部屋をキレイに片付ける方法6つ。部屋をキレイにしよう

最終更新日:2016年2月23日

ついつい部屋を汚くしてしまう、片づけが苦手な女性もいるでしょう。

毎日キレイで快適なお部屋で過ごすために、片付け方を学びましょう。

きっと友達や彼氏を招きたくなるお部屋が完成するはずです。

1.物を捨てることをためらわない

お部屋をキレイに片付けるためには、物を取って置いたり、ごみを捨てなかったりするといつになっても片付けることはできません。

例えば、空き箱などをいつか使うかも、と取っておく人がいますが、3か月以上使い道が見つかっていない場合は、捨ててしまいましょう。

他にも読み終わった雑誌や買ったけれど一度も着ていない服は、リサイクルショップに持っていくなどして処分をします。

すごく部屋が汚い状態であれば「1週間にゴミ袋2つ分のゴミを出す」などゴミの量を目標にし、物を捨てることをためらわないようにしましょう。

部屋の物の量を大幅に減らすだけでも、部屋はすっきりして見える様になります。


2.一か所ずつキレイにしていく

リビング、寝室、お風呂場など複数のスペースを一度に片付け始めると、結局終わらないうちに1日が終わってしまいます。

複数のスペースを同時に片付けるのではなく、一か所ずつキレイにしていくことが、部屋をキレイに片付けるポイントです。

台所を片付けるとしたら、棚を一段ずつ片付けましょう。

時間が1時間しかなかったら、必ず1時間で終わる場所を片付ける様にするのです。

時間に余裕を持って片付けられれば、丁寧に着実に片付けることができます。

片付けてしっかり終わらせることができれば、確実に達成感も得られるので、次回別の所を片付ける時へのモチベーションも失わずに済みます。


3.床には物を置かない

普段、床に物を置く癖があると、部屋は片付きません。

例えば、お風呂場で服を脱いだら、床に服を置かないで、洗濯機に入れるなどしましょう。

他にも、部屋のマットの上に、読んだ本やテレビのリモコンを置いたままにしないようにしましょう。

後で片付けないといけないものは、一度床に置いてしまうと、面倒くさくなって、片付けるのを先延ばしがちになってしまいます。

床に物を置かなければ、掃除機をかけるときにも、すぐにかけられるし、足の踏み場もできます。

キレイな部屋を保つために、まずは床に物を置かないことから始めましょう。


4.収納位置を決める

部屋が片付けられない女性の多くは、自分の持っている物の収納位置が決まっていない事が多いのです。

そうすると、使うたびに置き場所が変わってしまい、結局汚くなってしまいます。

とくに本が台所にあったり、寝室に会社で使う物があったり、関係ない物を置いておくと、部屋が汚くなりやすくなります。

物は使う場所の近くに収納します。

また収納位置をしっかり決めることで、毎回戻す場所がはっきりしているので、使うたびに片付けるけることができます。

まず収納位置を決めることから始めましょう。

一度収納したら、使って戻すときは同じ場所に戻すようにしましょう。

そうすればどんどん部屋にキレイになります。


5.毎日片付ける

部屋をキレイに片付けるためには、毎日片づけをする、というのも大切です。

普段仕事や子育てで忙しいと思いますが、それでも毎日片づけをすることが大切です。

例えば、朝30分だけ片づけをしたり、夜テレビをつけながらリビングを片付けたり、毎日少しずつ行いましょう。

また食器の洗いものや洗濯物はためずに、早めにキレイにしていくことも大切です。

アイロンをかける必要のある衣服も、ためるのはやめましょう。

そうすれば週末にまとめて片づけをする必要はありません。

週末は、普段まったく掃除をしない、電子レンジの中や換気扇などを片付けるようにすれば、どんどん部屋がキレイになります。


6.片付くまでは新しい物を買わない

買い物が好きで、ついつい外出するたびに買い物をしてしまう女性はいるでしょう。

けれど片づけが終わる前に、新しい物を買ってしまうと、いつになっても部屋がキレイになりません。

片付くまでは新しい物を買わないようにしましょう。

片付けた時に、使わないものは、知り合いにあげたり、処分したり、持ち物を減らしましょう。

どうしても新しいものを買いたいときは、置くスペースができてから買うようにするのです。

そうすれば、部屋が汚くなってしまうことも防ぐことができます。

キレイな部屋をキープして、好きなものに囲まれた部屋で過ごせるようにしましょう。

いつもよりも快適に過ごせるようになるはずです。

部屋をキレイに片付けよう

お部屋をキレイに片付ける方法は、まず不要な物は処分することから始めましょう。

また物を収納する場所をしっかり決め、床に物を置かない事も大切です。

新しい物を買いすぎないよう注意も必要です。

それからできるだけ毎日、少しずつ片づけをするように心がけましょう。

しっかり片付け、キレイな部屋で毎日を快適に過ごしましょう。