傷つかない恋愛をする方法とは。いつも傷つく恋愛をする人へ

恋愛最終更新日:2018年1月23日

恋愛では時に傷つくこともありますが、傷つくような恋愛にあえて飛び込む必要はありません。

しっかりとお互いを思いやって上手く付き合うことができれば、傷つくことも少なくなるので、傷つく恋愛をしないための対象法についてご紹介します。

1.尽くすことだけを考えない

恋愛では好きになった相手に尽くしたいと思う気持ちを持つことは、ごく自然なことだといえます。

お互いが好きな相手のために何かしてあげたいと思うのは当然ですが、自分が相手に尽くし過ぎてしまった時に傷つくこともあります。

恋愛で尽くすことは無償の愛である一方、相手からの愛も感じたいという欲求があります。

自分が相手に尽くすのは好きな気持ちがあるからですが、相手からも愛されたいという思いが根底にあるからです。

そのため尽くしているのに相手が思っているような反応がないと、自分が自信を失くしてしまうことで傷ついてしまいます。

一方的に尽くし過ぎると相手からの愛を感じないと思った時に、自分だけが傷ついてしまう結果になるので中止しましょう。

2.ルールを守る

好き同士で付き合ったとしてもお互いにプライベートがありますし、二人の間には暗黙のルールがあります。

恋愛においてルールを守るのは大切なことですが、相手の携帯を勝手に盗み見たりする行為はルール違反です。

携帯電話を盗み見た時にはたとえ異性の友達から連絡があったとしても、すべては浮気相手に思えてしまうものです。

その結果傷つくのは自分自身なので、相手のことを信用することが傷つかない恋愛においても大切なことです。

ルールはお互いが付き合っていく中で作っていくものですが、ルール違反をすれば罪悪感も感じますし、相手のことが信頼できなくなってしまいます。

結果的に仲の良かった頃に戻ることは難しくなるので、ルールを守ることが傷つかない恋愛でも大切なことです。

3.自分に見合った相手と付き合う

自分がどんな相手を好きになるかはわかりませんが、あまりにも自分と見合わないような相手との恋愛は傷つくことが多くなります。

生活時間帯、金銭感覚、恋愛観など、自分と似たような考えの人と付き合えば、お互いの気持ちを理解し合えるので上手くいきやすいです。

しかしいくら好きになったからといっても、見合わないような相手と付き合うのは大変なことです。

生活時間帯が真逆の人と付き合えば、頑張って会うことが楽しいと思える反面、寂しい気持ちが強くなります。

会わない時間が多くなると浮気を疑うなど、結局はどんなに頑張っても傷つく恋愛にしかなりません。

付き合う時は好きな相手と付き合うことは大切なことですが、自分と見合うような相手か見極めることも大切なことです。

4.恋愛だけに依存しない

恋愛に依存してしまう人は、相手に対して夢中になる傾向があります。

すると今までの自分の生活がガラッと変わり、恋愛中心の生活になってしまいます。

生活の中心は仕事をしながらプライベートを有意義なものにするものですが、その大半が恋愛に依存してしまうことも珍しくありません。

恋愛するために仕事を頑張ったり、一人の時はプライベートを楽しむのもいいのですが、恋愛が上手くいかなくなるとすべての生活がダメになってしまいます。

恋愛に依存し過ぎてしまうと、良い時はすべてが幸せに思えるのに、ケンカをしたり上手くいかなくなると仕事も上手くいかなくなってしまうものです。

恋愛を大切にすることは大事なことですが、あくまでも生活の中心を仕事と自分のプライベートにしておくことが大切です。

恋愛に依存し過ぎないで、余裕を持って恋愛をした方が傷つくことも少なくなります。

5.愛情と思いやりを忘れない

傷つく恋愛をしないためには相手のことを思いやる気持ちが大切です。

相手から愛されることで傷つくことを回避することができますが、相手に自分を好きになってと言っても恋愛では難しいものです。

自分が相手に愛情と思いやりを持って常に接することによって、相手にもその思いが伝わります。

すると相手も愛情と思いやりの気持ちに応えようとするので、自分にも愛情と思いやりを持って接するようになります。

お互いが相手に対して愛情や思いやりを持って常に接することができれば、より良い関係を築きながら一緒にいることができるでしょう。

恋愛で傷つきたくない気持ちは誰でもありますが、自分が相手に対して思いやりを持って接することができなければ、相手からも思いやりのある行動をとってもらうことは難しいでしょう。

愛が欲しければたくさんの愛を与えることが大切なので、見返りを求めずに愛情と思いやりをどんどん与えましょう。

傷つかない恋愛をするには一定の距離感を保つことは大切

恋愛で上手くいくにはお互いが一定の距離感を保っておくことは大切です。

傷つきたくないと思って離れてしまうと愛を感じられませんし、尽くし過ぎると傷つきやすくなります。

お互いが愛情と思いやりを持って程よい関係性を保つことができれば、傷つく恋愛をしないで良い関係性を保ちながら付き合い続けることができるはずです。

    この記事へのコメント

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/01/31(水) 16:32

    とてもおもしろかった