ホストの彼氏ができた時の注意点。性病やお客じゃないかなど気にしよう

最終更新日:2015年12月28日

彼氏ができたけれど彼氏の職業は「ホスト」。

確かに、水商売であるホストのイメージは悪いかもしれませんが、付き合っているとなれば愛が本物であれば仕事なので問題ないのかもしれません。

そこで今回はホストの彼氏ができた時に注意すべきことをご紹介します。

1.性病などの検査

ホストというのは表では禁止されているものの、枕営業をしている人も存在するようです。

ホストクラブに通っている女性の中にはかなり裕福な女性も多いものです。

そういった女性の指名を受けたり支援を受けるために肉体関係を持つという手段を使ってたり、お客様である女性と「アフター」と言って仕事後に食事に行ったりカラオケに行ったりした後に飲んだ流れで関係を持ってしまうこともあります。

そんな機会がホストをしていると多いようなので、心配になるのは「性病」でしょう。

クラミジアや梅毒などの治療できるものからHIVなどの一生薬が必要な病気まで性病は様々ありますが、貰わないほうがいいものです。

彼氏がホストをしている場合と言うのはそういった性病に関してしっかりと予防をしたほうがいいでしょう。

避妊具の使用や定期的な検査などをすることで、自分を守るだけでなく彼を守ることもできるので対策を練っておくといいでしょう。


2.自分が客ではないか確認する

ホストの世界もかなり厳しいようで、売り上げが悪いと給料が下がったり地位がなくなったり、いじめなどもあります。

そのためホストたちは絶え間ない努力で自分の客をつなぎとめておきます。

ホストにとっては口約束で「彼女だよ」と言っただけなのに女性側が勘違いしてしまっていることも…。

ホストをしている男性が彼氏になったはずなのに合う場所はお店ばかりだったり、プレゼントを渡しているのはいつも女性側と言う場合は、あなたをつなぎとめておくためだけに「彼女」と言っている可能性があります。

ホストの彼氏が出来た場合は、本当に付き合っているのかどうか・自分が客ではないということを彼と一緒に確認して置く必要があります。


3.結婚を考えているのであれば将来の話をしておく

ホストというのは売れればとてもお金になる仕事ですが、基本的には若さや体力がないと続きません。

そのため、ある程度の年齢を言ってしまうとホストをやめることになるので、その先のことを考える必要があります。

ホストの中でも、ホストをしている収入で貯金をして起業をしようとしている人もいますし、株などをうまく運用することで資産を増やしている人もいます。

逆に、今の暮らしさえ良ければいい、やめた時は何とかなる…という甘い考えの人もいるでしょう。

そのため、彼氏がホストをしている場合将来ホストができなくなってしまったらどうやって食べていくつもりなのかどうか二人で話し合っていく必要があるでしょう。

彼氏の所業がホストと言う場合、女性関係だけでなく将来性や不安定な収入なども不安要素になってくるので、恋人になったのであればしっかり話し合っておくべきでしょう。


4.金銭感覚を保つ

ホストの彼氏ができたきに注意すべきなのが「金銭感覚」です。

ホストでもかなり稼いでいる人気ホストになると高額な収入に加えて高級ブランドのアイテムや各界とのコネまで持っていたりするでしょう。

そのため、ホストの彼氏があなたに対して本気だった場合、とても高級なレストランに毎日食事に行ったり、歩ける距離でもタクシーを使用したり、身に着けるものも高級ブランド品ばかりを買ってくれるなどして金銭感覚が狂ってしまうかもしれません。

ですが、株や起業などをしてそういった高額な収入を持続していない限り、ホストという仕事を長く続けていくには難しいものです。

彼の仕事上の女性客との付き合いなどに嫌気がさして別れてしまったときに残るのはその狂った金銭感覚だけになってしまいます。

金銭感覚が一度狂ってしまうと、安いものを食べるのに抵抗があったり次の彼氏にもそれかそれ以上のスペックを求めてしまうこともあります。

ですが、多くの男性はお金のかかりすぎる女性を妻にしたいとは思わないのでひずみが生まれてしまうのです。

そうならないためにも、ホストの彼氏ができてとても優雅な生活ができるようになったとしてもその生活が当たり前だと思わないように普通の金銭感覚を保っておかないと万が一収入が途絶えたり彼と別れた時に苦労をしてしまうかもしれません。

ホストの彼氏ができた時は注意しよう

ホストの彼氏ができたとき注意すべきポイントはこの他にも多くあります。

その彼氏の人間性にもよりますが、ホストの中には仕事とプライベートをしっかりと分けて彼女を大切にしてくれる人もいるようですので、ホストという職業だからといって疑ってかかるのではなく彼の人間性を見るようにしてみても良いでしょう。