カップルとしての相性を確かめる方法4つ

最終更新日:2017年1月29日

最初は恋愛感情が燃え上がって付き合った相手でも、相性が悪ければすぐに分かれてしまう結果になります。

そのため、できるだけ早く2人の相性が良いかどうかを把握する必要があります。

そこで、カップルの相性が良いかどうかを確かめるための具体的な方法についてご紹介します。

1.お店に行った時の相手の態度で、マナーに対する考え方が合うかどうかを確認する

カップルのうち、1人のマナーや態度が良くても、相手のマナーや態度が悪いという場合、一緒にいればいるほどイライラする原因になります。

しかし、無意識的に繰り返す立ち居振る舞いはすぐに変えられるものではないので、マナーに対する考え方が大きく違うカップルは相性が良くないと言えます。

これを確認するためには、デートでお店に行った時の相手の態度を観察することが大切です。

例えば、相手が、店員さんに対して横柄な態度をとったり、重箱の隅をつつくような苦情ばかり言ったりするのを見た時に「このような相手の態度に、自分はこの先我慢できるかどうか」ということを真剣に考えてみてください。

もし我慢できないようであれば、残念ながら、その相手との相性は良くないと考えて良いでしょう。

2.自分の嫌いなものを正直に打ち明けて、相手の反応を見る

相性の良いカップルは「好きなもの」に関しては正反対であることも少なくありませんが「嫌いなもの」に関してはほぼ一致しているという特徴があります。

「嫌いなもの」とは「絶対に我慢できないもの「自分にとってストレスになるもの」です。

そのようなものを相手が平気で持ち出してくるようでは、この先良い関係は築けません。

「自分は嫌いだけれど、相手が好きなものを否定するのは失礼だから」という理由で、嫌いなものを我慢して受け入れてしまう人もいます。

これは大きなストレスになり、後で関係がぎくしゃくする原因になるので、逆効果です。

そのために行っておきたいことは、できるだけ早い段階で「自分はこのようなものこのような行為は好きではない」ということをはっきり伝えておくことです。

そして、相手の反応を観察します。

恋人が嫌いなものをできるだけ避けてくれる配慮を示すような相手であれば、相性が良いと言えるでしょう。

逆に「これは好きではない」と言っているのにも関わらず、全く配慮を示してくれない相手であれば、関係を長く続けることは難しいでしょう。

ただ、1つ気をつけたいのは「自分が嫌いなもの」について話す時、批判するような言い方をしないようにするということです。

自分が嫌いでも、相手がそうではなかった場合、険悪な雰囲気になります。

自分が嫌いだと思うもの行為に関して「自分はこれが好きではないのだ」という事実だけを淡々と述べるだけに留めてください。

3.軽いスキンシップをして、体の相性が良いかどうかを確かめる

友人ではなく恋人として付き合う場合、体の相性が良いかどうかも大切な要素となります。

相手が自分の体に触れた時「生理的に受け付けることができない」というようであれば、たとえ性格的な相性が良かったとしても、恋人としての関係を長く続けることは難しいと言えます。

そのため、できるだけ早い段階で、体の相性が良いかどうかを確認しておく必要があると言えるでしょう。

そのために行っておきたいことは「軽くスキンシップをしてみた時、自分がどのような感覚になるか」ということを知るということです。

例えば、腕組みをしたり、軽く手をつないだりした時に、自分が心地良く感じれば、体の相性は悪くないと考えて良いでしょう。

しかし、あまり良い気分がしないという時は、体の相性が悪い可能性が高いと言えます。

この場合は、残念ですが、恋人ではなく友達の関係でいた方が、お互いの幸せになると言われています。

4.メールやLINEの頻度で、距離感に対する考えが一致しているかどうかを確かめる

お互い本気で愛し合っているカップルでも「好きだから、できる限り恋人との接点を持ちたい」と考えている人と「心がつながっていれば、頻繁に接点を持たなくても大丈夫」と考えている人が付き合った場合、距離感に対する考え方の違いから、関係がぎくしゃくする結果になります。

そのため、相手が「恋人同士の距離感」についてどう考えているのかを知ることも、相手との相性を知る上では欠かせない要素です。

これを知るために有効活用できるのが、メールやLINEです。

相手がどのくらいの頻度でメッセージ送ってくれるか返信は早いかなどについて詳しく把握しましょう。

そして、それに対して自分は満足できるのか、不満に思うのかということを冷静に考えてみてください。

もし満足していれば、恋人同士の距離感に関する2人の考えは一致しているので、相性が良いと言えます。

不満であれば、1度それを相手に伝えてみましょう。

それを行ったうえでも、相手が変わらないようであれば、残念ながら相性は良くないと考えられます。

カップルとしての相性を見極めよう

理想的な恋人関係を長く続けていくためには、お互いの相性が良いかどうかということは欠かせない様子です。

「相手のことが好き」という気持ちが燃え上がり過ぎるあまり、2人の相性を無視して付き合い続けてしまうと、後で2人共つらくなります。

これでは、幸せな時間を過ごすことはできません。

そのようにならないためにも、できるだけ早い段階で、2人の相性を冷静に見極めておくようにしたいものです。