、美意識からかけ離れた印象になってしまいます。

そうならないためにも、メイクやファッションのオシャレと並行して、適度に体を動かし、正しい姿勢をキープするように努力しましょう。

美意識を身につけよう

美意識は、じっとしているだけで身に付くものではありません。

「いつまでも美しくありたい」という意識を持ち続け、そのために実際に行動して努力をしなくてはいけません。

しかし、そのような努力によって身に付いた美意識は、オンリーワンの存在感を放つことに繋がります。

努力によって身に付けた本物の美意識は、その人を最大限に輝かせてくれるのです。