デートでの女性のNG行動5つ。男性からドン引きされる行為とは

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

好きな男性とのデートでは、常に細心の注意を払い彼氏に好まれる女性らしい行動や振る舞いをしたいもの。

しかし、デートが楽しくてテンションが上がったり、デートの回数が増えてくると、つい注意を怠り、彼をドン引きさせてしまう行動をしてしまいがちです。

どういう行動がNGなのか、ここでは5種類ご紹介します。

1.食事のマナー違反

テンションが上がったり、慣れて緊張感が薄れたり、逆に緊張しすぎたときに犯してしまいがちなのが、食事の際のマナー違反です。

特に気を付けたいのが「咀嚼音」と「姿勢」です。食事中に相手をもっともドン引きさせるのが咀嚼音と言ってまちがいないでしょう。男性でもそうですが、まして女性がクチャクチャ言わせながらものを噛むのは、最悪。

彼の気持ちはそれだけで冷めてしまうにちがいありません。
また、猫背やテーブルに肘をつくなどの悪い姿勢もNGです。

2.ゲップなどの生理現象

生理現象は自分ではコントロールできないことが多いものですが、デート中にはやはり細心の注意を払いたいものです。たとえば、ゲップ。どんなに美人でおしゃれに気を使っていても、ゲップをしてしまうと台無し。

男性をドン引きさせることになってしまいます。

女性はあまりゲップをしないものですが、しかしデート中に炭酸飲料を飲む機会も少なくありません。少し気が緩んでいるような精神状態で炭酸飲料を飲んでしまうと、「つい出ちゃった」ということになりかねないのです。

ほかにも「空腹でおなかが鳴る」という現象もあります。これはある程度関係が深くなると、かえって「かわいい」という印象を与えることもありますが、初デートなどではNGと考えたほうがいいでしょう。

3.さらに最悪なのが「あくび」

生理現象の中でも最悪なのが「あくび」です。寝不足などでつい出てしまうということもあるでしょう。しかし、それを見た彼氏は「そんなに俺とのデートがつまらないのか」としか受け取りません。

そして「女としてありえない」と評価されてしまいます。
つまり、彼氏を傷つけるだけでなく、女性としての自分も傷つけてしまう、罪深い行動と言っていいでしょう。何が何でも、あくびは噛み殺しましょう。

4.股を開いて座る

椅子やベンチなどに座るときも注意が必要です。特に、公園のベンチなどに座るとき、ついいつもの癖が出て、股を開いてしまうということが少なくありません。

「隣に座っているから、彼氏は気が付かないだろう」と思うのは甘い考えです。彼氏はけっこう細かくチェックしていることをお忘れなく。

5.腕組み

意外な盲点が「腕組み」です。

男性に比べると女性で腕組みをする人は少ないでしょう。しかし、仕事を持っている女性などに、腕組みが癖になっているケースが、ままあるのです。これは、まったく女性的とは言えない態度ですし、攻撃的な印象すら与えかねません。

一度、自己観察して、もし腕組みが癖になっているようなら、日ごろから注意して癖を直すようにしましょう。

女性ならではのNG好意も

食事のマナー違反など、男女を問わず、相手をドン引きさせてしまう行動もありますが、「股を開く」や「腕組み」など、女性ならではのNG行動もあります。自己チェックして、デートでの失敗を予防してください。

,  

    「デートでの女性のNG行動5つ。男性からドン引きされる行為とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。