カップルが旅行に行くときに持っていくべきもの5選

最終更新日:2015年6月17日

「彼氏や彼女と旅行に行く」それだけでウキウキそわそわしてしまいますよね。

初めての旅行だと尚更です。

忘れ物ないかな?
何が必要かな?
きちんと準備したつもりが、いざ到着するとあれ持ってきとけばよかった~なんてことも。

せっかくの楽しい旅行なのに忘れ物をして最初から暗い気持ちに…そこでこれだけは絶対に必要なものをご紹介します。

1.カメラ

これは1番メジャーなアイテム。

思い出を残すためにカメラは必需品です。

ただ座っている時間。
電車待ち。
景色や風景。

バシバシ写真に収めましょう。

過ぎてしまった時間はもう戻ってきません。

林家ペーパー子さんのようにバシバシ撮っておきましょう。

旅行中はなんとも思わなかった時間も後から写真で見ると楽しいものです。

恥ずかしがらずに人に頼んでツーショットも撮ってもらってください。

自撮りで撮るとどうしても2人の顔だけになってしまって、ここはどこ?状態。

恥ずかしがらずに声をかけて、背景も入れたツーショットを撮っておくと場所もわかるし良いですよ。

自分達だけではなく見た風景も写真に収めておくとより良いと思います。

携帯があるからいいやーなんて思わずにデジカメや一眼レフ等きちんとしたカメラを持っていくことをオススメします。

携帯のカメラで撮るより一眼レフで撮影するともっと素敵な旅の思い出が残せますよ。


2.ガイドブック

旅行に行く時に必ずあるもの。

それは移動時間です。

iPodで2人で音楽を聞いたり、携帯でゲームをしたりするのももちろん良いと思いますが、これから行く目的地のガイドブックを2人で見る方がテンションも上がると思います。

これが美味しそう。
これ食べたいな。
ここに行きたいな。

どんどん話に花を咲かせていきましょう。

旅行に行く前にさんざんガイドブックを見ました。

なんて人も向かっている最中に見るとまた違うと思います。

そして、まず目的地に着いたらここに行く等おおまかな予定を決めておくと良いでしょう。

あまり欲張りすぎず時間に余裕を持つことが旅を楽しむ秘訣ですよ。


3.勝負下着

もちろん皆さんカップルで旅行に行く時は持っていくと思います。

旅行にはこれがつきものと言っても過言ではないですね。

でも、あまり気合いを入れ過ぎたものではなく普段から着けているものの綺麗なものにしましょう。

女性の下着の上下別々なんていうのは絶対にNGです。

男性は結構気にしているようです。

男性の下着は奇抜なものや凄くおかしいものでない限り、女性はあまり気にしていないようです。


4.絆創膏

絆創膏を数枚バッグに忍ばせておいてください。

旅行中は普段よりもかなり歩くと思います。

履きなれている靴ももしかしたら靴擦れをおこしてしまうかもしれません。

絆創膏があればすぐに対処できるし、歩けない程悪化させることもないと思います。

せっかくの楽しい旅行なのに、靴擦れをしたから薬局やコンビニを探す。

足が痛くて心から楽しめないなんてことにならないように、痛いかな?と思ったら早めに対処するのがポイントです。

ヒールの高い可愛い靴を履いていきたいと思いますが、たくさん歩くことを考えて低めの歩きやすい靴がオススメです。

足が痛くて楽しめないより、歩きやすい靴でとことん楽しんだ方がいいですよね。

彼氏がちょっと怪我をしたときに鞄からすっと絆創膏を出せば気が利く素敵な彼女になれるかもしれませんよ。


5.ボールペン

ボールペン等バッグにいれていますか?

暇な時に1本のボールペンが救世主になってくれるんです。

移動中ガイドブックも見飽きたし暇だなー。

そこで、ボールペンの出番です。

余白にお絵かき大会しちゃいましょう。

普段絵を書くなんてあまりないですよね。

お題を決めて2人で書いてみると結構盛り上がります。

ホテルで暇な時間にやっても楽しいですよ。

旅行の最後に楽しかった思いを手紙にしてどこかに忍ばせておいてもいいかもしれません。

普段メールやLINE等で手紙なんて書く機会なんてないですよね。

男性は女性からの手紙にきゅんとくるようです。

特別な旅行が一層思い出に残る旅行になると思います。

カップルの旅行は計画をしつつも楽しむことが大切

何を忘れても、何かがなくても、カップルで行く旅行は楽しいものです。

楽しい旅行をもっともっと最大限楽しむために、いろいろ考えて持っていくといいかもしれませんね。

初めての旅行だとあれも必要これも必要と荷物が多くなってしまいがちですが、基本必要なものは普段使っているもの。

普段使っていないものはほぼ必要ありません。

1日目まずこれを着てここに行って等、旅行のシュミレーションを頭でしてみてください。

必要なものやあると便利なものがわかってくると思います。

何かを忘れたとしても、忘れたことなんて忘れて思いっきり楽しみましょう。