デカ顔を小さく見せる髪型とは。小顔効果バツグンな髪型にしよう

ヘアスタイル 自分磨き最終更新日:2018年4月7日

今や小顔は美の基準の一つになっています。

顔の大きさは骨格で決まってしまうので、あまり気にしすぎても仕方ありませんよね。

ですが、デカ顔を少しでも小さく見せたいのが女子の本音です。

そこで今回は、デカ顔を小さく見せる髪型をご紹介します。

1.ふんわりパーマのミディアムヘアー

ふんわりとパーマがかかったミディアムヘアーもデカ顔をフォローしてくれる髪型です。

ミディアムヘアーはシルエットが安定しており、常に骨格のLINEをフォローしてデカ顔を隠してくれます。

そこにさらにふんわりとパーマがかかることによって、可愛らしさやナチュラルさが加わります。

不自然に横髪を顔につけていると、端から見ても小顔に見せたいという目的が分かりますよね。

それに、あまりオシャレとは言いがたいです。

ふんわりとパーマをかけたミディアムヘアーなら、オシャレとしてヘアスタイルを取り入れながら自然に小顔効果を得ることが出来ますよ。

デカ顔をナチュラルに小さく見せながらも、ふんわりとしたパーマでオシャレで可愛らしく見せることが出来るため、オシャレに小顔ヘアを作りたい人にオススメの髪型です。

2.内側に丸みのあるボブヘアー

丸みのあるボブヘアーも、小顔効果の高いヘアスタイルです。

ミディアムヘアーよりもさらにシルエットの安定感が高く、いつでも小顔に見せてくれる髪型です。

単なるボブではスタイリング次第ではシルエットが広がってしまいます。

しかし、内側に丸みのあるボブヘアーならタイトなシルエットで頭や顔の形をフォローして小顔に見せる効果がありますよ。

派手でなく、あまり流行に左右されないヘアスタイルなので様々なTPOで取り入れることが出来ます。

また、年齢を問わずに日本人に似合う髪型でもあります。

小顔に見せたいけれど、年齢や環境であまり派手な髪型が出来ないという人にもオススメのヘアスタイルです。

3.小顔の定番ストレートロングヘアー

ストレートのロングヘアーもデカ顔を小顔に見せてくれる定番の髪型ですね。

ストレートロングヘアーはファッションやメイク次第でセクシーな印象も、清楚な印象も与えることが出来ます。

ただし、ストレートのロングヘアーは動きが大きく輪郭やシルエットが崩れることが多々あります。

髪を束ねたり動いたりすることで顔が露出し、隠れていたデカ顔が覗くと見慣れた輪郭との大きなギャップもあらわにしてしまいます。

また、仕事で髪を束ねなければならない場合なども小顔効果は望めないので、サイドや前髪が自然に残るようなカットにするなど工夫が必要になります。

ストレートのロングヘアーは個性と華があり、ドレスアップや派手なファッションにも良く合います。

ですから普段ではなくイベントの時だけ小顔に見せたいという場合にも、オススメのヘアスタイルです。

4.輪郭を隠せるショートヘアー

長い髪よりも顔がよく見えるショートヘアーもカットによってデカ顔を小顔に見せてくれます。

ショートヘアは全体が短いので、髪の毛で顔を隠すことには限界がありますよね。

しかし、前髪と横髪のシルエット次第では小顔に見せることが出来ます。

ショートヘアでもおでこや顔の外側を隠せるカットにすると、デカ顔をフォローしてくれますよ。

全体的に少し重めにカットすることでタイトめなシルエットになり、顔と頭が小さく見えます。

前髪を作ったタイトなショートヘアは、顔だけでなく頭の大きさについて悩んでいる人にもオススメの髪型です。

また、ふんわりとボリュームがあるショートヘアも、顔の余白を上手く隠して輪郭をごまかすようなヘアスタイルを作れば、小顔効果の高い髪型になります。

いずれも大切なのは前髪からサイドにかけてのカットです。

顔の輪郭を小さく見せるカットやスタイリングにすることで、一見小顔に見せるには不利に思われるショートヘアでもデカ顔を小さく見せてくれますよ。

5.毛先を巻いたゴージャスなロングヘアー

毛先を巻いたゴージャスなロングヘアーも、顔を小さく見せる効果が高い髪型のひとつです。

その理由は、髪の毛にボリュームを出すことで、髪の毛と相対的に顔が小さく見えるからです。

しかし、巻髪は上手くスタイリングしないとかえって顔が大きく見えてしまうことがあります。

第一に、顎先までの長さで巻髪にした場合です。

小顔に見せるには、頭のトップから顎先はあまりボリュームを出すべきではありません。

また、髪の毛を巻くことで顔の輪郭が露出してしまい、ありのままの大きさで見られてしまいます。

さらには、顔周りの巻髪は視線を集めますから、必要以上に顔の大きさを強調してしまうことにもなります。

ですから、小顔に見せるには顎先から下の髪の毛を巻くことが大切になりますよ。

顎先から下を巻くことで、顔の下に視線を誘導することができて顔の大きさに注意がいくことを反らすことが出来ます。

そして、ボリュームのあるゴージャスな巻髪と比較することで顔の大きさを小さく見せることが出来るのです。

サイドの髪の毛も少しとって、なるべく顎先より下を軽く巻いておけば、髪を束ねる時も横髪が残って顔の輪郭をフォローしてくれます。

また、サイドの髪の毛もきっちりまとめなければならない場合は、前髪をワンレングスにして顎先で軽く巻くことも効果的です。

髪の毛を束ねた時にも輪郭が適度に隠れて、輪郭を隠していた時と露出した時のデカ顔のギャップを軽減することが出来ますよ。

オシャレとTPOにあった髪型で小顔効果を上げよう

今回はデカ顔を小さく見せる髪型についてご紹介しました。

女性にとってコンプレックスになりがちな顔の大きさも、気にしすぎたり顔を隠してばかりでは自分の魅力や長所も曇らせてしまいます。

また、TPOをわきまえない髪型も周りからも冷ややかな目で見られてしまいますよね。

TPOに合っていて小顔効果の高いヘアスタイルを見つけ、デカ顔をやっつけながら自分の魅力も引き出しましょう。

 

    「デカ顔を小さく見せる髪型とは。小顔効果バツグンな髪型にしよう」への感想コメント一覧

  1. 1. gayoko2018/05/09(水) 10:54

    えら張りの顔がコンプレックスです。
    「輪郭を隠せるショートヘアー」を参考にしてみようと思います。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/05(火) 08:19

    丸顔なので、昔から大きい顔と思われてものすごく嫌でした。いつも顔が隠れる髪型にしていましたが、今回はこれを参考にしてカットしてもらおうと思っています。

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/06/11(月) 17:00

    確かに、髪で顔を隠して小顔に見せたいからといって、不自然に顔周りにあるのはかわいくもないですよね。
    おしゃれに小顔にみせていこうと思いました。参考にさせていただきます。

この記事への感想を書く