エクステを長持ちさせるお手入れ方法

最終更新日:2015年2月19日

女性にとってヘアスタイルもファッションの一部ですよね。
髪をアップにさせたり色を変えるだけで雰囲気もガラッと変わりますし、その日のファッションに合わせて楽しむことができます。
しかし一度髪を短く切ってしまうと、伸びるのにはかなりの時間がかかります。
そこで人気なのがヘアエクステです。
エクステをつけるだけで簡単に髪を長くする事ができるので人気ですが、同時に自分の髪とは勝手が違い手入れが大変という声も上がっていまいす。
それでは少しでもエクステを長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか。

1.シャンプーは地毛とエクステ部分を分ける

エクステは主に人毛と人口毛の2種類があります。
人毛は人間の髪を加工したもの、そして人口毛はナイロンやファイバー等を使用していますが、その両方を合わせているものもあります。

しかしどちらにしても頭皮から直接生えている地毛とは違い、髪の毛は言わば「息をしていない」状態です。
そんなエクステを付けた髪をシャンプーする時には、いつもどおりにケアするだけでは髪が絡まりやすく、かなりパサパサになってしまう恐れがあります。

髪を洗う時に多くの人は髪の部分を中心に洗いますが、実は一番汚れているのは頭皮です。
顔と同じ様に汗をかき、皮脂が出やすい頭皮は汚れが付きやすいのです。

ですので、洗う時はエクステをしていてもしていなくても髪自体を洗うのではなく頭皮を洗う事が清潔に保つ方法です。
特にエクステをつけている髪は、まず頭皮と地毛の部分をしっかり洗いましょう。

この時下を向くと髪が絡まりやすい為、できるだけ前を向いた状態で頭皮の汚れをもみ洗いして落としましょう。
次にエクステの部分ですが、ここはあまりごしごしと洗う必要はありません。

シャンプーは体の肌の中でも特に厚い皮膚である頭皮を洗う為に洗浄力が強めであると言えます。
エクステ自体はコーティングされていてサラサラになる様にできていますので、これをごしごしと洗う事で折角のコーティングが取れてしまい、髪がぱさぱさになってしまうのです。

ですので、エクステ部分は根元の方から少しずつ洗う事が大切です。
時間がかかりますが、絡めない事と痛めない事がエクステを長持ちさせる手入れの秘訣です。

2.エクステに対してもブラッシングをする

次に大切なのはブラッシングです。
できればお風呂に入る前に一度ブラッシングをしておく事をお勧めします。

濡らす事で更に絡まりやすくなりますので、事前にブラッシングをしておく事で出来るだけ絡まりにくくする為です。
又、ブラッシングを行う時にエクステに不要な摩擦を起こさず負担をかけない様に、洗い流さないトリートメントを事前に使用する事がお勧めです。

ブラッシングはこまめにする事をお勧めしますが、特に絡まりやすいエクステは荒目のブラシでゆっくりと動かす事が大切です。
できればブラッシングをする際にはできればエクステ専用ブラシを使用しましょう。

通常のブラシでも問題はありませんが専用のものは少し粗めにできている為、絡まりやすい髪を負担なく滑らかにすることができます。
具体的な方法としてはまずは毛先を手で持って、ゆっくりブラッシングする事を心がけて下さい。

絡まった部分を引っ張ってエクステの接続部分・編み込み部分が緩む事は、エクステを長持ちさせる為には大敵ですので、絡まっている部分を無理に引っ張ったりしない様に、ブラッシングをする部分の少し上を持ちながら行って下さい。

3.熱に注意する

既にご紹介した様に、エクステは髪が息をしていない状態です。
通常の様に頭皮から出ている髪は、栄養分を摂取し自分で治癒する力がありますが、エクステ部分は一度傷んでしまうと回復する事ができません。

ですので、エクステを痛めない為にはケアする温度もとても大切です。
まず熱いお湯で髪を洗う事は、エクステのコーティングをはがしてしまいパサパサになる原因となります。

必ず少しぬるめのお湯で洗う様にしてください。
又、気をつけたいのはドライヤ―です。

人口毛の場合は繊維が熱に弱く、あまりに近づけながらドライヤーをかけると髪が焦げてしまう恐れがあります。
まず必ずタオルドライを行ってください。

この時にごしごしこするとコーティングをはがす恐れがありますので、軽くたたく様に水気を切って下さい。

そしてドライヤーをかける前に洗い流さないトリートメントを使用し、ドライヤーは冷風でかける事で、熱で髪を傷めることなく髪を乾かす事ができます。

4.眠る時は髪を結う

寝ている時は気づかない内に寝返りを繰り返す事で、髪がとても絡まりやすくなります。
ですので、眠る時にはできれば軽く結んでから就寝しましょう。
できれば緩めの三つ編みにする事で、寝返りを打っても崩れにくく又絡みにくいのでお勧めです。

少しのお手入れでエクステの寿命を延ばそう

エクステを長持ちさせる方法はお分かり頂けたでしょうか。
エクステは確かに手間がかかりますが、いつものお手入れを少しプラスするだけでずっと長持ちさせる事ができます。
正しいケアを習得して、髪のおしゃれを思いっきり楽しみましょう。