男性と話す女性

男ウケする女性の話し方のポイント4つ。好印象を与える秘訣を紹介

最終更新日:2014年10月4日

合コンや婚活パーティなどで男性と知り合いになるときや
職場や学校で男性と仲良くなりたいとき、
男性に好印象を与える話し方を身につけておきたいですね。

今回は「男性に好印象を与えるポイント」についてご紹介します。


男性と話す女性

1.相槌だけでなく、自分の意見をつける

男性と会話するとき、受け身になり過ぎていませんか?

「うん」や「そうだね」だけでは、男性は「自分の話に興味がないんだな」と感じてしまいます。

男性が話していることに対して、貴女なりの意見を述べてみましょう。
ちゃんと自分の話を聞いて興味を持ってくれているということが男性としては嬉しいのです。

ただ、できるだけ否定的な意見は避けておくのが無難です。

2.自分を下げ過ぎないで話す

これも女性がよくやってしまいがちなパターンです。

謙遜のつもりで「私なんて○○ですよ」とか「私なんかが○○するなんて無理です」とか言ってしまっていませんか?
実はこれ、NGです。

なぜかと言うとこれを言われた男性は「そんなことないよ」とか「大丈夫だよ」と言って貴女をフォローしなければならなくなります。

すると男性は「めんどくさいな」という気持ちになってしまうのです。
相手を立てるために自分を下げる、ということはある程度必要ですがやり過ぎに注意しましょう。

3.他の人の文句や愚痴を言わない

女子同士ではよく愚痴を言い合ったりしますが、男性にその習慣はありません。

女子とのおしゃべりのテンションのまま、誰かの文句を言ったりするのはNGです。
男性から見ると「とても攻撃的な人」に見えてしまいます。特に男性が嫌うのは「出口のない相談」、つまり「愚痴」です。

「解決しないことをダラダラしゃべっても時間の無駄だ」と男性は感じます。
愚痴を聞くことをストレスに感じる男性も多いので気を付けましょう。

愚痴でなく、相手に解決策を聞き出したいときの「相談」はどんどんしてみてください。
男性は貴女から頼られている、信頼されていると感じることができるはずです。

4.相手の趣味を理解する姿勢を見せて話す

自分の好きなものに関しておしゃべりできる相手がいるとうれしいですよね。
これは男性も同じです。

特に女性が好まないような趣味を持っている男性ほど、「自分の趣味について語ることのできる女性」に魅力を感じる傾向があります。

普段のお喋りから男性の趣味について聞き出しておき勉強しておきましょう。
貴女がそれについて好きになることができれば相手の男性も喜んでくれること間違いなしです。
どうしても趣味が合わない場合は話題に出さないでおきましょう。

ちゃんと男性の話を聞くことが話し方の大切なポイント

貴女はどのくらい実践できていましたか?
好印象を与えるために必要なことは、ちゃんと男性の話を興味を持って聞くことです。

色々と情報を聞き出して、今回のことを実践してみてくださいね。