同棲中の彼氏ときっぱり別れる方法。彼とは一緒に生活できないと思ったらちゃんと別れよう

同棲 彼氏との別れ 恋愛最終更新日:2019年6月30日
別れを考えている女性

同棲中の氏と別れたい時はどうやって伝えるか悩むものです。

一緒に生活はできないと判断した時に、上手に伝えることが重要になることでしょう。

上手に別れるためにはタイミングや切り出し方も大切になります。

出来る事ならば前向きな別れをしていきたいですよね。

そこで今回は同棲中の彼氏と別れる方法についてご紹介します。

1.自分を嫌いになってもらう

後腐れなく別れるためには彼からあなたのことを嫌いになってもらうのが一番の方法です。

多少時間はかかるかもしれませんが、彼から嫌われる行動をあなたが重ねていけば、彼の心は少しずつあなたから離れていくはずです。

彼がまだあなたのことを好きなうちは「別れたくない」と必死になってすがりついてくるはずです。

キレイに別れるためには、まずは相手に嫌われてしまいましょう。

わだかまりがあるまま無理に別れたとしても、後になって面倒なことに巻き込まれてしまいます。

別れるときは、お互いにある程度納得してから別れることが重要になります。

その点、彼があなたのことを嫌いになってくれれば、双方の気持ちが一致しますので簡単にお別れすることができるはずです。

まずは、彼氏がどのような行動や発言が嫌いだったかを思い出しリストアップしてみましょう。

そして、そのリストを上から順番にやってみてください。

そうすれば、着実に彼氏はあなたのことをだんだん嫌いになっていくはずです。

ただ、いくら彼氏に嫌われたいからとはいえ、浮気はしないようにしましょう。

浮気をしてしまうと、彼氏を大きく傷つけることになります。

心から傷ついた彼氏は、裏切ったあなたに対して大きな敵意を持ってしまう可能性もあります。

そうなると、彼氏からひどいことをされたり、別れたあともストーカーのようにつきまとわれたり、彼氏から共通の友だちに「あいつは浮気をしたんだ」というウワサを流され、あなたの今後の立場が危うくなります。

こうした事態を回避するためにも、浮気だけはやめておいたほうが得策でしょう。

2.別れを切り出す前に、まずは同棲を解消させる

別れを切り出す前に、まずは同棲を解消させてしまうというのも一つの方法です。

別れたいからと言って、あまり彼氏の神経を逆なでる方法は逆効果になりますからオススメできません。

「別れ」という形ではなく、一旦どうしても同棲を解消しなければならないような理由を作りましょう。

どうしても理由がない女性は嘘も方便といいますから、家族や身内を理由にしたり、会社を理由にしたりと、とにかく何でも良いでしょう。

「親が病気になって、介護をしなければならなくなった」だったり「転勤が決まりそうだから、早いうちから別々に住んでおいたほうが良さそう」だったり、なんでも構いませんので、まずは彼氏から離れて暮らさなければならないという理由をつくりましょう。

彼氏との同棲を解消さえすれば、別れまではスムーズに進む可能性が高くなります。

相手があなたのことを好きな気持ちがまだあるうちは「好きな人が出来たから」ですとか「嫌いになった」という理由はほとんど通用しないと思って良いでしょう。

「実は借金があり、家賃が払えなくなったから一旦実家に帰る」という理由もオススメです。

お金にルーズで借金を作るような女性は、基本的に男性から嫌われますから、別れ話に持ち込むことも案外簡単に出来るからです。

3.出勤前にサラッと伝える

仕事が終わった後に「別れよう」と伝えたらば、夜に悶々としてしまい、最悪の場合はあなた自身に危害が加わる可能性がないとは言えません。

ですから、出勤前などのタイミングにサラッと「別れようか」と伝えてみましょう。

彼氏と穏便に別れたいのであれば、彼氏に一人っきりになってもらって、別れると言うことに対して冷静に考えてもらう時間を与えることも必要になります。

特にあなたがいままで「嫌い」だとか「別れたい」というような素振りを全く彼氏に見せていなかったとしたら、余計にその必要があります。

なぜなら、男性側からしたらいままでは仲良くやれていたはずの女性から突然「別れよう」と言われたことになり、ショックも大きいでしょうし「どうしてそうなったのか?」「自分のどこが悪かったのか?」など疑問だらけで、全くいまの状況がつかめないという事態に陥ってしまっている可能性が十分に考えられるからです。

出勤前に「別れよう」と伝えることと同時に、あなたがどうして別れたいのかを手紙などに記して渡すというのも、良い方法です。

手紙ですと自分の考えをあらかじめまとめておくことが出来ますし、その手紙を受け取った彼氏のほうも一度冷静になってから読むことができますから、色々ととり乱したりすることなく、あなたの意志を伝えることが可能になります。

4.少しずつ自分のものを整理し始める

なかなか別れを切り出せないという場合には、少しずつ自分のものを整理し始めるという方法で彼氏に「別れたいのかな?」と気がつかせましょう。

同棲している部屋にある要らないものを、まずは処分していきましょう。

そして、洋服や雑貨など、今は使わないというものは実家に送り返すなどして、片付けていきましょう。

そんなあなたの行動を見て、彼氏は「どうしたの?」というかもしれません。

そのときに「実は別れたいと思っている」と切り出すのもいいですし、まだ切り出せないという場合には「なんでもない」と濁してみるのもいいですね。

察しの良い彼氏であれば、あなたの気持ちを汲み取ってくれるはずです。

5.もしも二人が別れた場合、家電などをどうするかを話し合ってみる

あくまでも「もしも」の話であるようなていで、彼氏に別れをイメージさせてみるという方法です。

同棲をしている場合、家電や家具などは別れたあとに一体どちらの所有物にするのかといったような面倒な問題が発生してきます。

彼氏には「ねえ、もし私たちが別れることになったら、家電はどうする?例えば冷蔵庫はどっちが持って行こうか?」などと軽い感じで聞いてみてください。

そのような話をすることで、彼氏にも「そうだよな、いくら同棲していたって別れることもあるんだよな」と考えさせる効果があります。

このようにしておくことで、実際に別れを切り出したときにも彼氏に受け入れられやすくします。

同棲したなら、別れる時はなあなあにしない事が大切

自分が別れたいからと言って、タイミングや相手を思いやる気持ちがなければ、自己中心的とも言えます。

同棲をするということは、少なからずお互いに結婚を考えていたはずですから、責任をもってきちんと別れましょう。

相手が納得しないという場合もあるでしょうが、納得できる理由を探したりすることが大切です。

また、基本的には嘘はつかないほうが良いかもしれませんが、嘘が優しさになる場合もあります。

お互い前向きに別れるためにも、最後の努力を振り絞りましょう。

 

    「同棲中の彼氏ときっぱり別れる方法。彼とは一緒に生活できないと思ったらちゃんと別れよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。