一人暮らし女性のゴキブリ撃退方法

最終更新日:2016年2月23日

一人暮らしをしているとどうしても出てきてしまうゴキブリ。

すばしっこくて何だか気持ち悪いという女性も多いのではないでしょうか。

今回はそんなゴキブリを一人暮らしの女性が撃退する方法をご紹介します。

1.部屋にゴミを放置しない

ゴキブリはエサを求めて集まってきます。

ゴキブリは基本的に雑食で、人間の食べるものは何でも食べます。

その他に髪の毛やホコリなどもエサにしてしまいます。

その上嗅覚もすぐれているので、食べ物があればすぐに集まってきます。

ですので、食事やお菓子の食べ残しや生ゴミは放置せずすぐに片付けましょう。

そして床も豆に掃除機をかけるなどして部屋を清潔に保ちましょう。

エサを作らないことで、ゴキブリの寄ってこない部屋を作りましょう。


2.ハーブを活用して撃退

ゴキブリは、ハーブなどの強い臭いや、柑橘系の匂いが苦手です。

ですのでレモン・ミカンといった柑橘系フルーツの皮を部屋の隅に置いたり、ハーブやハーブが配合されたオイルを染み込ませたコットンなどを部屋に置いておきましょう。

柑橘系のアロマをたくのも効果的です。

女性にとっては良い匂いですので、ハーブなどで部屋を良い匂いにしながらゴキブリが近寄りにくい部屋を作ることが出来ます。

ただし甘いにおいのするハーブの場合は逆に、ゴキブリを呼びよせてしまうため、注意が必要です。


3.ゴキブリの侵入口を無くす

ゴキブリが外から室内に侵入するのは、主に家の隙間から侵入してきます。

例としてお風呂場やキッチンの排水口。

配水管を通って侵入してきます。

ですので、排水口に丈夫なネットなどを取り付け、侵入を防ぎましょう。

キッチン用などで売っているもので大丈夫ですので、女性でも簡単に取り付けられます。

とにかく部屋の隙間を無くすことで、ゴキブリの侵入を食い止めましょう。


4.部屋を涼しく、乾燥させる

ゴキブリは寒さに弱く、暖かく湿度の高い場所を好みます。

寒い場所では、産卵や成長が出来ないのです。

特に冬場は、外は寒いので暖房の効いた暖かい室内に入り込んできます。

ですので冬場でも、こまめに換気を行い部屋に涼しい空気を入れるように心がけましょう。

換気することで部屋の湿度も下がるので効果的です。

いくら寒くても、暖かい部屋でゴキブリと同居するよりはよっぽど良いはずです。


5.食器用洗剤で退治

ゴキブリの体は油分が非常に多いので、油を落とす成分の多い食器用洗剤をかけると速効で動きを止めることが出来ます。

動き回るゴキブリほど嫌な物はありませんから、見つけたら即座に洗剤をかけてしまいましょう。

直接かけられなくても、ゴキブリが通る道に洗剤を垂らしておけば次第に動きが鈍っていくので、弱ったところに直接かけてしまえばすぐ撃退出来ます。

ゴキブリが死んだことを確認したら、ティッシュを上から被せて新聞紙などで丸め取ってしまいましょう。


6.掃除機で吸いとってしまう

これは殺虫剤などで直接退治する勇気がない女性のための最終手段です。

吸いとってしまえば、動き回るゴキブリを見なくて良いし、退治したゴキブリの死体を処理する手間も省けます。

しかしあくまで生きたままゴキブリを吸ってしまうので、吸い取った後はすぐに掃除機のゴミパックを交換しましょう。

ゴミパックはビニール袋などでしっかり閉じて、すぐにゴミに出してしまいましょう。

吸ったままにしてしまうと、そのまま死んでしまう場合もありますが、掃除機の吸い取り口を通ってまた舞い戻ってきてしまう場合もあります。


7.死体処理にはガムテープを活用

退治したあとのゴキブリをティッシュなどで取るのも女性にとっては辛いものです。

そんなとき使えるのがガムテープ。

死体の上からガムテープを乗せ、死体をくっ付けてしまいます。

ガムテープは厚みがあるので、そこまでゴキブリを感じずにゴミ袋へ運ぶことが出来ます。

さらにゴキブリは、まれに死んだふりをしている事があるので、そんなゴキブリもガムテープにくっ付けてさらにティッシュや広告などで丸めてしまえば、復活してくることもなくなるでしょう。


8.ドライヤーの熱風で退治

意外に効果があるのがドライヤー。

ドライヤーの熱風を吹きかけることで、熱ですぐに死んでしまいます。

暖かい場所を好むゴキブリですが、さすがに高温では生きていられないです。

同じ要領で熱湯をかけるという方法もありますが、後始末が大変なのと自分も火傷してしまう危険があるので、ドライヤーの方が使い勝手が良いです。

少し強めのドライヤーなら死んだゴキブリをそのまま窓の外へ吹き飛ばしてしまうことも可能です。

触るのも嫌という方には良い方法です。

ゴキブリを棲みつかせない家にしよう

女性の一人暮らしで、最大の恐怖がゴキブリだと思います。

まずはゴキブリが棲みつかない家作りをしっかり行いましょう。

それでも現れてしまったときにパニックにならないために、撃退法や処理の方法をしっかり覚えておきましょう。

いくら嫌いでも、そのまま逃がしてしまった方が後の恐怖が大きいです。

まずはしっかりとゴキブリ対策を行い、しっかりと準備をして、ゴキブリに負けない強い女性になりましょう。