人から嫌われやすい性格な人の特徴7つ

最終更新日:2016年2月21日

人から嫌われてしまう人の特徴としては多くの要因があるようです。

自分では悪気はなくても、人からすると嫌な事なのでなかなか気づく事ができなかったりしますが、自分が嫌だと思う事は極力しないように努力する事も大切です。

1.自分の考えを押し付ける

人にはそれぞれ自分なりの考えを持って行動していますが、人の意見よりも自分の意見の方が常に正しいと考えていて、他人は自分の考えを押し付けてしまう傾向の人は嫌われる傾向にあります。

自分も他の人から考えを強要されたりすると不快感を覚えますが、当の本人は自分の考えの方が正しいと考えているので、少しも悪いとは思っていません。

むしろ自分の考えを伝える事で、相手に対して教えてあげたと好意に思っているのです。

誰でも自分の考えを否定されて、他の意見を強要されるのは嫌ですが、相手が嫌がっているとは気づいてはいないので、だんだんとその人には意見を聞きたくなくなります。


2.人を傷つけるような言葉

自分の言った事で相手がどれだけ傷ついたか分からない人は当然嫌われます。

これは誰にでもありますが、自分は悪気があって言った事ではない事でも、相手がそれによって傷ついてしまう事があります。

相手がこれを言われたら傷つくなと思わないと、知らぬ間に相手を傷つけてしまいます。

普段から思いやりを持って接していればあまり起こりませんが、だんだんと親しくなると大丈夫だろうと思って不用意な発言をしてしまう事もあります。

自分が言った言葉が相手を傷つけたとは思っていませんから、いつの間にかその人が遠ざかっているかもしれません。

3.否定的な人

なにかしゃべると常に否定的な言葉が出てくる人は嫌われやすい傾向にあります。

人は否定的な事を聞くと、テンションも下がりますし、まして自分の意見を否定されるとその人に対して良い印象は持ちません。

否定をする人は常に自分の考えが正しいと思っていますし、自分に自信を持っているのかもしれません。

また相手を落とす事で、自分の地位を安泰にさせようとしています。

人の意見に共感する事ができなければ、当然その人からは好かれる事はありませんし、それを他の人にしていれば尚更です。

自分の意見が正しいとか、相手の意見が違うなど瞬時に判断することなく、まずは相手の話を全て聞いた上で相手の話を否定することなく、自分の意見を言うのが望ましいです。


4.自慢ばかりする

人には自分の得意な事や自慢できる事が少なからず何個かありますが、それを常に人よりも上位に立ちたいと思って自慢ばかりする人がいます。

自分が人よりも優れていたり、立場が上だと思えれば自分では満足するので、つい自分の話ばかりしてしまいます。

特に人の話に乗っかって、更に自分がそれよりも優れている事をアピールすれば、その人からはもちろんですが、周りにいる人も良い気はしません。

自分が人よりも優位に立っていると言う自己満足な考えでは、人からは嫌われて当然です。

5.すぐに怒る

何に対してもすぐに喜怒哀楽を表現する人はいますが、喜びを多く放言する人は好かれますが、怒るのは誰もが嫌になります。

自分でもイライラして良い気はしませんし、周りにいる人も怒っている人を見るとイライラします。

感情の中で怒るというのは、誰も徳をする表現ではないので、それを普段から出している人は嫌われやすいです。

怒る人には近づきたくはありませんし、自分が怒られれば嫌な気しかなりませんから、近寄る事もなくなっていきます。


6.人のせいにする

自分のやった事に対してすぐに人のせいにする事は、裏切り行為にも似ているので他人からは嫌われます。

自分がやった事の責任は、しっかりととる事が当たり前で、人のせいにする事が自分の保身だけを考えている行動です。

他人よりも自分の事だけを考えた行動は、周りからは非難の的です。

少なくても自分のやった行動に対しての責任は、しっかりと自分でとらなければなりません。

その場をもし乗り切れたとしても、他人のせいにすればその人との関係は悪い物となるでしょう。

それを承知で自分の保身を考えれば、嫌われて当然の行為です。

7.マナーが悪い

公共の場においてのマナーや人に対してのマナーなど、どれにも最低限のルールとマナーが存在します。

これは社会に出れば知っていて当然で、ルールやマナーを破るのがカッコイイと思っているのは学校kに通っている子供です。

学校とは違い、社会のルールは大人としてのマナーですから、知らなければ当然恥ずかしい事ですし、自分から覚える事をしなければなりません。

それを知っているののワザとマナーを悪くしたりするのは、協調性に欠ける好意は他の人に迷惑をかけるので嫌われます。

自分ではカッコイイと思っている事でも、他の人からはかっこ悪いと思われている事が気づかない人に多いです。

時には協調性を持って行動する事が社会人としてのマナーとなりますが、それをできない人は嫌われる傾向にあります。

人に嫌われる性格を知って対処していこう

人よりも自分の方が優位に立っているなど、自分の中での安心感を持たなければ嫌な人が嫌われる傾向にあります。

相手の意見や行動は、自分の方が優れていたり良い考えを持っていると思っていますが、それは自分だけの考えです。

人と協調性が取れない人は、嫌われるだけではなくだんだんと人が離れていってしまいます。

自分ではなかなか自覚する事ができませんが、相手には思いやりを持って接したいものです。