バストの揺れを抑える方法とは

最終更新日:2017年4月1日

日常的に運動をしている方はもちろん、走った際などにバストの揺れが気になることってありますよね。

運が悪ければバストの揺れでブラジャーがずれたり、外れてしまったりということもあります。

今回は、そんな気になるバストの揺れを抑える方法をご紹介します。

1.スポーツブラジャーを使う

一番定番でよく知られているのがこの方法でしょう。

スポーツブラジャーはその名の通りす運動時用のブラジャーのことです。

様々な下着メーカーから発売されているのはもちろん、スポーツブラジャー専門のメーカーも存在します。

スポーツブラジャーは用途によって最適な構造で作られており、例えばウォーキング、ランニング、フィットネスなど様々な動き方に対応できるようになっています。

日常生活で使うのであれば、もっとも適していると思われる動きの少ないウォーキング用などのタイプを選ぶと良いでしょう。

スポーツブラジャーというとワイヤーなどがなく黒や白の一色で、日常生活で使うにはデザインがちょっと…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は日常スポーツ両用のデザインにもこだわった商品も存在します。

こういった日常生活時とスポーツ時の両用タイプはスポーツブラジャーと同じくノンワイヤーです。

しかしバストの上部サポートはレースのような透け感の素材を使ったり、一般的なブラジャーと同じようなストラップがあったりと違和感がなく普段使いができるデザインになっています。

揺れは抑えたいけれどデザインにもこだわりたいという方は、こういった商品を探してみると良いかもしれませんね。

2.胸を小さく見せるブラジャーを使う

これは主にバストが大きめな方のための方法ですが、バストを小さく見せるためのブラジャーを着用するのもバストの揺れを抑えるために使える方法の一つです。

バストを小さく見せるブラジャーは一般的なブラジャーよりも体の脇やバスト自体をしっかりと固定したりコントロールしたりできる構造になっているので、揺れ自体も抑制されるというメリットがあります。

こういったブラジャーはDカップ以上の方用に作られていることが多いので全ての人にオススメできる方法ではありませんが、当てはまる方は是非試してみてください。

ベージュ一色といった補正下着のイメージとは異なり、一般的なブラジャーと同じようなデザイン性のものが多くあるため普段使いにもオススメです。

しめつけ感も軽減されるよう配慮されていますが、気になる方は試着してからの購入がより安心で良いでしょう。

また、カップがそれほど大きくはないという方には和装用のブラジャーや着痩せブラというような名前で売られているものをオススメします。

意外にこういった機能を持つ製品はたくさんあるので肌の強さや体型に合わせて選んでみてください。

胸を小さく見せるものでなくとも、普段使っているブラジャーのストラップが緩んでいないか、伸びていないかを確認したり、サイズを測りなおすのも役立ちます。

下着店で購入する際はどういったものが欲しいのか店員さんにはっきり伝えれば最適なものを提案してもらえるので相談するのも一つの手です。

3.サラシなどで胸を潰す

最終手段はサラシなどで胸を潰し、揺れるバスト自体を少なくしてしまう方法があります。

サラシはなかなか巻く経験がないので間違えがちですから、最初に試してみるときは注意事項をきちんと確認して巻きましょう。

きつく巻きすぎると圧迫が強くなりすぎ、最悪酸欠を招く危険性もあります。

揺れを抑えようとするあまりの過剰な巻き方には気をつけてください。

ドラマや漫画では包帯のようなものを巻いていることが多いですが、実際には普通の布を巻いて問題ありません。

ご自分の肌の状態や着心地に合わせて好みのものを選んでください。

やり方はいくつかありますが、色々と試してみてやりやすいものや一番体のラインがキレイになるやり方を選ぶといいでしょう。

巻き方によっては下腹部から胸までを覆うものもあり、バストの揺れを抑えるのと同時に体型の補正もできて一石二鳥です。

慣れるまでは難しかったり、サラシ用の布を用意するのが面倒だったりとやや準備に手間がかかりますが、汗の吸収など他の効果も期待できる方法です。

また最近はサラシ風ブラジャーも存在しますのでそういった既製品から試してみたり、浴衣を着る際にサラシも着付けてもらって試すなどしてみるのも良いかもしれませんね。

バストの揺れを抑えよう

それぞれ良さもデメリットもあるので、気になったものがあればどんどん挑戦して自分にぴったりの方法を見つけてください。

周りの友人や専門家である下着売り場の店員さんに相談してみるのも助けになるでしょう。