独身女性が中古マンションを購入する時のポイント3つ

最終更新日:2014年11月1日

独身女性がマンションを買ったという話も割と聞きます。

もちろん、収入の良い仕事についている人なら、中古マンションでなくても新築マンションでも購入することもできます。

しかし、そうではない独身女性がマンションを買う場合には、中古マンションの方がお得でしょう。今回はそのポイントをご紹介します。

中古マンションは価格によっては、キャッシュで購入できるほどの物件も、間取りによってはあります。

ワンルーム等は貯金ぐらいでも購入できるものもあります。

しかし、3LDKや築年数で納得がいく物件では、1000万以上はするでしょう。

もちろん、築年数によって、さらに変わってきます。リフォームをする場合には、購入金額とリフォーム代も含めてローンを組むことができます。

条件によっては、住宅ローン減税を受けることができるので10年間ローン残高の1パーセントが所得税から控除されますので、ローンを組んだ方が良いこともあります。

他に、子供がいて、教育費がかかる人などは、ローンの返済を無理をしないで返した方が良いでしょう。

他にもマンションは、管理費、修繕維持費がかかったり、中には、駐車場代がいるところもあるからです。

2.住宅ローンは借りれるのかを確認する

銀行に前もって、住宅ローンを組むことができるのかローンプラザなどに相談に行った方が良いでしょう。

これはという物件が見つかっていたら、このぐらいは組めますかと物件の情報を持っていくことも良いでしょう。

正社員で勤務年数が3年以上あり、年収の4倍から5倍ほどの金額を借りることができます。

銀行によっては条件が厳しい所もありますが、足しげく、良心的な銀行のローンプラザに通うことも本気に考えているということで有望でしょう。

弁護士などの資格を持つ方は、勤務年数が3年未満でも借りられることもあります。それは転職しても、就職がしやすいということもあるからです。

年収の他に、健康状態等も報告します。住信等の保険にも入らないといけないためです。

3.買おうとする中古マンションについてを良く調べておく

購入すると、なかなか引越しをすることが難しいですので、良い物件があるとそのマンションの住み心地について、住人に前もって聞いてみたり出入りする住民を観察したり、購入しようとする部屋の隣の人を管理人に確認したりということも必要でしょう。

マンションは、介入はあまりしないのが近所ですが、迷惑なのは困ります。

そして中には管理事務所が面倒な所もあります。やたらと役員が回ってきたり、当番が回ってきたりということもあります。

中には、賃貸の人もいて役員は所有者だけでということもあります。

そして、マンションの敷地の駐車場が一杯で、自分で探して借りないといけないこともあります。

また、せっかくのマンションなのですからセキュリティの高い所を選びましょう。

比較的、古いマンションでも作りが良ければ、防音もしっかりしていて快適です。採光から、角部屋が良いでしょう。

東向きでも、日当たりが良ければ快適です。間取りも新築も中古もあまり変わり映えはしません。キッチンとお風呂とトイレ場納得がいけば、壁等は、張り替え可能ですし、床面も、敷物を敷くとあまり見えません。

念願のマイホームを手に入れやすいのが、中古マンションでしょう。

賃貸でコーポに入るよりも、資産にもなるので投資と思えば、ローンも返し甲斐があります。

ただ、中古マンションは決まるのが早いので、立地の良い希望の中古マンションがあれば、すぐに抑えて購入を決定した方が良いでしょう。売れる地区では本当に早く決まり、がっくりすることもあります。