カップルのデート代はどうすれば良い?単純に彼がおごるだけではダメ

イベント カップル最終更新日:2018年2月4日

大好きな彼とのデートは楽しみですが、気になるのがデート代ですよね。

自分のお財布がピンチの時には遠出をすることもできないし、彼に誘われ時には支払いが不安で心から楽しめなくなってしまいます。

そこでカップルのデート代はどうすればいいのかご紹介します。

1.お互いの考え方を先に話し合っておく

カップルのデート代については、付き合った時に初めに話し合いをしておくことをオススメします。

時代と共にデート代についての考え方も変化していますし、女性も奢られるのは嫌だという人も増えてきています。

また昔ながらの考え方の男性であれば、デート代は全部男が払うという人もいるので、支払いの時にちょっとしたトラブルになることもあるでしょう。

昔に比べて女性の収入も上がっているので、女性もデート代を払うことはできます。

ただし女性はデートのために化粧や身だしなみを整えたり、新しい洋服を買いたいと思うなど、彼のためにお金を使うことも多いです。

そのことを踏まえると事前にデート代について話あっておくことは大切なことです。

一番良くないのは男性が不満を持ちながらデート代を全額払うことなので、後で険悪なムードになる前に話し合いをすることは大切です。

2.割り勘が無難

とはいえカップルのデート代については基本的には割り勘が無難といえるでしょう。

女性も男性と同じように働いて稼げるようになってきたことから、収入に関してはほとんど差がなくなってきています。

カップルであればこれから何回もデートをすることになるので、対等な関係性でいた方がいいと考える人も多いでしょう。

カップルによって収入事情は違いますが、身の丈に合ったデートを楽しむのも楽しみのひとつです。

お金がない時は近くの公園を散歩するのも楽しいですし、ちょっとリッチにお泊りデートをするのも楽しみのひとつでしょう。

それぞれの懐事情に合わせてデートプランを変えることで、その時に合った楽しみ方ができます。

奢られてばかりではデートでわがままもいえなくなってしまうので、楽しいデートが気を遣うだけになってしまうかもしれませんよね。

対等な関係性でデートを楽しみたいと思うなら、デート代を割り勘にするのが無難といえます。

3.稼ぎが多い方がちょっと多く払う

カップルのデート代についてはそれぞれの収入によって、デート代の割合を変えるのもオススメです。

デート代を割り勘にしようとしても、稼ぎに差があり過ぎるとお金に対する価値観も変わってきます。

倍以上の稼ぎの差があるのにデート代を割り勘にすれば、稼ぎがない方の負担が大きくなってしまいます。

そのためデート代を稼ぎによって割合を決めることで、お互いが同じ価値観でデート代を払うことができるようになります。

例えば毎日ランチ代を500円までに切り詰めているのに、相手は1500円のランチを平気で食べていれば、お金に対する価値観もまったく違います。

付き合っていく上でお金の価値観の違いは別れの原因ともなるので、安易に考えない方がいいでしょう。

稼ぎが少なくてもデート代を払いたい気持ちがあるので、稼ぎが少ない方は3割負担にするなど決めておきましょう。

4.目的別で支払い担当を分ける

支払いに関しては事前に決めておかないと後でめんどくさいことになってしまいます。

長年付き合ったカップルであれば暗黙の了解で支払いをすることができますが、付き合った頃のカップルであればしっかりと決めておくことが大切です。

支払いに関しては男性が見栄を張りたいと思うこともあります。

レストランで食事をした時に、会計の時にレジでお金のやり取りをしていると、甲斐性がないと思われてしまうのが嫌だと思う男性もいます。

彼女が席を外している時にスマートに会計を済ませたり、会計の時には外で待っていて欲しいと思うのです。

そのため食事の支払いは任せて欲しいと思っている反面、自販機やちょっとした買い物の時には彼女に払って欲しいと思う男性もいます。

支払いによって担当を決めておくのも、意外とよい支払い方法のひとつつなります。

5.一緒にデート代を貯金する

デート代に関する悩みとして、デートでいくらくらい使えるかはお互い違うでしょう。

月によってお金が必要な時もあれば、余裕がある時もあるので、それぞれのお財布事情は異なります。

そのためデートをする時には事前に二人でデート貯金をしておくのもオススメです。

毎月5000円の貯金をお互いがすれば、その金額に合わせてデートプランを考えることができます。

デート貯金内でその日を楽しむと考えていれば、デート当日はお金の心配もなく思いきり楽しむことができるでしょう。

イベント月やボーナス月などは増額するなど、それぞれルールを決めてデート貯金をすれば、デート代に悩むことなくその日をエンジョイすることができます。

お金事情はカップルによって違うので話し合いは必要

カップルによって懐事情は違いますが、お金の問題はしっかりと話あっておくことが大切です。

お金について不満を持ってしまうと、次からデートをしたくなくなってしまうからです。

お互いが関係を深めるためのデートを、お金の問題で関係が悪くなるのは嫌なものです。

事前に支払いに関しては定期的に話し合っておくなど、これから先のことも考えて話し合っておくことをオススメします。

 

    「カップルのデート代はどうすれば良い?単純に彼がおごるだけではダメ」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/02(水) 18:54

    彼氏がわりとポンポンお金を使ってしまうので、ケチな私は我慢できない時があります。将来彼と結婚したいので、デート代について話し合わないといけませんね。勉強になります。

この記事への感想を書く