ケンカをしないカップルに共通する特徴5つ

最終更新日:2017年1月29日

カップルの形にも様々で、仲の良いカップルもいれば、毎日のようにケンカをしてしまうカップルもいます。

本当はケンカしたくはなくても、いつの間にかケンカをしてしまう人も多いのではないでしょうか。

今回は、ケンカしない仲良しカップルでいるためにケンカしないカップルの特徴をご紹介します。

1.思いやりをもっている

ケンカをせずに仲良く過ごすためには、思いやりの心を持つことが大切です。

もちろん、片方だけが持つのではなく、それぞれが思いやりの心を持つことが大切でしょう。

ケンカしてしまう原因によくあるのは、自分の都合で物事を進めようとしたり、相手の事を考えずに行動してしまうことです。

自分本位の行動は嫌われる原因にもなりますし、当然ながら相手は怒ってしまうでしょう。

このような事を繰り返しているとケンカばかりになってしまい、カップルの仲も次第に悪くなってしまいます。

このようなケンカをしないためには、思いやりの心を持つことが大切です。

ほんのすこしでも相手の都合や考えていることを大事にすることで、ケンカをするような事態は少なくなっていくことでしょう。

このすこしの思いやりが、自分はもちろん、パートナーの雰囲気も変えていくことができます。

2.お互いの事を話し合う

お互いの事をしっかりと話し合い、双方を理解することが大切です。

相手のことを理解しているのとそうでないのでは、関係性も大きく変わっていくことでしょう。

自分の事をよく知ってくれているパートナーにはポジティブな感情を持ち、全く自分の事を知らないのであれば、興味が無いのかな、などといったネガティブな感情を持ってしまいます。

ネガティブな感情にならないためにも、お互いの事を知っておくことが大切です。

相手の事をよく知っていると、ちょっとした出来事に気づきやすくなります。

相手の好物や趣味、時には記念日などをしっかり覚えておくことで、カップルとして仲良く過ごすことができるでしょう。

そのためには相手のこと、お互いのことを知っておくことが非常に大事であり、自分は大切にしてもらっているんだ、という気持ちを持つことができます。

3.一方が我慢している

どちらも良い雰囲気でケンカしない場合もあれば、一方が我慢することでケンカを防いでいる場合もあります。

この場合は我慢の限界が来てしまうと、すぐにケンカに発展してしまうでしょう。

このようなタイプは、表面的にはけんかしていないように見えます。

しかし、誰にも我慢の限界は存在しているので、ケンカしない日々もそう長くは続かないでしょう。

いつも自分の意見ばかり通っている、自分ばかり話している、パートナーの話を全く聞いていないなどの兆候があるのであれば、ケンカが始まってしまうかもしれません。

相手が怒っていないから大丈夫などと楽観的に考えるのではなく、相手のことを考えて、ケンカに発展しないようにするのが大切です。

4.相手の悪いところも認める

ケンカをしてしまう原因の1つが、相手の悪い所を探し、攻撃してしまうからです。

一度そのような事を行なってしまうと、何度も何度も繰り返してしまうことでしょう。

また、1つの悪い面だけではなく、それ以外の悪い面も見えてきてしまいます。

非難された側としてもいい気分ではないので、そのうちにケンカに発展してしまうことでしょう。

このような場合には、相手の悪いところを認めることで、ケンカを避けることができます。

もちろん、悪いところを改善できればいいのですが、人の癖はそう簡単に治るものではありません。

そうであれば、思い切って認めてしまうのも一つの手です。

あの人にはこういった悪い面がある、でもこんな良いところがある、などのように、悪いところを認めながら、良い所を探してみると良いでしょう。

このような考え方をするだけで、相手を攻撃することが減るので、ケンカが起きることも非常に減らすことができます。

5.小さなことは気にしない

小さなことは気にしないカップルも、ケンカをしにくいカップルです。

些細な事はどうでもいいので、一々ケンカすることがありません。

多少嫌なことがあっても気にせず、次の日には忘れていることもあるでしょう。

カップルのケンカは、非常に些細なことからも起きてしまいます。

相手が好きだからこそ、些細なことが気になってしまいます。

しかし、そんなことまで気にしていると、どちらも疲れてしまいます。

ケンカをしないためには、小さなことは気にせず、受け入れる度量が必要です。

ケンカをしないためには双方の理解が大事

ケンカをしないためには、双方の理解がとても大事です。

自分本位の考え方は衝突をうみ、ケンカになってしまうでしょう。

パートナーだからこそ、色々と言いたいことがあるかもしれませんが、ときには目をつぶることも大切です。

自分が相手を思うことで、自然に相手も自分を思ってくれます。

このようにそれぞれがパートナーを大切にできるようになると、自然にケンカは減っていくことでしょう。