別れを考えている女性
   

同棲中の彼氏ときっぱり別れる時の切り出し方

同棲 彼氏との別れ 恋愛最終更新日:2014年10月12日

同棲中の彼氏と別れたい、そんなときはどうやって伝えるか悩むものです。

もちろん一緒に暮らしているということは先に結婚を見据えてだったのかもしれませんが、一緒に暮らしてわかる相手の本性というものもあります。彼とは生活はできないと判断した時に、上手に伝えることが重要になることでしょう。上手に別れるためにはタイミングや切り出し方も大切になります。

出来る事ならば前向きな別れを誰しもが期待しているはずです。
そこで今回は同棲中の彼氏と別れる方法についてご紹介します。

1.自分を嫌いになってもらう

後腐れなく別れるためには彼から嫌いになってもらうのが一番の方法かもしれません。

多少時間はかかるかもしれませんが、嫌われる行動などを重ねていけば彼の心は離れるはずです。彼がまだあなたのことを好きなうちは別れたくないと必死になって関係もこじれてなかなか別れることが出来なくなってしまうかもしれません。

綺麗に別れるためにはまず相手に嫌われましょう。わだかまりがあるまま無理に別れたとしても後々面倒なことに巻き込まれてしまうかもしれません。別れるときはお互い納得して別れることが重要になります。

2.まずは同棲を解消させる

あまり神経を逆なでる方法は逆効果になりますからオススメできません。

別れという形ではなく一旦同棲解消しなければならない理由を作りましょう。

理由がないひとは嘘も方便といいますから、家族や身内を理由にしたり会社を理由にしたり何でもいいのです。まずは離れる理由をつくりましょう。同棲を解消さえすれば別れまではスムーズに進む可能性が高くなります。相手に気持ちがあるうちは好きなひとが出来たから、ですとか嫌いになったという理由は通用しません。

実は借金があり一旦実家に帰るという理由も良いかもしれません。お金にルーズな女性は嫌われますから別れに持ち込むことも出来るかもしれませんね。

3.出勤前にサラッと伝える

仕事が終わった後に伝えたらば夜悶々としてしまい最悪の場合はあなた自身に危害が加わる可能性がないとは言えません。ですから出勤前にサラッと伝えてみましょう。

冷静に考える時間を与えることも必要になります。いままで嫌いだとか別れたいという素振りを見せていなかったら男性側からしたら疑問だらけで状況がつかめないという事態に陥ってしまいます。

出勤前に伝えると同時になんで別れたいのか手紙に記して渡すのも良い方法かもしれません。手紙だと考えを予めまとめておくことが出来ますから乱すことなく意志を伝えることが可能になります。

きちんと別れることが大切

自分が別れたいからと言ってタイミングや相手を思いやる気持ちがなければ、自己中心とも言えます。

同棲をするということは少なからずお互い結婚を考えていたはずですから、きちんと別れましょう。相手が納得しないという場合もありますが、納得できる理由を探したり基本的には嘘はつかないほうが良いかもしれませんが、嘘が優しさになる場合もあるのです。お互い前向きに別れるためにも最後の努力を振り絞りましょう。

 

    「同棲中の彼氏ときっぱり別れる時の切り出し方」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。