ファンデーションの上手な塗り方

最終更新日:2015年6月12日

メイクをする上で肌作りは1番重要ですよね。

ファンデーションの塗り方により顔全体のメイクの仕上がりが違ってきます。

ファンデーションにも色々と種類があり、自分の肌に合うファンデーション選びと言うのも重要になってきますよね。

リキッドファンデーション、パウダーファンデーション、クリームファンデーションなど、種類も様々です。

それではファンデーションの上手な塗り方をご紹介します。

1.下地選びとファンデーション選び

ファンデーションを塗る前にはしっかりと基礎化粧品を使ってお肌を潤わせてメイクをする前の肌作りをしておくと良いでしょう。

肌が乾燥しているとメイクのノリも悪くなってしまいます。

メイク前には化粧水を使ってしっかりと肌を保湿しておく事が大切な事です。

乾燥しているからと言って乳液を塗り過ぎるとベタついてしまったり、油分が多く出てメイクが崩れやすくなります。

もしも乳液を使う様でしたら、ティッシュで軽く押し当てて乳液を少しオフしてあげましょう。

肌作りができたら、下地を使います。

下地は日焼け止め美容乳液のメイクアップべースのものもあります。

下地を使う事によって、くすみや透明感やツヤを出す効果がありますので、ファンデーションを塗る前に顔全体に薄く伸ばして使いましょう。

下地にも種類がありますが、少し伸びの良いものを使うといいかもしれません。

色合いも自分の肌に必要な色で選ぶといいです。

それからファンデーション選びです。

下地と相性の悪いファンデーションもあります。

塗り方の問題もあったりしますが、ファンデーションを塗っても乾燥したり、肌が荒れたり赤くなったりする場合は、下地とファンデーションの相性が悪い場合があったりします。

下地とファンデーションを塗ってしっかりとお肌に馴染むものを選びましょう。


2.ファンデーションを指で塗る

ファンデーションを指で塗る効果的な塗り方です。

指で塗る場合は力加減が大事です。

力を入れ過ぎて塗ると肌に色ムラが出来てしまいます。

指で塗る時は力を入れてファンデーションを伸ばし過ぎて塗らない事です。

均等に力を入れて塗ると綺麗に仕上がります。

赤みが目立つ部分は、ファンデーションを指で叩き込む様に塗るとしっかりとカバーできます。

伸ばし過ぎると赤みがでたりせっかく塗ったファンデーションがとれてしまいますので、気になる所は叩き込みながらしっかりとファンデーションをのせていきましょう。


3.ファンデーション専用の筆を使う

指での力加減がうまく出来ない場合は、筆を使って塗ると均等にファンデーションをのせれて、なおかつ細かい目元部分にも綺麗に塗る事が出来ます。

筆を使いファンデーションをのせる部分にだけのせて、あとは指で境目が出ない様に馴染ませればうまく塗れます。

幅広い面積を塗りたい場合は少し大きめなハケを選ぶと良いでしょう。


4.スポンジを使う

ファンデーションをTゾーンを中心にポンポンと適量のせます。

スポンジを使って力をあまり入れ過ぎず馴染ませる様に伸ばしていきます。

伸ばして少し赤みが目立つ所は2で描きましたファンデーションを指で叩き込む様に塗っていくとしっかりとカバーできます。

スポンジは少し塗り過ぎたなと言う時にも使えますので、いくつか持っておくと便利です。


5.コンシーラーとファンデーション

ファンデーションではカバーしきれないシミやくすみがある場合は、ファンデーションを塗る前にコンシーラーでカバーしておきます。

コンシーラーを塗る事によりシミやくすみが綺麗に隠れます。

けれど、コンシーラーだけでカバーすると肌の色から浮いて見えて肌と馴染みません。

コンシーラーでカバーした後に全体にファンデーションを塗ります。

その時にコンシーラーを塗った場所はファンデーションとうまくなじませる事がコツです。

ここでスポンジを使って馴染ませるとしっかりと肌が作り込まれます。

コンシーラーも色選びには気をつけて使う事をオススメします。


6.パウダーファンデーション

パウダーファンデーションはリキッドファンデーションなど伸びのあるファンデーションを使った後に使います。

パフにパウダーファンデーションをとり、パフ全体になじませます。

しっかりと馴染ませましたら、顔に優しく押し当てます。

ファンデーションの油分が少し出ますのでそれを抑えてあげる様に顔全体に塗ります。

パウダーファンデーションを塗る事により肌のベタつきを抑えられ綺麗に仕上がります。

パウダーをして顔が粉っぽい感じになりましたら、ブラシで少し落としてあげましょう。

粉っぽさがなくなりしっかりと肌全体にファンデーションが馴染んでいきます。

ファンデーションを均等に塗ることを意識しよう

ファンデーションの塗り方は使用するファンデーションで塗り方に変化してきます。

1番の効果的な塗り方はファンデーションを均等に塗る事が大事です。

カバーしたい所は少し厚塗りになってしまっても大丈夫ですが、それ以外の場所は元の綺麗な肌を生かしてべースを作っていきましょう。