ぽっちゃり女子に似合う髪型5つ

最終更新日:2015年9月14日

顔が丸いとか、顔が大きいなどの悩みから、髪型選びに困ってしまうぽっちゃり女子。

そんなぽっちゃり女子でも、似合うヘアスタイルはもちろんあるんです。

今回は、ぽっちゃり女子に似合うヘアスタイルをご紹介します。

1.どんな長さでも、大切なのは清潔感

誰だって清潔感を大切にしなければいけないのは当然のことですが、ぽっちゃり女子の場合は、スレンダーな女性よりも、ちょっとしたことでだらしなく見られてしまうというリスクがあります。

やはり、体形が少し太めでも、それ以外の自己管理をしっかりしていれば好感を持たれますが、だらしなくしていると、「自分の身なりなんて興味ないのかな」などと思われ、悪い印象を持たれてしまいます。

そして、そんな清潔感を感じるポイントとして挙げられるのは、ファッションや生活習慣だけではなく、ヘアスタイルだって重要です。

誰でも手入れがされずにぐちゃぐちゃだったり、過剰に盛ったヘアスタイルは、不衛生を感じてしまうものです。

そんな不衛生ヘアを避け、清潔感があって、きちんとした印象を与えられるヘアスタイルを選ぶことを心がけましょう。


2.マッシュルームカット

ぽっちゃり女子の定番ヘアスタイルとして君臨する、マッシュルームカット。

芸人コンビ、ハリセンボンの近藤春菜さんのヘアスタイルであるという印象が強いですね。

そのため、今まで避けてきたという人も少なくないのでは。

でも、ぽっちゃり女子は、基本的にショートカットが似合います。

しかし顔を大きく見せることを避けて、髪をたくさん梳いたショートカットにしてしまうと、大きな顔に髪が少しだけ乗っているような印象になり、却って大顔が目立ちます。

その点、重めの髪の流れが内巻きに整ったマッシュルームカットは、顔が大きくても、愛らしい印象に変えてくれる便利ヘアーです。

明るめにカラーリングなどすると、これもまたキュートな印象になって良いですね。

3.肩の少し上くらいのボブ

マッシュルームカットよりも少し長く、でも肩にはつかない程度のボブスタイルも、ぽっちゃり女子にオススメです。

肩にかかってしまうと、どうしても肩の厚みが目立ってしまうため、肩よりも少し上が最適な長さと言えます。

やはり、ポイントは前髪やサイドの髪を梳いたりせずに、重めに下ろすこと。

頬や輪郭に髪がかかるようにすれば、小顔効果も狙えますよ。

カラーリングも、明るめカラーでも元気な印象になりますし、黒のままなら輪郭が引き締まって見えます。

ただ、気を付けたいのは、髪の質感です。

トリートメントなどをしっかり行って、ツヤ感を出すようにして下さい。

ツヤツヤのボブスタイルは、とても清潔感があって好印象です。


4.ロングならまとめ髪、おだんごがオススメ

ロングヘアが好きな人なら、まとめ髪を日常からすることをオススメします。

特にオススメは、頭の高い位置でまとめたおだんごヘアー。

でも、まとめ髪をすると、顔が露わになるために、小顔効果が期待できないと心配している人もいますよね。

しかし、そんな理由で髪を下ろすのはちょっと待って下さい。

ぽっちゃり体型の人がロングヘアを下ろすと、やはり胸元に髪がかかるせいで肉感が目立ってしまいますし、髪がキレイに真下に下りないため、ヘアスタイルが乱れて見えてしまいがちです。

それよりも、しっかりまとめた方が、きちんと感が出て、好印象です。

また、髪を上に引っ張られることによって、たるみを引き上げ、こちらの方が小顔効果を期待できます。

前髪は、上げてしまうよりも横に流すなどした方が、小顔に見えるのでオススメです。

キュッと髪を上げて、かわいいシュシュやかんざしを付ければ、それだけで「手を加えている」という印象を与えることも可能です。

5.ゆるふわパーマはオススメできない

最後は、避けておきたいヘアスタイルのご説明です。

ぽっちゃり女子の場合は、どんな長さでも、ゆるふわな髪型はオススメできません。

何故かと言うと、ボリュームが増しすぎて頭が大きく見えてしまうということと、無造作感が裏目に出て、ラフすぎる印象になってしまうからです。

ぽっちゃり女子は、少しでも顔を小さく見せたいと思う人が大半ですよね。

髪をゆるふわに膨らませていると、小さく見えるものも見えません。

また、どうしても、最初にご説明した清潔感が出にくく、「手入れが面倒なのかな」と思われてしまうリスクが発生してしまいます。

流行などや好みはありますが、このような理由により、できればぽっちゃり女子はゆるふわパーマは避けた方が良いでしょう。

ぽっちゃり女子に似合う髪型をしよう

ぽっちゃり女子にオススメのヘアスタイルをご紹介しました。

自分に似合うヘアスタイルと、自分の好みが必ずしも一致するとは限りませんが、どうせなら、自分に似合って、そして自己満足もできる髪型にしたいものですよね。

今回ご紹介のヘアスタイルをご参考に、新しいヘアスタイルを検討してみて下さいね。