同棲中の相手を好きか分からなくなった時どうすれば良いか

最終更新日:2017年4月17日

憧れていた同棲生活も、しばらくすると日常になります。

その時に相手のことが好きなのかわからなくなってしまうこともあります。

そんな時にどうすれば良いのかについてご紹介します。

1.そのままの生活を続ける

好きかわからない、そう思っても同棲しているとなると、すぐにさようならとはなかなかいきません。

荷物のことだったり家賃のことだったり、すぐに行動できない理由は色々あります。

もう完全に好きじゃない、顔も見たくないというなら話は別ですが、好きかわからないと思う程度なら、そのままの生活を続けながら様子をみるのも一つです。

焦らずじっくり考えて、本当にもう好きじゃないのか、別れて後悔はしないのか、しっかり見極めることが大事です。

もしかしたらただの倦怠期で、しばらくしたらやっぱり好きとなるかもしれません。

それに別れるとなったら自分か相手が出ていく必要がありますから、引っ越しだったり家賃の手続きだったり面倒なこともしなければなりません。

できれば面倒なことはしたくないものです。

ずるいかもしれませんが、ここはじっくり検討すべきです。

いつもの生活を彼と続けながら、彼のいいところを探してみるのも良いでしょう。

改めて探してみると、今まで気づけなかった新しい魅力が発見できるかもしれませんよ。

燃えるような恋心はなくなっても、お互いが空気のようにそれぞれに必要な、欠かせない存在であることもあります。

好きじゃないかも、と思ったからといってすぐに別れて後で後悔することだけはしたくないと思うのなら、今のままの生活を続けるのも手です。

2.しばらく離れて暮らす

すぱっと別れることも難しいししたくない、でも何事もないかのようにそのまま生活をするのもちょっと…という場合は、しばらく離れて暮らすというのも一つの手です。

実家が近いならばしばらく実家に帰ったり、泊めてくれる友達がいるなら頼って泊めてもらいましょう。

少し距離を置くことで、客観的に物事を捉えることができたりするものです。

普段の生活から飛び出し違う景色を見ることで、なぜあの生活と彼にこだわっていたのか、世界はこんなにも広くて、大袈裟かもしれませんが自分はどこにだっていけるし、何だってできると気づくこともあります。

少しでも違うと思うなら、しがみついている必要はないんです。

自分の人生、自分の好きなように、やりたいようにやるべきです。

しかし逆に離れてみることで、やっぱりあの生活と彼が大事だったと気づくこともあるでしょう。

離れてみたもののやっぱり寂しい、自分の居場所はやっぱり彼のところだと気づけたのなら素直にまた新しい気持ちで彼との生活を始めることができます。

どちらにせよ一度冷静になってじっくり考えてみることで、今まで気づかなかった答えに気づくこともあります。

さっさと答えを出さず、かといってずるずる関係を続けることもなく、一度彼と距離を置いてみることも有効な対処法です。

3.すぱっと別れる

好きかわからない、別れるとなると色々面倒なこともあるけれど、しがみついて悩んでいてもしょうがない。

一度好きかわからなくなったなら別れる。

そういう場合はすぱっと彼との関係を断ち切ってしまうのも一つです。

後悔することもあります。

離れて大切さに気づくなんてこともあります。

そんなリスクはありますが、新しい自分の人生に早く飛び込んでいくのも良いことです。

ずるずるしているだけ時間の無駄で、そんなことをしている間に素敵な出会いがあります。

何でもっと早く決断しなかったんだろうと思うこともあります。

悩んでいたけれど、別れてみたら何てことなかった、なんて場合もあるものです。

女性は切り替えが早いので、彼よりもっと素敵な人と恋におちるなんてこともありえますよね。

自分の人生、少しでも時間を無駄にしたくない。

多少後悔しても迷わず進んでいきたいと思うのなら、すぱっと別れてしまうのも手です。

同棲中に好きか分からなくなったら決断の時

どんな決断をしようが、それが自分の後悔しない生き方ならそれで良いと言えます。

無理に別れる必要も、別れない必要もありません。

周りがどう言おうが自分らしい生き方で人生を楽しみましょう。