同棲と結婚の違いとは。責任とお金の問題が大きい

最終更新日:2015年5月28日

近頃はまず一緒にまず住んでみようとなり同棲をしているカップルは多いのではないでしょうか。

そんなカップルに同棲と結婚の違いをご紹介します。

1.同棲はお金の管理でもめることが多い

同棲しているカップルでよくもめるのはお金のことではないでしょうか。
家賃はどっちが払うか高熱費はどっちが、食費はどうするかデート代は割り勘にするか、
などなど。

同棲しているとお互いの懐事情に深くふみこむことはなかなか難しいです。
結構デリケートな問題ですからね。

男の人が見栄を張っていて彼女に色々買ってあげたりしてたけど、いざふたを開けてみたらあれ、貯金がない、まさか借金まで、なんてこともありえる話です。

結婚前にきちんと確認しておく項目の一つでもあります。


2.同棲は楽しいもの。結婚は生活を共にするもの

同棲して最初は特に楽しいものです。
デートに行った帰りに別々の家に帰らなくてはいけない、そんな寂しい気持ちを感じることもなく一緒に帰り、
一緒にご飯を作ったり食べたり趣味を楽しんだり。
もちろんお互いの趣味も自由に楽しみ、友達とも気軽に遊びにいけます。

ところが結婚をすると、お互いに責任が出てきますし世間体もありますので、自由気ままに遊んでばかりいるわけにもいけません。

これから一生共にするわけですから、子供のための資金、マイホーム資金、老後の費用なども考えて貯蓄などもしていくことも考えなくてはいけません。

話し合いをしながらお互いの妥協点を見つけていかなくてはいけなくなります。


3.同棲は緊急事態になかなかかけつけることができない

同棲と結婚の大きな違いに公式な書類に書けるかどうかの違いがあります。

よく会社などである緊急の連絡先に記入する紙がありますよね。
そこの欄に続柄に彼氏、彼女と書く人はなかなかいないのではないでしょうか。

大体の方は一番に肉親の名前を書きます。

会社での忌引きや有給も同じです。

もし、彼氏、彼女の身内に不幸があったとします。
急な休みで恋人の祖父が倒れたので休みますとは言っても休みづらいですよね。

奥さん、ご主人の都合で、と言われたら会社も何も言えません。
それだけ世間体が違うものです。


3.同棲はお互いの親に責任がない

同棲するときにお互いの親に挨拶に行くカップルは多いですが、そのあとも家族ぐるみでつきあったり、お互いの家族を会わせたりしますか。

ほとんどのカップルはしません。

結婚はまず結婚する前にお互いの家族の顔合わせをするのが一般的です。

そこから親戚となり付き合いが一生続くわけです。

一つの家族として独立し、付き合うわけで、お正月、お中元、お盆、お歳暮など、一年を通してそれぞれ家族同士の付き合いをしていきます。

いずれ両親が年老いたときのことを話しあったりしなくてはいけなくなります。


4.同棲は浮気する可能性が高い

同棲と結婚の違いには責任が大きく違ってきます。

同棲をしていて浮気をしても、罪に問われることはありません。
恋人が傷つき、怒ったり泣いたりして別れる可能性があるだけです。

その時はお互いの荷物をどっちが持っていくか置いていくか。
もし出て行くとしたら引越しをするので引越し料金がかかるくらいです。

しかし結婚しているとそうもいきません。

もし、パートナーが知ってしまったら、怒るだけではすみません。
損害賠償金という恐ろしいものを請求されてしまうのです。

100万~500万ほど請求されてしまうので、そうそう軽はずみにしようと思わず、思いとどまる率は高いのではないでしょうか。


5.将来への不安の大きさが違う

同棲をしている女性の方はほとんどみんなが抱えている不安。
それは「いつ結婚してくれるのかしら?」ですね。

ずっと一緒にいれて家事もしてくれる。
別にお金にも困らない。
家賃も光熱費も折半だし、食費だって折半だし、

このままでも居心地がいいし、もしかしたら結婚はまだ先でもいいかな?と男性が思っているんじゃないか、とやきもきしているのは女性です。

子供もそろそろ産みたいから落ち着きたいな。
仕事も少しセーブしたいな。
なんて考え出すと不安になる女性は多いです。

しかし結婚をしているとそんな不安はありません。

いざというときは養ってもらうことができる安心感。
もちろん自分ががんばらなくてはいけないときもあるけれど、二人で力を合わせれば、どうにかなります。

子供が欲しければ作る事もできますよね。

同棲と結婚との違いは責任感とお金の問題

同棲と結婚の違いを5つご紹介しましたが、ほとんどの内容に共通するのは責任感とお金の問題です。

同棲でお互いのことをよく知るのも大切です。
生活習慣や金銭感覚、お互いの価値観があっているか、それも結婚への第一歩であるのも事実です。

結婚はゴールではないとよく言いますが、同棲のゴールであり、新たな生活のスタートでもあります。

苦労ももちろんありますが、結婚は世間体や手当てなどよいことも大変多いものです。