モラハラな彼氏に共通する特徴とは

最終更新日:2017年4月9日

モラハラは、今や社会的にも問題になっています。

職場やプライベートな場において、モラハラを受けることもあります。

そしてもし彼氏からモラハラを受けたら、きっと心はずたずたに傷ついてしまう事でしょう。

モラハラな彼氏に共通する特徴を知って、そういう男性の言いなりにはならないようにしましょう。

それが自分を守る方法です。

1.モラハラの原因を相手に押し付けようとしてくる

モラハラな彼氏に共通する特徴にあるのが「モラハラをするのを相手のせいにする」というものがあります。

モラハラをするのは、他でもない彼氏自身であるのに、いかにも「お前がさせている」というような態度をとってくるのです。

モラハラをする彼氏というのは、共通するずるいところがあります。

モラハラをするのは、相手に原因があるという態度を取り、彼女を追い詰めようとしてくるのです。

「お前が俺を怒らせたんだろう」とか「誰のせいでこうなっているんだよ」と、いかにも自分は悪くないという口調で、モラハラが起きた原因を相手に押し付けようとします。

例え相手がどういう態度であったとしても、モラハラをするのはNGです。

また、彼女が全く悪くないという場合もあるでしょう。

それを、しつこく「お前のせいだ」とアピールして、彼女を傷つけてしまいます。

言われた彼女が心優しい人であればあるほど、悩んでしまうことでしょう。

「私の言い方が悪かったのかな」とか「不愉快にさせてしまった」と思い込んでしまい、自分が悪くなくても「ごめんなさい」とモラハラをする彼氏に謝ってしまいます。

そうやって、モラハラな彼氏は女性を自分の支配下に置いて、モラハラをし続けてしまうのでしょう。

2.モラハラがばれないように他人の前では優しくしてくる

モラハラな彼氏に共通する特徴の中には、ちょっと厄介なものがあります。

モラハラがばれないように、他の人の前では優しくしてくるのです。

モラハラをするということは、人間的に許されることではありません。

相手を侮辱して、支配下に置こうとしていることです。

普通の人なら、そんな状態に置かれている人を見たら「もうあの男と付き合うのはやめた方がいい」とアドバイスすることでしょう。

モラハラな彼氏というのは、自分がやっていることが「悪いこと」であると、心の奥底では認識しています。

その為、他の人の前ではそういう態度を取りませんし、むしろ優しく接して、自分がモラハラをしているなんてことがばれないようにしています。

もし彼女が「実は彼氏にモラハラをされていて」と打ち明けても「あの彼氏が?信じられない。

}と言われてしまって、モラハラの苦しみを理解してもらうのが難しくなるでしょう。

何よりも、その優しい態度が隠れ蓑となって、いつまでもモラハラが続いてしまいます。

モラハラがばれないように、彼氏は無意識のうちに人前では優しくしようとしています。

モラハラ彼氏には、そういう特徴があり、なかなか手ごわいと言えるでしょう。

3.ストレスを抱えていたりして幸せな状態ではない

モラハラな彼氏に共通する特徴の中にあるのが「幸せではない」という状態です。

ストレスを抱えていたりして、自分自身も苦しんでいたりします。

モラハラな彼氏というのは、仕事や人間関係がうまくいかず、ストレスやプレッシャーがかかっていたりします。

心の状態が幸せではないので、彼女に対してモラハラをしてしまうのでしょう。

本当に毎日充実して、そして幸福感を感じて生きている人は、人に対してひどいことや悪いことをすることがありません。

自分自身が満ち足りているので、気持ちが荒れたりネガティブな状態になることがないのです。

モラハラな彼氏というのは、自分自身も何か悩みを抱えていたりしています。

それを上手に解決できずにいるので、マイナスな感情が解消されないのです。

そうやって、うつうつとしている状態の彼氏は、自分よりも弱そうな彼女に狙いを定めてモラハラを行い、どこかで憂さを晴らしているのでしょう。

モラハラな彼氏というのは「不幸な人」でもあります。

しかしだからといって、他の人にモラハラをしていいということではないのです。

自分の悩みは自分で解決するべきことだと言えるでしょう。

4.いざ別れようとすると泣いてすがってきてしつこい

モラハラな彼氏に共通する特徴として、いざ別れようとすると泣いてすがってくるそういうものがあります。

彼女に対してひどいことをしているくせに、いざ自分から離れていこうとすると、寂しさに耐えられなくなって、しつこく泣いて追いすがってしまいます。

モラハラな彼氏というのは、メンタル面が強くありません。

気が弱くて精神的に軟弱であるので、辛いことがあっても一人で乗り切ることができずに、ついモラハラをしてしまいます。

本当は悪いことをしているのも分かっていますが、それを認めるほどの根性がないのです。

そんな弱さを抱えている彼は、いざ彼女が「別れ」を切り出すと、見捨てられると思って、精神的にショックを受けてしまいます。

彼女に対してモラハラをしていても、それでも心の拠りどころでもあるわけです。

何としても別れを阻止したいと思って、必死に謝り、泣いてすがろうとしてしまいます。

モラハラな彼氏というのは、ひどいことをしているのに、どこかで彼女のことを頼りにしていて、愛情も傾けています。

だから別れようと言われてしまうと、その言葉を撤回させようと、泣いたりすがったりしてしまうのでしょう。

モラハラな彼氏に共通する特徴を知ろう

モラハラな彼氏に共通する特徴というのは「自分を守る」ということだったりします。

彼女の気持ちよりも、まず自分の感情を優先しているので、そういう共通点が浮かび上がってくるのでしょう。

モラハラをストップさせるには、自分自身が言いなりにならないように、毅然としている必要があります。

そして時には、そういう彼氏とは別れる覚悟を見せつけるようにしましょう。

それがモラハラの犠牲者にならないために、大切なポイントとなるからです。