食洗機がカビ臭い時に臭いを取り除く方法

最終更新日:2016年2月23日

食洗機からする嫌なにおい、カビのにおいがして「ひょっとしてカビだらけの食洗機で毎日食器を洗ってる…?」と不安になりますよね。

お箸などの食器ににおいや小さなカビやその胞子がついてしまった…と考えるだけで恐ろしいですね。

そこで「食洗機がカビ臭いときに、その臭いを取る方法」をご紹介します。

1.庫内用洗剤で洗浄する

食洗機の中から安全にカビの臭いを取るもっとも確実な方法はお使いの食洗機にあった市販の食洗機用の洗剤を使い、庫内を洗浄することです。

庫内を洗浄することで、臭いのもととなっているカビやぬめりを除去することができるでしょう。

お使いの食洗機に合った食洗機用洗剤をドラッグストアやホームセンターなどで入手して使用することで、安全に洗浄と同時に消臭もすることができるようです。

カビとりスプレーや漂白剤などの方法もネットなどでよく見かけますよね。

けれどその情報が正しいのかどうかわからないし自分の家の食洗機に合うか心配になりますよね。

食洗機は備え付けのものや大型のものなど消して安いものではありません。

万が一のことがあっては大変ですし、「やってみても臭いがとれない」とお金や時間を無駄にしたくない方は食洗機を洗浄するための専用の洗剤を使用することをオススメします。


2.キッチン用アルコールスプレーで拭く

お肉を切った包丁やまな板などに使用するアルコールスプレーを使用します。

キッチン用のアルコールスプレーで庫内を拭くと抗菌・速乾作用のあるアルコールによってカビの増殖を防ぐことができます。

またアルコールのさわやかな香りがカビくさい臭いを除去してくれます。

アルコールですので残留して人体に有害ではありませんし、なにより速乾性があるのでじめじめしてまたカビが生えるのを防ぐこともできます。

残菜フィルターなどを水で流し掃除したあとにアルコールスプレーで消毒をし乾燥させることで、カビやぬめりを予防しましょう。

また、庫内洗浄では届きにくい部分やゴムパッキンなどの殺菌・消毒はこのアルコールスプレーでおこなうことができます。

スプレーするだけですのでとてもかんたんですのでオススメです。


3.カビが生えている場所を探してカビとりスプレーで拭く

カビの臭いがするということはどこかにカビが生えているということ。

臭いの原因となるカビを除去しましょう。

ゴムパッキンや残菜フィルターなどにカビが生えていたら、カビとりスプレーなどでカビを除去しましょう。

その後はしっかりと空洗浄を行います。

この時洗剤は使用しないで水のみで空洗浄を行いましょう。

カビとりスプレーは残留しては有害ですので残留しないように注意すること。

一度カビを除去しカビ臭さがなくなればOKです。

その後はカビが生えないようにこまめにお手入れをし、使用後は水きり皿代わりにせずに、ふたを開けて乾燥をし庫内をじめじめさせないようにしましょう。

乾燥コースをつかったあとも蒸気で湿気が残る可能性があるため注意しましょう。


4.クエン酸で洗浄する

食器用洗剤より安く買えるクエン酸。

クエン酸を入れて空洗浄すると水垢や赤カビまですっきり落ちるそうです。

クエン酸には消臭効果・抗菌効果があるので、庫内の洗浄とともに嫌な臭いを除去できるでしょう。

クエン酸は食洗機用洗剤に比べるとかなり安価です。

ですから月に2~3度お手入れをするとなると家計にやさしいですね。

また、クエン酸はかんきつ類などから抽出されるものが多く食物由来なのは、添加物などを気にする方にとっては強い味方。

食器用洗剤と同じような効果があって、安価で安全なクエン酸はかなりオススメです。

ただしクエン酸は食物由来とはいえ酸が強いためにしっかりとすすぎを行う必要があるようです。

一度利用してみてはいかがでしょうか。


5.酵素系漂白剤で洗浄する

カビ臭い臭いを取るために漂白剤を使うといった話はよく聞きますが、漂白剤というと連想するのがあの「塩素」の臭い。

プールのような臭いは食洗機に使うのはいや…、という意見は多いかと思います。

そこでこの「酵素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」がオススメです。

漂白剤でありながら「塩素」ではないためにあの特有な臭いはしません。

もちろん除菌・消臭効果はきちんとあり、水に分解するので環境にも優しいです。

洗濯機などのカビ臭さや衣類や食器などの漂白などにも使用できるため、じめじめした季節のお掃除に大活躍するはずです。

常備しておいて損はないでしょう。

食洗機の庫内の汚れやカビを取り除こう

クエン酸やアルコールスプレーといった意外と身近なものや安価なもので食洗機の洗浄・臭い取りができますね。

しかし、もっとも大事なのは汚れを見逃さずカビを繁殖させないこと。

正しい使い方とこまめなお手入れでカビの繁殖を予防することができます。

家事の手助けをしてくれる大切な味方と上手に付き合っていきましょう。