彼氏の言うことを信用する方法5つ。お互いに信頼し合える関係を築こう

恋愛最終更新日:2019年6月19日

彼氏を信用したいと思っても疑う気持ちが浮かんでくる日もありますよね。

彼氏の言っていることを信用するにはどうしたら良いのでしょうか。

もしもそのような気持ちになった時に、彼氏の言うことを信用するための方法をご紹介します。

1.状況を論理的に把握する

彼氏の言っていることに対して不安が湧いてきたら、その不安を取り除くためにもまずは彼氏の周りの状況をよく見てみることが有効な対処法です。

彼氏の態度や行動をしっかりと観察しましょう。

観察をせずにあなたの思い込みだけで判断してしまわないように意識します。

例えば彼氏から「週末は仕事だから会えない」と言われたとします。

もしそんな風に彼氏から言われたら、最近の彼氏の状況をよく観察してみることから始めてみてください。

「最近は彼氏が忙しそうか」

「疲れていないか」

そんなふうに彼氏の様子をよく見てみることで、その発言が本当かどうかが分かってくるでしょう。

本当に仕事が忙しそうで平日も残業続きだったり、バタバタとせわしなく仕事に追われているのであれば、彼氏が言った「週末は仕事だから会えない」という言葉も信用することができます。

彼氏の言うことを信用するためには、そういった状況をよく見ることが、冷静な判断をする上での最も大切な材料となります。

男性は言葉ではウソはつけますが、行動ではウソはなかなかつけないという風に言われています。

彼氏の言葉よりもまずは行動をよく観察して、言葉の真偽のほどを判断します。

2.腹をくくってとにかく彼を信用してみる

彼氏の言うことが信用できないとなると、それは二人の関係があまりよくないということでもあります。

お互い好きで付き合っていても、その相手の発言を信じられないなら、そこには信頼関係というものがあるとは言いがたいのです。

そんな彼氏ならば、今は仲良く付き合っていても長続きすることはありません。

あなたが彼氏との結婚を考えている場合には、未来のない不毛な関係とも言わざるを得なくなってきます。

あなたにとっては酷な言い方になってしまうかもしれませんが、場合によってはそんな彼氏ならば必要ないかもしれないとも言えてしまいますね。

二人の関係性をより良いものにしたいのであれば、彼氏の言うことを、腹をくくってともかく一度信用してみることが大切です。

その上であなたの信頼を彼氏が裏切るようであれば、彼氏との仲も一度考え直しましょう。

「私は彼氏を信じる」と腹をくくって、実際に彼氏を心から信用してみましょう。

それでもし彼氏が発言と違うことをしたとしたら、今度は違う意味で腹をくくって、別れを切り出してもいいでしょう。

そうすることで、あなた自身が彼氏に対して真正面から向き合うことができるようになります。

あなた自身が彼氏に対してしっかりと向き合うことができれば、きっと彼氏の言うことも信用することができるようになります。

また、あなたの彼氏も彼女であるあなたの微妙な決意を感じ取って、信用に値しない発言は控えるようになるかもしれないでしょう。

まずは「彼氏を信用する」と心の中で決心してみましょう。

そしてそれがダメだったら二人の関係を見直すという方法をとることで、彼の言うことを信用する気になることができます。

3.彼氏に「あなたを信用している」と伝える

彼氏の言うことを信用するための方法として、彼氏に「私はあなたを信用しているよ」ということをはっきりと伝えてみるという方法もあります。

人間は信用されると、その信用を裏切らないようにしたいと考えるものです。

その心の動きを上手に利用して、彼氏に信用できる発言のみをさせるようにします。

例えば彼氏が友人に合コンに誘われていたというのが分かっても、もし彼氏が「行かないよ」と言ったとしたら、その発言を信じていると彼氏に伝えましょう。

「あなたは嘘をつくような人ではないから、信用しているよ」といったように、相手を肯定しつつ信用をしているということを彼氏に対して伝えるのです。

彼氏はそんなあなたの言葉を聞いて、その信用を裏切らないようにするでしょう。

たまたま今回はすでに「行く」と言ってしまったため参加するかもしれません。

しかし次に同じようなことがあった時には、あなたの信用にこたえるためにも断るようになるはずです。

あなたが彼氏を信用しているということをはっきり伝えることで、彼氏はそのあなたからの信用にこたえようとします。

そうなればあなたも彼氏の言うことを心の底から信用することができるようになるでしょう。

4.もしも彼氏がウソをついたらペナルティーを設けるようにする

もしもあなたの彼氏が日ごろからウソを平気でつくようなタイプの男性である場合には、今まで見てきたような対処法ではあまり効果がないかもしれません。

こういったタイプの男性には、たまにはバツを与えるということも大切になってきます。

もしも彼氏がウソをついた場合には、こう言いましょう。

「もし今度またウソをついたらペナルティーを与えるからね」

そうして、もしまた彼氏がウソをついたら大きめのペナルティーを与えるのです。

ちょっとしたバツやゲーム感覚のペナルティーではダメです。

そのようなものはこういったタイプの男性には、ほとんど効き目がありません。

例えば「ウソをついたら罰金1,000円を徴収する」だったり「ウソをついたら2週間は会わない」だったり、彼氏にとってある程度大きめのダメージになるようなペナルティーにしましょう。

こういったペナルティーをその都度与えていれば、彼氏がウソをつくようなことも少なくなってくるでしょう。

彼氏もあなたからいちいちペナルティーを与えられていては、ウソもつきにくくなります。

これを繰り返していけば、彼氏のウソも減っていきますので、必然的に彼氏の発言に対して少しずつ信頼がおけるようになってくるはずです。

5.あなたも彼氏から信頼されるような行動をとるようにする

相手を変えたいと思うのであれば、相手に対してアクションをおこすことも大切です。

しかしながら、それよりももっと大切になってくるのは、自分自身の行動を振り返るということです。

「人のふり見て我がふりなおせ」ということわざもあるように、まずは自分自身が彼氏から信用されているのかどうかを考えてみましょう。

あなたは、彼氏を心配させるような行動をとってはいないでしょうか?

彼氏に不信感を抱かせるような発言を繰り返したりはしていないでしょうか?

もう一度自分の胸に手を当てて、考えてみてください。

もしもあなたに直すべき点があった場合には、まずは自分自身の悪い部分を直しましょう。

そして、彼氏から信頼してもらえる女性になります。

そうすれば、きっと彼氏もあなたが信頼できるような男性に変わってくれるはずですよ。

お互い信用して良い関係を築けるようになろう

彼氏の言うことを信用するための5つの方法についてご紹介しました。

彼氏の事を信用できない状況は辛いものですよね。

お互い信用し合える素敵な関係を築いて、良い恋愛を続けていけたらいいですね。

 

    「彼氏の言うことを信用する方法5つ。お互いに信頼し合える関係を築こう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く