一回り以上年下の彼氏と上手に付き合う方法

恋愛最終更新日:2014年9月27日
年下の彼氏

恋に年齢は関係無いとはよく言いますが、
一回り以上も年下だとさすがに色々な壁にぶち当たる事も多々あるかと思います。
そんな壁を上手く乗り越えて、年下彼との恋を成就する方法についてご紹介します。

1.思い切りお姉さんぶる

一回り以上年下の彼が、年上の自分と付き合っている理由はずばり年上が好きだからという可能性が高いです。

5歳ぐらいの年の差であれば、年齢は関係無く人柄に惹かれたからという理由かもしれません。

しかし一回り以上となると、話は違ってきます。
彼はきっと年上の落ち着いた感じが好きなのでしょう。

それならば思い切りお姉さんぶる事が、
何より彼を喜ばせる事になると思います。

「お姉さん」と敢えて呼ばせるも良し。
たまには厳しく、人生についてのアドバイスをするも良し。

飴と鞭の使い分けを上手く行いましょう。

甘えさせてあげると、年上お姉さんの懐の広さを感じさせるでしょうし、
厳しくすると人生の先輩として、尊敬の眼差しで見てもらえると思います。

2.たまには彼を頼ってみる

彼が年下だからといって、常に上から目線でいるのもいけません。

年下男性だって、プライドはあります。
立てる所は立ててあげる事も必要です。

些細な事でいいのです。重い荷物を持ってくれた時「さすがだね~ありがとう」と言ってあげるというレベルで年下の彼氏はきっと喜びます。

男性ならではの力仕事はやはり女性よりも頼りになります。
そんな時に素直に褒め称える。それだけでも男性は優越感に浸れるのです。

力だけではなく、メンタル的な事でも頼りにする事は出来ます。
いつもしっかりしているお姉さんも、たまには弱い部分を見せてみましょう。

悩みごとを相談したり、会えない寂しさをぶつけてみたり。
いつもとは違う意外な一面を見せる事によって、ギャップにグッときてくれるかもしれません。

3.見た目を若々しくする

一回り以上離れていると、やはり見た目も気になると思います。
周りからどう見られているかな?不釣り合いに見えるかな?
そんな不安をどうしても感じてしまうかもしれません。

そう思うなら、少しでも彼の年齢に近く見えるように若々しい身なりを心掛けましょう。

無理して若作りする必要はありませんが、
ほんの少し努力するだけでも年齢を若く見せるように出来るはずです。

若い彼氏がいる♪これだけで気持ち的にも若々しくいられると思うので、
自信を持って二人の関係をより深いものにしていきましょう。

年齢の差を気にしない様になるまでの辛抱

年齢なんて関係無い!こう思っているうちはまだ二人とも年齢に縛られているのかもしれません。

お互いの年齢の事なんてすっかり忘れた時こそ、
本当に年齢なんて関係無く愛し合えている証拠かもしれませんね。

 

    「一回り以上年下の彼氏と上手に付き合う方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。