男性が冷める女性の行動6つ

最終更新日:2017年1月29日

大好きな彼氏ほど大切に付き合っていきたいもの。

だけど、どんなに彼氏のことを大事に思っていても、あなたのちょっとした行動で彼氏の気持ちが冷めてしまうこともあります。

そこで今回は、男性が冷めてしまう女性の行動についてご紹介します。

1.彼氏のメールやSNSを細かくチェックする

携帯電話が普及した頃、彼氏のメールをチェックするかしないかという話題が恋愛において問題になりました。

確かに、恋人同士でもプライバシーというものがあるし、彼氏の携帯電話をこっそりいじっている現場に彼氏が遭遇したら、流石に気持ちが冷めても仕方がないでしょう。

そのため、近年では彼氏の携帯電話を勝手にいじる、ということはされなくなってきているのではないでしょうか。

しかし、現代では本人の携帯を触らなくても、今何をしているのか、どんな友達がいるのかをすぐに知ることができる手段があります。

それが、TwitterやFacebookなどのSNSです。

SNSなら、相手がどんな書き込みをしているのか、自分のスマホからでも簡単に確認することができますよね。

でも、それははっきり言って「覗き見」です。

彼氏にだってプライバシーというものがあります。

特に、それは「テリトリー」と言い換えることができます。

男性にとって、SNSを覗き見されることは、自分のテリトリーを勝手に侵されたという意味になります。

ばれなきゃいいと思うかもしれませんが、SNSを覗き見すると、そこに書いてある情報についてつい問いただしてしまいたくなるものです。

彼氏も内緒にしているわけではないのですが、デリカシーのない女だと見なされ一気に気持ちが冷めるので、気をつけましょう。

2.過去の失敗のことを何度も言う

付き合っていく過程のなかでどうしてもケンカはつきものです。

お互い本音を言い合えるきっかけなので決して悪いことではありませんが、ケンカのとき、過去の過ちをほじくり返して言っていませんか。

つい根に持ってしまうものですが、男性にとってそれはもう終わった話、前に謝ったのにどうしてまだ引きずっているのだという感情が芽生え、イラっとしてしまいます。

「どうしてあのとき」というキーワードを言うと、男性は「じゃあなぜそのときすぐに言わないのだろう、意味不明だ」と思ってしまいます。

3.自分の考えを押し付ける

一見主体性のない、草食系男子にもプライドはあります。

それなのに、あなた主体で何でもあなたの言う通りに進めてしまうと、男性のプライドは傷ついてしまいます。

内気そうな男性は、自分の考えがないわけではなく、考えを言葉にするのに時間がかかるだけです。

考えを言葉にしようとしている最中に「あなたはこうした方がいい」などと言ってしまうと、それがストレスとなり、溜まりに溜まって爆発してしまいます。

考えを「押し付ける」のではなく「寄り添う」気持ちが大切です。

4.愚痴ばかり言う

心を許している彼氏には、何でも話を聞いてもらいたいですよね。

でも、その話題がいつも愚痴ではありませんか。

男性にとって愚痴は、オチのないダラダラ長い無駄話、ネガティブな話と捉えてしまうものです。

付き合いたての頃はきっと愚痴でもちゃんと目を見て聞いてくれたかもしれませんが、いつも愚痴ばかりだと、内心「またネチネチした話か…」とうんざりしてきます。

男性は女性の笑顔が一番大好きです。

愚痴を話しているときのあなたの表情は、果たして好かれる顔でしょうか。

5.要求が多い

毎日電話して欲しい、ここで手を繋いでほしい、付き合っていると色々な欲求が出てきます。

でも、それをいつも要求してしまうと、その行為が彼氏にとって義務的なものに感じられてしまい、面倒くさくなってしまいます。

だから、彼氏の方から電話したい、手を繋ぎたいと思ってもらうように要求するときの言い方を可愛らしく変えてみるのも手です。

6.デート中もスマホばかりいじっている

デート中、LINEなどのSNSを少しだけ閲覧することは、その時間彼氏を独りぼっちにしていることになります。

確かに、表面上は気にしていないように見えても、実は結構寂しがっています。

せっかくのデートなのに、自分よりもスマホの方が大事なのかと、怒りを感じる男性もいます。

自分が一番じゃない、と感じるのも男性のプライドのせいです。

男性が冷めないようにしよう

いずれの場合も、女性の一方的感情の空回りから生じるものです。

男性にとって、自由や尊厳を奪われることが、一番のストレスであり、それをしてしまうと一気に気持ちが冷めてしまいます。

長く付き合っていけば熱いものでも冷めてしまうのは当然、ではありません。

相手を思いやり、幸せな笑顔を向けていくことで、あなたは彼氏にとって温めてあげたい存在になるはずです。