デート中のエスカレーターのマナー3つ。男性との距離感などを大切に

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

デート中にエスカレーターに出くわしたとき、お相手の男性にいい印象をもってもらうためにはどのようなものがあるでしょうか。

今回はそんなデート中のエスカレーターでのマナーについてご紹介します。

基本中の基本ですが、アツアツの二人なら狭いエスカレーターでも並んで立ちたいような気になってしまいますよね。

一応エスカレーターの機械の性質としては、ステップ部分に均等に重量がかかる方がいいのだそうですが、それでも横並びになることへの世間の目はなかなか厳しいものです。

中には横並びカップルに聞こえよがしに舌打ちをしたり、わざとぶつかって押しのけようとしたりする人もいなくはありません。
楽しいデートで嫌な思いをしたり、怪我をしたりしないために、横並びに立つのは避けた方がいいでしょう。

2.男性を立てて上の段に上がる

男性の間でまことしやかに語られるデートマナー。

「車道側を歩く」とか、「ベンチに座るときにはハンカチを敷いてあげる」とかいった、やや時代錯誤で大げさなものの中に、「エスカレーターでは下側に立つ」というものがあります。

女性の転倒に備え、またスカートの中を覗かれないように盾になるという意味があるそうです。

そこまでしてもらわなくても今日日の人はみなエスカレーターに慣れていますから落ちたりしないし、乗り口付近でわざわざ立ち位置を入れ替えるのも面倒…ということで、やや形骸化しつつあるマナーとはいいながら、よく話題に上るものでもあります。

上りの場合は女性を先に、下りの場合は女性を後に乗せたい男性がデート相手のときは、「必要ないから」と突っぱねずに、「ありがとう」と受け取って男性を立ててあげてください。

3.靴が挟まれない様に要注意

地下鉄を利用して移動するとわかっているとき、また、ファッションビルの中でのお買い物デートなど、あらかじめエスカレーターに乗る機会が頻発すると知ったら、靴には気をつけておいてください。

ピンヒールやハイヒールの靴は、履き慣れていなければバランスが取りづらいもの。
万が一転倒すれば、あなたや彼だけでなく周りの人にとっても大迷惑です。

迷惑だけでは済まず、将棋倒しの大惨事すらまねきかねません。
「街でのデートだからあまり長い時間歩かないし、思いっきりかわいい靴を履いて行っちゃえ」という油断は禁物。

どんなときでも必要以上の無理をしないファッションを楽しみたいものですね。
万が一歩き慣れない靴を履いているデートの際に予想外のエスカレーターに出くわしたときには、どれだけ急いでいたとしても、必ずステップ上に立ち止まり、手すりを持って移動するようにしてください。

たかがエスカレーターだからといってナメないこと

たかがエスカレーター、慣れた乗り物だからとは思いますが、かなりの数の人が利用するものなので、危険はつきもの。
あなたと彼だけではなく、周りの人にも気を使って、楽しいデートをより気分良く過ごしたいものですね。

 

    「デート中のエスカレーターのマナー3つ。男性との距離感などを大切に」への感想コメント一覧

  1. 1. みゆき2018/04/28(土) 22:36

    エスカレーターで上りは男性が後、下りは男性が先というマナーがあると初めて知りました。面白いですね!今まで意識せずに適当に乗っていましたが、これからは一緒にいる男性がどうするか観察してみるのも面白そうです。

この記事への感想を書く