すれ違いの恋愛を防ぐ方法とは。伝えるタイミングを見極めよう

恋愛最終更新日:2015年4月3日

すれ違いの恋愛ばかりしてしまう、という女性の悩みを聞いたことがあります。
「どうしてあのとき、こう言っておかなかったんだろう」「やっとつきあえることになったのにダメになってしまった」そんな後悔ばかりしているのは嫌ですよね。
自分の恋愛パターンを把握して、もうすれ違いの恋とはお別れしましょう。

1.LINEやメールを休んでみる

人は、誰かとコミュニケーションを取るときに、自分の心が傷まないように、どちらかというと物事を良い方に捉えたいという本能が働きます。
直接会うことや、電話ならば、相手の表情や声のトーンで会話の内容についてかなり正確に理解できるのですが、文章を見ること、しかもラインやメールでのやりとりではなかなか相手の本意が読み取れないのです。

読み取れないのに、良く捉えたいと思うことから、すれ違いははじまります。
つまり、ラインの友達だった男性を、ちょっとした言葉やスタンプで意識してしまったりすることで、脳内では「彼は私のことがきっとすきなのね」と解釈しはじめます。

すると、本当に会ったときにちょっと彼がそっけなかったりすると「どういうこと?」という気持ちになるのです。
これを避けるために、もし、気になる人がいるならばラインやメールを少々お休みしてみましょう。

最初はつらいかもしれませんが、彼が本当にあなたを好きだったり、必要としてくれていたりするのなら、必ず電話がかかってきたり、会いたいと言ってきたりするはず。
すれ違い、勘違いのかなしい恋をしないために、是非試してみてくださいね。

2.自分から告白してみる

これはすこしハードルが高いかもしれませんし、正確によっては負担が大きいかもしれませんが、試してみるに値する価値があるので、勇気を持ってやってみてください。

すれ違いの恋ばかりしている人に話を聞くと、「かなりいいかんじだったのに、付き合う前になぜかダメになってしまった」とか「つきあってると思ってたのに相手が彼女をつくってしまった」などということが多いのです。

男性はプライドの生き物なので、「あ、この子とちょっといい感じかも」と思っても、なかなか自分からは言い出せないものなのです。
魅力のある男性なら、まわりの女性が放っておきませんからすぐにさらわれてしまいます。

「ちょっといいかんじかも」で「彼がいい男」であれば、告白してしまいましょう。そもそも、モテる彼なら女性から告白されることもよくあることでしょうから、恥ずかしいなどと思う必要はありません。

「ごめん」と断られたら「こっちこそごめんね」とあっさりと引き下がれば、逆にそこから、彼の気になる女性になる可能性も大です。
他人に好きと言われて嫌な気持ちになる人などいません。すれ違いの恋を終わりにするには、今このタイミングを逃さず告白してみることです。

3.誰かに相談したりしない

彼とのすれ違いの恋に悩む女性ほど、友達に相談したり、占いを信じたりするようです。
たとえ、彼が浮気をしていたとしても、誰に相談したところでその事実はかわらないのです。だとしたら、うだうだ悩んで相談するのは無駄だと思いませんか?

そんなことをしているうちに彼は、本命だったあなたの元から浮気相手の元へ行ってしまうかもしれません。
すれ違いの恋を避けるためには、例えば彼に疑問を持ったなら、友達に相談したり占い師にみてもらったりするのではなく、彼に直接訊くことです。

それも、ラインやメールではなく、直接会って話をしましょう。彼が嘘をついていても、直接会って話せば、彼のことをよく知っているあなたならきっと嘘を見抜けるでしょうし、その後の話し合いにも持って行けます。

すれ違いの恋ばかりしてきたS美さんは、彼に「仕事が忙しくて会えない」と言われ続けたある日、「直接会うのがムリなら、電話で5分だけでも声をききたい」とお願いして電話してもらい、本音を伝えました。

「仕事が忙しいのはわかるけど、あまりに会えないと不安になる」と言ったあと、彼女は涙を流したそうです。電話では見えないと思っていたその涙は彼にも見えたようで「ごめんごめん、ホントに仕事が忙しいんだよ。夏にはちゃんと休めるから、そのとき遊びに行こう」と言われ、ほっとしたと言います。

彼女が勝手に「忙しいとか言ってるけど浮気でしょ?!」と決めつけたり友達に相談して「やっぱりもう私のこと好きじゃないのかも」とあきらめたりしていたら、またすれ違いの恋をつづけていたはずですよね。

伝えるタイミングを見逃さずにして、すれ違いを防ごう

すれ違いの恋をしてしまう女性は、行動する必要があるときにうじうじしてしまったり、他人に相談していたりするようです。

恋は、彼と自分でするもの。

友達や占い師がいくら親身になってくれたとしても、それを伝えるタイミングを逃してしまえば彼の心は離れていきます。
「いい感じかも」と思ったら告白する、「彼とうまくいかない」と思ったら本人に直接訊いて自分の気持ちを素直に伝える、こうした行動がとれれば、すれ違いの恋とはサヨナラできるはずです。

 

    「すれ違いの恋愛を防ぐ方法とは。伝えるタイミングを見極めよう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/25(金) 09:49

    相手とのすれ違いを極力なくすのなら、自分が勇気を持たなくてはならないのですね。

この記事への感想を書く