美人な女性あるある。容姿端麗だからこその苦労も

最終更新日:2015年3月6日

誰しもがうらやむ整った顔。そんな美人系の女性は誰しもがうらやむ存在で、男性はもちろん女性からだってあこがれの眼差しを向けられることでしょう。
しかしそんな美人の女性だからこそ起こってしまう、様々な出来事も存在しています。

1.美人=背が高いと思われる

美人系の女性は、何故かその印象からスタイルもよく背が高いと思われがちです。
確かにモデルさんなどは、美人系の人が多くそんなイメージをもたれがちですが、顔とスタイルには互換関係はありません。

物凄い美人顔なのに、背は平均的という人も数多く存在しています。
しかし世間の勝手に作り上げたイメージから「あれ、意外と背が低いんですね」なんていわれてしまい、何故か悔しい思いをすることも少なくありません。

「美人というのは顔の問題であって、身長は関係ない!」と、世の小柄な美人顔女性は常に思っているのです。

2.美人だからって何でも出来るわけじゃないです

美人と同じような褒め言葉で「かわいい」とういう言葉がありますよね。
かわいいというのはどちらかといえば幼さや不完全さに対する愛おしさを表現した言葉です。

一方で美人と呼ばれるような人は、大人で自立した女性というイメージを持った人となります。
しかし、このイメージによって美人の人は何でも上手にこなすという勝手な先入観をもたれがちです。

でも実際、美人だって人間です。スポーツがどうしても苦手な人もいれば、歌が苦手な人もいれば、料理がどうしても上手に作れないという人もいます。美人=完全無欠の完璧な存在というわけではありません。カラオケに行って歌が下手だからってそんなに引いたり、見てはいけないものを見た空気を出さないでください。

3.本当に何もしてないのに、何かしてるの?と言われる

「お肌のために何かやってるんですか?」「スタイルを維持するために何かやってますか?」なんて質問を、美人の人はよく受けます。

しかし世の中の美人が全ていわゆる「意識高い系」の女性で、常にビューティーを意識しているわけではありません。
いやいやそもそも、そんなのを追い求めるのは美が足りていない人がすることであって、生まれもって容姿に恵まれている人は何もしなくても調整程度で十分なんです。
なので「いえ、特に何もしてません」と正直に回答すると「お高くとまってる」「絶対隠してる。何もしないであんな美人のわけが無い」なんて、言葉を浴びせられてしまいます。

おそらく質問をした人としては「毎朝スムージーを飲んでます」とか「毎週エステでお肌ケアをしています」「ホットヨガをやっています」…なんて、雑誌でモデルさんが語っているような意識高い系のビューティートークを期待しているのかもしれませんが、過度な期待は禁物です。

4.生活全てにセンスを求められる

その見た目から、ハイセンスな部屋に住んでいて持ち物は小物にまでこだわっていて、ライフスタイル全てにセンスがあるなんて、美人名人は勝手に思われてしまいます。

何故か食事とかも高級なところじゃないと嫌がると勝手に思われるのもよくあるケースです。
でも、美人な人だって脂ギトギトのラーメンが好きな人もいれば、仕事の合間に牛丼店でお腹を満たす事だってあります。

休日にはホルモン焼きの店でチューハイやホッピーを飲むのを楽しみにしている人だっています。
でも世間のイメージでは、「休みの日はオシャレな街のカフェでランチ」と勝手に決め付けられてしまい、結果として普通のお店に行きにくくなってしまうのです。

5.美人だからってモテるワケではない

美人な人に憧れを抱く人は確かに多いです。しかしそれがモテ度に直結するかといえば難しい部分があります。
恋愛心理の世界では、男性が女性にアプローチする場合自分の持っている価値と同等かもしくは下くらいの女性に行く傾向があり、自分の価値を超えた相手には手を出さないという結果が出ています。

ですので、誰もがうらやむ美人でも男性から見たら「高嶺の花」となってしまい、口説く事すらあきらめる男性も多く、結果として美人なのにモテないという悲しい状態が発生してしまいます。

意外と美人で有名だった人が、いつまでも独身生活というケースがあるのはこのためです。

6.夜のお仕事は引く手あまた

就職難時代なんて一時期言われましたが、そんな時代でも美人のひとは夜の繁華街を歩くとよくスカウトを受けます。

夜のお仕事の世界では、幼いかわいい系よりも大人っぽい美人系のほうが重宝されますので、どうしても「お店で働きませんか?」なんて声をかけられてしまうのです。

断っても「もし気が変わったらお願いします!」なんて名刺を渡されたりする事もあり、働いてないのにそんなお店の名刺だけが溜まるなんてこともよくあります。

7.勝手にクール系と思われる

美人系といわれる人は、大人びた顔立ちの人が多いものです。しかしその印象からか、それほど感情を表に出さないクールビューティーと思われたり、物凄い冷めた人なんて印象を一方的にもたれてしまいます。

だから色々と面白いことを話したりすると「イメージが違う」なんて驚かれることもしばしば。勝手にイメージを作らないで本当のありのままの自分を見てと、大声で叫びたい美人は少なくありません。

恵まれた容姿ゆえに、苦労も絶えない美人達

美人というのはその恵まれた容姿ゆえに、周囲から勝手なイメージを持たれがちです。そしてそのイメージに反する行動や実態が明らかになると、なぜか嫉妬の対象となることも少なくなりません。誰しもがうらやむ美人ですが、それゆえの苦労も耐えないということは忘れずにいてあげたいところです。