地元を案内するデートをする時のポイントとは

最終更新日:2017年7月3日

大切な人と一緒に地元をデートするなら、スペシャルで思い出に残るような一日にしたいですよね。

その為には、地元を案内するデートのポイントをしっかりと押さえて、上手にエスコートしてみましょう。

1.自分に縁のある場所を案内してみる

地元を案内するデートのポイントで、自分に縁のある場所を案内してみるようにしましょう。

わざわざ相手が来てくれるのですから、自分に関わりのある場所に連れて行ってみるのがオススメです。

「恋人の地元」となると、何だかちょっと興味があるそういう気持ちになる人もいることでしょう。

「恋人が通っていた小学校」や「学生時代に立ち寄っていた喫茶店」な度を案内されたら、学生時代の恋人の姿を思い浮かべてしまい、思わず心がほっこりしてしまいます。

「きっと制服が似合ったんだろうな」なんて言われたり「かなりお転婆だったの?」と質問されたりして、きっと会話も弾むことでしょう。

道を歩きながら「この道が通学路だったんだよ」と話せば、きっと相手も「そうなんだ、意外と距離があるね」と興味を持ってくれるはずです。

せっかくの地元デートなのですから、ぜひ自分に縁のある場所を案内して、説明してあげましょう。

2.客観的に「おいしいお店」を紹介する

地元を案内するデートのポイントとして、客観的に見て選ぶようにしましょう。

誰から見ても「おいしいお店」を紹介することを心がければ「はずれデート」になることがありません。

地元を案内する時、ついマニアックな案内になりすぎてしまうことがあります。

自分が好きな場所を案内したい気持ちが先走ってしまって、他の人はちょっと楽しめない感じの店でランチをしてしまい、恋人をがっかりさせては、良い思い出にはなりません。

自分が好きないきつけの定食屋さんに連れていきたいと思っても、本当にその店がおいしいか、また清潔な雰囲気かどうか、そういうところをチェックしましょう。

初めてこの店を訪れる恋人にも受け入れてもらえそうなら、案内しても問題ありません。

自分がよくいく店は、慣れてしまってあまり気にしませんが、恋人は初めてあなたの地元を訪れたのです。

世間一般の水準からみて「おいしいか」「そこそこ小奇麗な店かどうか」を考えて、お店選びをしましょう。

せっかくあなたの地元を訪れてくれた恋人が、リラックスして食事ができるように、誰でも受け入れてもらえるようなレストランやカフェをチョイスするのがポイントです。

そうすれば、きっと恋人は「来てよかった」と思ってくれることでしょう。

3.「子供の頃の思い出の場所」に連れて行ってみる

地元を案内するデートをするなら「子供の頃の思い出の場所」に連れて行ってみるというのも、ポイントが高いです。

案内しながら思い出話をすれば、きっと今以上にお互い理解をすることができるでしょう。

「昔この河原で花火をしていたら、急にカエルが出てきて、みんなびっくりして」なんて思い出話を交えて話せば、きっと恋人も興味深く聞いてくれるはずです。

「そういえばうちの実家の近くにもカエルが沢山いるよ」なんて、相手の実家の話を聞くことも出来て、話題が盛り上がるかもしれません。

「カエルって、突然飛び出してくるよね~」と話しながら、幼い日々を語り合えば、ますますお互いのことを知るきっかけとなるでしょう。

子供の頃の話は、普段一緒にいてもなかなか話すことはありません。

しかし、地元でデートしながら思い出の場所を巡れば、お互いの幼い頃を思い描くことができて、もっと仲良くなることができます。

「あそこで〇歳の時に自転車で転んで」とか「ここのケーキ屋さんのケーキ、いつも誕生日に買ってもらっていたの」と案内しながらデートを楽しみましょう。

きっと素敵な会話ができて、忘れられない一日となるでしょう。

4.あまりにも多くの知り合いに会ってしまうエリアは避ける

地元を案内するデートのポイントの中で忘れてはいけないのは、あまり知り合いに出くわさないように気を付けるということです。

一人二人ならいいのですが、立て続けに知り合いに会い続けてしまうと、恋人も疲れてしまうことでしょう。

知らない人に挨拶をしたリ会話をすることは、誰であってもちょっと疲れてしまいます。

「恋人の知り合い」ということで、やっぱり気を使いますし、できるだけ愛想よく挨拶をしようとしてくれるでしょう。

ただ、それがずっと続くと、段々と恋人も疲れてしまいます。

また、自分自身もつい話し込んでしまって、恋人に対してちょっとおろそかな対応になってしまうこともあります。

地元でデートを楽しもう

デートは二人で楽しむものです。

いくら地元に来てくれたからといっても、相手に無理させないように配慮することがポイントです。

知り合いが多い所には行かないようにして、地元でのんびりと二人で過ごせるデートを目指すようにしましょう。

地元を案内するデートのポイント、それは「自分のことを知ってもらいたい」ということと「初めてくる人でも楽しめる」ということを両立させる必要があります。

出来るだけ素敵な一日にするためにも、ほんの少し気を配って、ポイントを押さえた地元デートを楽しめば、今度は恋人の地元に行ってみたくなるでしょう。