左利きな彼氏の特徴とは

最終更新日:2017年4月25日

左利きの人の多くは生活に不便さを感じており、右利き用の物に上手く適応して生活しています。

もしも彼氏が左利きだと、右利きの人と付き合う時にはない不便さを感じることがあります。

そこで左利きの彼氏の特徴や上手く付き合っていくためのポイントについてご紹介します。

1.立ち位置は常に右側にする

左利きの彼氏と上手く付き合うポイントとしては、普段から立ち位置を決めておくようにしましょう。

右利きの人は当然右手を多用しますし、左利きの人は左手を使う場面が多くなります。

普段何気ない時に物をつかもうとすれば、無意識のうちに利き腕を動かして取るはずですし、とっさの時もつい利き腕の方を動かしてしまうことが多いでしょう。

利き腕が違う人のことはあまり理解できませんが、利き腕の方を多用することは分かります。

立ち位置をお互いの利き腕が当たらないようにすれば、どんな時もスムーズに対応することができるでしょう。

そのため左利きの彼氏と付き合う時は、常に彼の右側に立つようにしましょう。

お互い利き腕を使うことができるので、二人にとってもしっくりくる立ち位置になるはずです。

付き合うとお互いの立ち位置が自然と決まっていきますが、左利きの彼氏の場合は右側に立つように意識しましょう。

2.日常の中で彼のために率先して行動する

日常の中にある物の多くは、右利き用の人が使いやすいようにできています。

そのため右利きの人には分からない不便さを、左利きの人は感じているでしょう。

左利きの彼氏と付き合うなら左利きの苦労を理解してあげて、できるだけ日常の中で率先して行動してあげるようにしましょう。

物が置いてあっても右手で取りやすくなっていたり、駅の改札も右手で操作しやすくなっています。

日常の中にある物は右利きの人が利用しやすいようになっているので、ちょっとしたことでもさり気なく手伝うことで、左利きの彼氏と上手く付き合うことができるでしょう。

外に出ると公共の物もすべて右利きの人が利用しやすいようになっているので、ちょっとした気遣いが嬉しく思います。

3.左専用の物があればプレゼントする

左利きの彼氏と上手く付き合うポイントとしては、できるだけ彼が使いやすいようなものがあればプレゼントしてあげましょう。

世の中にある物の多くは右利き用の人を対象に作られているので、左利きの人は何かと不便を感じることが多いです。

しかし左利きの人も少しずつ増えてきていることもあり、左利き専用の商品も販売されるようになりました。

ほんのちょっとしたことでも左利きの人にとっては不便なので、左利き専用の物があれば嬉しく思ってくれるはずです。

ネジ巻き時計なども左利き専用の物があればネジもまきやすいですし、ボールペンや万年質も左利き用の物が売られています。

右利きの人には理解できないことでも、左利きの人にとってはとても助かることも多いです。

左利き専用の物があれば積極的にプレゼントしてあげましょう。

4.座る時は位置や距離を気にする

左利きの彼氏と上手く付き合うポイントとしては、立ち位置同様に座る位置も気にする必要があります。

座っている時は気軽に動けないので、座る位置を間違えてしまうと何度もお互いのヒジが当たってしまいます。

食事をする時に向かい合っている時は良いのですが、隣同士で座る時は彼氏の右側に座るようにしましょう。

食事の時に間違って左側に座ってしまうと、ヒジが当たるので食事も気軽に食べることはできないでしょう。

お互いに距離があるからといっても、普段と逆側に座ってしまうと距離感がつかめなくなってしまいます。

すると思わぬ時にヒジが当たってしまうので、座る時には初めから左利きの彼氏の場合には右側に座るようにしましょう。

5.左利きは適応能力が優れている

左利きの彼氏の特徴としては、基本的には適応能力が優れていると言えます。

物心ついた時から左利きで生活して入れば、右利き用の物にも適応する力が自然と身についていきます。

適応しなければ日常生活の中でも不便なことが多いので、右利き用の物にも適応できるように工夫することを考えて行動するようになります。

世の中すべてが右利き用でできているものばかりなので、自然と適応力は身についていきますが、不便なのには変わりありません。

彼女としては彼が適応していると思っても、さり気なくフォローしてあげることによって、お互いが気持ちよく付き合うことができます。

左利きの人が適応できると言っても、右利きの人に比べれば不便なことも多いので、付き合う時には彼氏のためにフォローしてあげることを考えておくことが大切です。

左利きな彼氏の特徴を知ろう

右利きの人には分からない不便さを左利きの人が感じているので、できるだけ左利きの人に配慮することが大切です。

特に彼氏が左利きの場合には、立ち位置から扱う物まで気を配ることによって、スムーズな付き合いをすることもできます。

左利きの人に配慮して気づいたら率先してフォローしてあげましょう。