虚言癖がある彼氏の特徴や理由

最終更新日:2017年4月10日

虚言癖がある彼氏だと知ったら、何をどう信じて良いのか分からなくなり、その後関係を続けることも難しくなってしまうこともありますよね。

もしかしたらあなたの彼氏が、今は知らないだけで虚言癖彼氏だとしたら、どこかで見抜く必要があります。

虚言癖彼氏に共通して見られる特徴とは一体、どんな特徴なのでしょうか。

1.嘘を嘘で埋めるため、自分でも分からなくなる

虚言癖彼氏は、嘘をつくこと、想像の中で話すことを日常的に繰り返します。

滅多に会わないような関係、連絡を取らない関係であれば、虚言癖ある男性だと見抜かれるのにも時間がかかりますが、彼女にはそうもいかなくなる状況があります。

一緒にいる時間が長い、回数が多いことで、虚言癖がばれてしまうこともあり、それを恐れて嘘を嘘で固め、自分でもどれが本当か分からなくなってしまいます。

彼女に「こうなんだよね」と話したところ「あれ?この間は○○って言ってたよね?」と言われて、その言い訳としてまた嘘をつく。

この流れを何度も繰り返すことで、本来つこうとしていた嘘がどれで、どこまで言ったかも分からなくなってしまいます。

頻繁に会うことがある彼女が記憶力に優れていれば尚更なこと。

終いには、自分でもどこからが嘘か把握できなくなり、対処しきれない状況になることも多いのです。

2.良く見せたい

自分を良く見せようとするがために虚言癖彼氏になっている可能性も多いです。

特に彼女に対しては、好きな気持ちがあり、ずっと魅力を感じていてもらいたいという思いがあるために、虚言癖彼氏となってしまいます。

見栄やプライドが高いことが根本的な原因ですが、彼女に嫌われたくない、好きでいてもらいたいという不安が虚言癖彼氏のスタートであることもあります。

よくあるのが、付き合いの浅い彼女に対して「高級車を所有している」「多趣味である」「交友関係が広い」といった見栄からくる虚言。

そう言うことで、彼女から「すごい」「知らないことがたくさんある」「色んな人から求められているんだ」と思われ、彼女の興味を惹くことができると考えてしまうのでしょう。

ただ、付き合いを続けていくうちに、証拠の無いこうした発言に、違和感を覚える女性も多いものです。

「いつになったら高級車に乗せてくれるんだろう」「趣味が多い割りに部屋が殺風景」など、違和感を抱きはじめ見抜かれてしまうケースは多々あり、交際が長続きしないといった問題もあります。

3.注目を浴びたい

人一倍目立ちたいタイプ、あるいはかまって欲しいと感じている男性も、虚言癖彼氏へとなりやすいです。

交際して初めのうちは、彼女も彼氏に興味深々。

何も言わなくても一緒にいるだけで見てくれていたかもしれません。

しかし時間と共にその気持ちは薄れてしまい、だんだんと彼女は他の男性や友人を見る余裕が出てきてしまいます。

目移りしている訳ではないとしても、自分を見ずに他の人を見られてしまうのは、注目を浴びたいと思っている男性にとって、嬉しくはない状況ですよね。

そこで嘘をつくことで、彼女の注目を惹き、自分だけを見てもらおうとしています。

例えば忙しく会えない彼女に対して「体調が悪いから看病して」「薬買ってきて」とお願いするのも虚言の一つ。

心配させることで、それ以外のことに集中できなくさせて、自分に意識を向けてもらいたいという願いが隠れています。

男性版かまってちゃんとも言える人は、虚言癖彼氏の特徴の一つ。

十分な愛情を注がれないと、安心できず、その嘘がどんどんとエスカレートしていくのです。

4.知られたくない秘密を持っている

彼女であっても、これだけは知られたくないという秘密を彼氏が持っていることがあります。

その話にならないように、その証拠を掴まれないようにと、虚言癖彼氏になっている可能性もあります。

例えば、子供が棚にお菓子を隠していたとしましょう。

親がその棚をあけようとした途端に「あ、怪我しちゃった」「お客さんきたかもしれない」と、嘘をついて他のことへ興味をそらします。

他のことに興味がいっている間に、その棚からお菓子を取り出し、他の新たな隠し場所を探す。

そして「今何かしてた?」と聞かれても「ここから音がした気がして」「空いてたから閉めただけ」と、またさらに嘘をつく。

虚言癖彼氏はこの子供のパターンと一緒で、何かを隠そうとして、次々と嘘をついているとしたら、その基となる隠し事を追究しない限り、虚言癖は直りません。

他に本命の彼女がいる、実は陰で会っている女性がいるといった、彼女に対して都合が悪い隠し事をしていると、このような虚言癖彼氏へとなることが多いです。

虚言癖がある彼氏の特徴や理由を知ろう

虚言癖彼氏を信用することはできませんよね。

ただそれが「嘘」であることを見抜いてからの話です。

虚言癖ある男性は、あたかも本当にあったかのように、事実かのように話をすることが上手。

虚言癖を持っていることで、それがその彼にとって当たり前になってしまっていることも考えられます。

何か不審なことがあったり、矛盾する点があったら、ただやり過ごすだけではなく確かめるということも大事です。

常に近くにいる彼女だからこそ、一番彼の嘘を見抜けるチャンスが多いのです。