電車で席を詰めようとしない人の心理とは?なぜ席を詰めずにすき間をあけるのか

電車で席に座った際に、隣と微妙な隙間があいている経験をした人も多いことでしょう。

このような時は詰めるほうが良いのか、どうせ座れないからこのままでも良いのか、非常に迷ってしまいますよね。

実際にこんな場面に遭遇した際には、席を詰めない人の方が多いといえます。

では、どうして席を詰めずに、そのまま座ろうと考えるのでしょうか。

今回は、電車で席を詰めない人の心理をご紹介します。

隣の人と接触したくない

電車で席を詰めない人の心理として、隣の人と接触したくないと考えています。

電車で隣にいる人が他人でいる場合は非常に多く、他人と触れたくない人は大勢いるでしょう。

例え座っているだけでも触れるのが好ましくないと考えるのは当然であり、電車で隙間が空いていたとしても、触れたくないので席は詰めたくないと考えているのです。

また、席を詰めることによって、他の人が座ってくる場合も考えられます。

そうすると更に接触することになるため、居心地が悪くなると感じることでしょう。

隣の人と接触したくない人はこのように人との距離が近づく事を嫌うため、電車で席が空いていても詰めることをしないという選択肢を選ぶのです。

詰めても座れないと考えている

電車で席を詰めない人の心理として、詰めても座れないと考えています。

電車で席をなぜ詰めるのかというと、大勢の人が座れるための配慮だといえるでしょう。

しかし、詰めたとしても座れるかどうか微妙な場面もあるわけであり、どうせ座れないのであれば詰める必要はないと考える人もいるのです。

また、詰めても座れないと考えているだけではなく、微妙なスペースを作らないという配慮の場合もあります。

人が1人座れるかもしれないというスペースが生まれると、そのスペースを見た人は座ろうとするでしょう。

しかし、実際には座れない隙間しか無いので、座れなかった人はがっかりし、その周囲の人は座れなかった人に申し訳無さを持ってしまいます。

このように、スペースが空いていても必ず座れるわけではなく、座れなかい場合もあります。

このような状況が生まれるくらいならはじめから詰めなければ良いと考えるので、微妙な状況なら席を詰めずにそのまま座っていようと判断しています。

自分のスペースを維持したい

電車で席を詰めない人の心理として、自分のスペースを維持したいと考えています。

電車で座る時は基本詰まっていることが多いですが、まれに隙間があいていることもあるでしょう。

詰まっているときよりも余裕のある時の方が座りやすく、スペースがあるなら維持したいと考えるのも当然とはいえます。

また、詰めてしまうと人が座ってくることも考えられるので、自分の今のスペースが維持できる環境を選ぶのです。

自分のスペースを維持したいと考えている人は、自分を優先して考える傾向にあるといえます。

多くの人が乗るためには詰めたほうが良いのですが、それよりも自分の楽さを優先してしまいます。

より多くの人が座ろうではなく、自分の今の状態を維持しようと考えてしまうので、電車で席を詰めずにそのまま座っているのです。

詰めた時に誰も座らないと気まずい

電車で席を詰めない人の心理として、詰めた時に誰も座らないと気まずいと思っています。

電車で席を詰めて一人分のスペースを確保してあげることは良いことですが、誰かが必ず座るのかといえばそうではありません。

お互いに遠慮してしまう場合や、狭いからあまり座りたくないと考える人も多いことでしょう。

そのため、電車で席を詰めたとしても必ず誰かが座るわけではないので、その時の状況が気まずい人は席を詰めないことが多いのです。

このような状況で考えることとしては、このあとどうするかということです。

誰も座らないのに動いたのは恥ずかしい、気まずいなと感じつつも、誰も座らないからと言ってわざわざ元の位置に戻るわけにもいきません。

好意を断られることが苦手な人はこのような状況であれば行動しない事を選びがちであるため、電車で席を詰めない選択をします。

このように、電車で席を詰めない人の心理として、誰も座らないと気まずいと考えています。

自分の起こした行動に誰も反応しなかった時に恥ずかしい、気まずいなどの感情を覚えやすい人は、わかっていてもなかなか席を詰めるといった行動をとることができません。

電車で席を詰めない人の心理を知ろう

電車で席を詰めない人の心理として、どうするか迷っている場合がよくあります。

詰めても座れるかどうか分からず、誰かが必ず座るわけでもありません。

行動しても誰も座らなければ元のままの方が良かったなと後悔してしまうので、どうせならそのままでいいやと考えてしまいます。

その他の理由としては、自分の利益を優先しているといえます。

広いスペースでゆったり座っていたほうが楽なので、配慮ではなく自分の心地良さを優先して行動してしまっているのです。

 

    「電車で席を詰めようとしない人の心理とは?なぜ席を詰めずにすき間をあけるのか」への感想コメント一覧

  1. 1. みか2020/10/21(水) 09:58

    詰めて座ってくれないと、座れなくなるし、見た目が悪い!!1人で、2人の席の真ん中に座ったり、荷物を椅子の上において、誰も座れないようにしている人もたくさんいる。

  2. 2. みか2020/10/21(水) 10:01

    1人で2人分の真ん中に座る人たちもいて、場所取りすぎ!

  3. 3. みか2020/11/17(火) 14:32

    3人の席では、電車以外でも、ほとんどの人が、真ん中を空けるようにしている!

  4. 4. みか2020/11/17(火) 14:48

    こういう座りかたは、電車以外でも、必ずあるし、たくさんいる!!

  5. 5. 名無しのイケジョさん2020/11/21(土) 09:59

    止めてほしい

この記事への感想を書く