ガツガツとくる男性が怖い時の対処法5つ

最終更新日:2016年5月18日

男性と接点があまりなかった人や、男性と話すことが上手くできない人は、ガツガツくる男性に怖いと感じてしまうことがあるでしょう。

ガツガツくる男性を怖いと感じた時、どう対処することで回避できるのでしょうか。

1.ガツガツ来られることが苦手だと伝える

あまりにもガツガツとくる男性で、鈍感なタイプであれば、直接一言伝えておくことが良いでしょう。

「あまりガツガツ来られるの好きじゃないんだよね」や「ガツガツ感が怖い」など、冗談交じりで相手に伝える。

もしその男性があなたに興味があったり、好意を抱いているのであれば、その言葉を真摯に受け止めて、自分の言動を改めることを期待出来ます。

また鈍感なタイプの人であれば、自分の言動がガツガツしているタイプであることが分かっていない場合もあります。

忠告するという意味でも、相手に伝えておくことで、自分との距離感を保ってもらえるようにその人に改善してもらいましょう。

自分の言動はガツガツしているんだとその時気付けば、少なからずあなたに対してガツガツくることは減るでしょう。


2.信頼できる男友達に間に入ってもらう

例え自分に彼氏がいない状況であっても、もし頼れる男友達がいるならば、その人に間に入ってもらうことも出来ます。

「友達なんだ」と他の男性が間に入ることだけでも、相手の男性は委縮します。

またそこで「どういった関係なんだろう」と相手に疑問を感じされることで、男は自分だけではないんだという意識を持たせることが出来ます。

この女性には男友達がいる、何かあるたびに男友達が出てくると意識を植え付けることで、ガツガツした態度を取ってくることが減るはずです。

その男性と会う時や話す時、男友達が一緒に居られる状況であれば、自分が困っていることを相談し、一緒に居てもらうことを協力してもらいましょう。

一緒にいる時間が長かったり、話す時にいつもその男友達がいると察すれば、ガツガツくることもなくなります。

協力してくれそうな男性がいる場合には、少しの期間だけでも一緒に居てもらえるように頼んでみましょう。


3.ハッキリ言える女友達に一緒にいてもらう

男友達がいない場合、ハッキリと意見を言えるような女友達でも効果的でしょう。

ガツガツした態度を取られた場合に「今の態度辞めなよ」とか「怖がってるじゃん」と友達に言ってもらうことで、自分の気持ちを伝えてもらうことが出来ます。

ガツガツくる男性が怖いと思う女性の多くは、自分の意見をハッキリと言えない人であったり、怖いと思うことでビクビクしてしまい、なかなか距離を取ることが出来ずにいます。

こうした状況が続いてしまうと、ガツガツした男性はもっと度を増してくる可能性があります。

誰に対してもハッキリと言える人であったり、自分のことを分かってくれる親友などに頼み、一緒に居てもらって安心できる環境を作ります。

いざという時に、友達が代わりに言ってくれると思えるだけで、怖さを減らすことが出来るでしょう。


4.話だけは聞くようにしてみる

ガツガツ来られるのが怖いからと、話自体を聞かずに離れようとすると、かえって恐怖心は消えません。

ガツガツしながらも実は伝えたい用件があったり、そのガツガツ感が生まれ持ったものであったりと、何かしら理由があることも考えられます。

怖いという気持ちを持っていても、一度相手の話に耳を傾けるということも一つの対処法。

中には話を聞いてくれないからガツガツしてしまうという男性もいるのです。

何を伝えようとしているのか、どうしてガツガツした態度を取っているのか、きちんと話だけでも聞いてあげることで、相手が納得するケースもあります。

何かを伝えようとしている時、何かを訴えている時には、怖いという感情だけで逃げるのではなく、一度すべて聞いてあげる姿勢も大切です。


5.「彼氏がいる」と言う

実際に彼氏がいなくても「彼氏がいる」というだけで、ガツガツくる男性を退治することが出来ます。

もしあなた自身がその人に興味がなく、不快に感じるまでの相手であれば「彼氏がいる」と伝えてみましょう。

男性は、女性に特定の彼氏がいると分かった時点で、距離を置いたり、離れなきゃいけないという気持ちが働き、それ以上のことはしてこない人が多いです。

ガツガツとくる間だけは、いなくても彼氏がいる設定で対応することで、自分との距離をはかってくれるようになるでしょう。

彼氏がいない、好きな男性がいないと思い込んでいる男性に限って、ガツガツと女性にくるタイプの人もいます。

早い段階で相手に伝えておくことで、意外とあっさり距離が生まれるかもしれません。

ガツガツとくる男性の怖さに対処しよう

ガツガツとくる男性に免疫がなかったり、男性と関わること自体免疫がない女性の場合、そのガツガツさに怖さすら感じてしまいます。

ガツガツと来られて困っている場合や、ハッキリ言えない場合には、第三者の手を借りることも悪いことではありません。

相談してみて、協力してもらえそうであれば、早い段階で対処しておくようにしましょう。

また距離を置きたい、接したくないと思う場合には、彼氏がいるなどの嘘をつくことも必要となるでしょう。