同棲中の家へ帰りたくなくなった時にすべきこと

最終更新日:2017年4月11日

初めは楽しい同棲生活でも、だんだんと相手の嫌な部分が見えてくるので帰りたくないと思うこともありますよね。

とは言っても家を出ていく訳にもいかないので、どうすればいいか悩んでしまいます。

そこで同棲中の家に帰りたくなくなった時の対処法について紹介します。

1.帰宅時間を少し遅らせてストレス発散する

同棲中の家に帰りたくないと思った時は、帰宅時間を少しだけ遅らせて一人の時間を作るようにしましょう。

お互いが仕事をしているなら、大体帰宅時間は毎日同じくらいになるはずです。

もしも自分が帰った時に相手が先に家にいるなら、自分の時間がすぐになくなってしまいますよね。

そこで自分が仕事を終えた後は、毎日少しだけ一人になれる時間を作りましょう。

家に帰るとずっと一緒にいるので、一人の時間がまったくありません。

そのためストレスも溜まってしまうので、家に帰りたくないと思ってしまいます。

仕事が終わった後は近くのカフェを利用するなど、毎日少しだけ一人で息抜きができる時間を作りましょう。

一人になれる時間があると思うだけでも、同棲している時にストレスから解放されることもできます。

毎日30分くらいの時間だけでも一人の時間を過ごせれば、家に帰りたくないというストレスを軽減させることができるはずです。

2.自分だけの時間や居場所を作る

同棲中の家に帰りたくなくなった時の対処法としては、家の中に自分だけの時間や場所を確保するようにしましょう。

同棲すると常に一緒にいなければいけないと思いがちですが、お互いが一人になれる場所は大切です。

部屋が狭くて場所が確保できなければ、一人でゆっくりできるお風呂の時間を長くするなど、一人だけになれる時間を確保しましょう。

この時間だけは一人になれる時間だと思えば、大幅にストレスを軽減させることができるでしょう。

2部屋あるならそれぞれが一人になる時間を作れれば、同棲していても一人になれる時間が作りやすいです。

同棲中に家に帰りたくないと思うのは、相手に対して不満がありますが、相手はほとんど気づいていないことが多いです。

話をしてケンカになるのが怖いと思えば、自分からは黙ってストレスを発散できるように行動しましょう。

3.同性相手と話し合って気になる所をお互い直す

同棲すればお互いの悪い部分が見えてくるものですが、同棲を続けるならやはり悪い部分があれば直してもらうことも大切なことです。

我慢できる部分は我慢しようと思っても、どうしても我慢できないこともありますよね。

それが原因で家に帰りたくないと思っているなら、思い切って相手と話し合う機会を作りましょう。

もちろん話し合う時にはお互いが悪い所を直すように努力するため、感情的にならないように指摘をするようにしましょう。

自分が家に帰りたくないと思うくらい悩んでいるとしても、相手に伝わっていなければ直しようもありません。

まずはお互いが話合う機会を設けることによって、家に帰りたくないと思っている不満が解消できるかもしれません。

4.たまには友達の家に泊まって息抜きをする

同棲中の家に帰りたくなくなった時の対処法としては、たまには息抜きのための友達の家に泊まりにいくのもオススメです。

ずっと同棲生活をしていると、ストレスが溜まってしまうのは当然のことです。

いくら好きな相手だとは言っても異性なので、同性の友達のように気軽に付き合うことはできません。

家に帰りたくないと思った時は相当なストレスが溜まっているので、一度友達の家に泊まりに行って気分転換をしましょう。

言いたいことがたくさんあっても、相手にはなかなか言えないものです。

しかし気の合う友達ならば愚痴を言うこともできるので、すべての愚痴を聞いてもらえばストレスを発散できるはずです。

溜まり切ったストレスを発散してしまえば、新たな気分で同棲生活を続けることができるので、一度友達の家に泊まって気分転換をしてみましょう。

5.生活の時間帯を少しだけズラす

同棲中の家に帰りたくなくなった時でも、結局は家に帰らなければなりません。

そんな時の対処法としては、生活の時間帯を少しだけズラしてみましょう。

一緒に住んでいると生活の時間帯は同じになることが多いので、ずっと一緒に行動することになります。

寝る時間も起きる時間も同じくらいになると、一人になれる時間が少ないので、ストレスも溜まりやすくなるでしょう。

そのため少しだけでも生活時間帯をズラすことによって、自分だけの時間を確保することができます。

夜少しだけ遅くまで起きているか、もしくは朝早く起きるだけでも一人だけの時間を確保することができます。

朝1時間早く起きるだけでも、精神的にもかなりゆったりできるので、少しだけ生活時間帯をズラしてうまく対処しましょう。

同棲ではストレスをうまく発散させることも大切

同棲生活を送るとどうしてもストレスが溜まってしまうので、一人になれる時間を確保するかが大切なことです。

いくら好きな相手でも嫌な部分が見えてくると、一緒に生活するのが嫌だと思うこともありますよね。

すべてはストレスが溜まっていることによって余計に相手のことが嫌だと思ってしまうので、うまく一人になれる時間を作って対処しましょう。