寝落ちを防ぐ方法。寝落ちせずに起きられるようになろう

最終更新日:2016年4月12日

寝てはいけないと思いながら、寝てしまったという経験はありませんか。

特に、仕事中や電車の中では、ついウトウトしてしまいますよね。

寝落ちには日頃の睡眠不足などの原因があります。

原因と対策を知れば、寝落ちも少なくなるでしょう。

そこで、寝落ちしない方法をご紹介します。

1.夜更かしせずに早く寝る

夜更かしは、睡眠不足の原因です。

まずは、早く睡眠をとることを心がけましょう。

テレビが気になるのであれば、録画するなど工夫して睡眠時間の確保に取り組みましょう。

リズムが大切です。

毎日22時には布団に入るなど時間を決めて早く寝るようにしましょう。

また、最低6時間は睡眠時間を確保しましょう。

睡眠不足が解消すれば、寝落ちも自然になくなります。

また、寝る前のアルコールは控えるようにしましょう。

質のよい睡眠時間を確保しましょう。


2.仮眠をとる

空き時間に睡眠を5分でもとりましょう。

仮眠をとると大切な会議の際にも寝落ちしなくなります。

たった5分と思いますが、その5分が頭をすっきりしてくれます。

集中力を高めてくれます。

疲れていれば、その仮眠で疲れもとれて回復します。

回復すれば、寝落ちもしなくなり、仕事も効率よくすすめることができるでしょう。

会社のお昼休みや、空き時間に携帯などでタイマーをして5分睡眠ととるとよいでしょう。


3.コーヒーを飲む

コーヒーには、カフェインが含まれています。

カフェインには脳を覚醒する効果が期待されます。

コーヒーにはカフェインの含有量が多いので、眠気覚ましになります。

もちろん、コーヒーが飲めない方にはカフェインが含まれている紅茶など他の飲料でも対応可能です。

手軽に飲めて眠気覚ましになるので、寝落ちしそうだという日には飲んでみるとよいでしょう。


4.目薬をさす

目薬をさせば、目がすっきります。

市販の目薬で構いません。

目薬のタイプもたくさんあります。

疲れ目にきくタイプからクールタイプのスッーっとするタイプがあります。

目薬をさしたときに、目にしみると寝落ちが抑えられます。

眠いと思った瞬間にさせば、すぐ効くので効果的です。

一時的なものでもあるので、持続性は期待できませんが寝落ち防止になるのでオススメします。


5.ガムを噛む

ガムを噛めば、顎を動かします。

顎を動かすと脳に刺激を与えます。

そうすれば、脳を活性化してくれるでしょう。

活性化してくれば、眠気もふっとび寝落ちもなくなるでしょう。

ガムには色々な味がありますが、すっきりするにはブラック系やミント系を選ぶとよいでしょう。

脳に刺激を与えることで寝落ち防止になります。

運転中などにオススメします。


6.栄養ドリンクを飲む

栄養ドリンクの種類はたくさんあります。

眠気にきく成分が入っているものをえらびましょう。

眠気に効く栄養ドリンクは、コーヒーの倍以上のカフェインが含んでいます。

そのため、コーヒー以上の効果は期待されます。

ただ、飲みすぎは体にはよくありませんので飲みすぎに気をつけましょう。


7.体操をする

体操は体全体を動かします。

体を動かすと、リフレッシュ効果があります。

リフレッシュをすると、血流もよくなるでしょう。

寝落ちするときは、疲労状態にあります。

その疲労を和らげる効果として体操を通して体を動かしみるとよいでしょう。

オフィスなどでは、上半身だけでも動かすだけでも良いです。

同じ姿勢でいると、体の筋肉も凝り固まってしまいます。

寝落ちしそうな時は、体操をするなどして、体を動かしてみましょう。


8.タブレット

ガム派ではない人には、寝落ち対策にはタブレットをオススメします。

辛さで眠気も吹っ飛ぶタブレットもあります。

タブレットをガムよりも自然に食べることができるので、仕事中に寝落ちしてしまいそうなときにはオススメです。

また、食べると口がひんやりするタイプがあるので食べてからも効果は持続します。

タブレットを噛んだ後にお水を飲むと口の中がすっきりするのでオススメします。

寝落ちしない様にしよう

寝落ちしない方法をご紹介しました。

さまざま方法がありますが自分にあった寝落ちしない方法を試すとよいでしょう。

コンビニで手軽に買えるコーヒーや、ガム、タブレット、栄養ドリンクなどは常に持っていると寝落ちしそうなときにあれば便利でしょう。

寝落ちしてしまう原因と対策をねっておきましょう。

ただ、一時的に効果があるものや体質的にあわないものもあるので無理なく必要に応じて使うとよいでしょう。