介護士の彼と上手に付き合っていくためのポイント

最終更新日:2016年9月30日

もし、あなたが介護とは関係しない職で働いているなら介護士の男性がどのような生活をしているのかイメージするのが難しいかもしれません。

介護士は会社などに勤めている方からは関わる機会があまりないので仕方がありません。

しかし、高齢化が進み介護職に就く男性は昔よりも遥かに多くなり、これこらあなたも介護職についている男性とお付き合いすることになるかもしれません。

そして、いま現在介護士の男性と付き合っていらっしゃる方も多くいるでしょう。

今回は、そんな方たちのために介護士の男性と上手く付き合っていくためのポイントをご紹介します。

1.介護士の彼が休みたいときはゆっくり休ませてあげること

介護士の仕事は、多くの場合は、早番、日勤、遅番などの3交代制の勤務で睡眠時間が他の職に就いている方と比べて不規則になってしまいがちです。

そのため、彼が休みの日にはあなたはデートにいきたいということがもちろんあると思いますが、彼が休みたい、眠りたいときにはゆっくりと休ませてあげましょう。

もし、彼が疲れているなら無理にデートに行っても、楽しくデートを過ごすのは難しいのではないでしょうか。

逆に彼を尊重して気遣うことができれば、彼との信頼も深まるかもしれません。

彼の生活スタイルの合わせて、楽しいデートプランを考えてみてください。

彼の生活が不規則だから楽しいことができない、と考えるのは少し勿体ないかもしれません。


2.介護士の給料のことにはこちらからは触れない

管理職ではない場合、介護者の男性には自分の給料に自信を持てない方が多くいます。

彼の方から給料のことを話す場合は別ですが、自分から話さないときは給料のことをぐいぐいと聞かない方が吉。

もし、これで彼の自尊心を傷つけることがあればその後の関係に支障が出る可能性もあります。

結婚のことを考えている相手ならば、給料のことも気になってしまうところではありますが、デリケートな話題なので、十分に注意して聞いた方がよいでしょう。

逆に言えば、介護士の方とお付き合いしていく上では給料以外の彼の長所を見つけることが第一です。

ただお金を稼いでいるオトコよりも彼だけが持っている良いところがきっとあるはずです。

お金ではなく、彼の長所に注目するとお互いにとって楽しい生活が送れるはずです。


3.彼が落ち込んでいるときは彼の話を聞いてあげること

介護士の職業は、3k(給料が安い、きつい、汚い)と言われるようにストレスが溜まりやすい職場も多くあります。

そのため、彼が仕事のことで落ち込んだり、ストレスが溜まっているときは話を聞いてあげると彼もあなたのことを自分のことをよくわかってくれている相手として見え方が変わるかもしれません。

かといって、彼の仕事の話ばかり聞いていてはこちらもストレスがたまり良い関係とは言えません。

自分の悩みも相談できる彼を見つけて、持ちつ持たれつの良い関係が作れるのがベストでしょう。

一朝一夕には、難しいでしょうがまずは彼の話を聞いて見るところからスタートしてはいかがでしょうか。


4.職場に過剰に嫉妬しない

介護業界は、男性よりも圧倒的に女性の職員が多く、彼と仕事の話になるときには同僚の女性の話が出てきり、アドレス帳にはどうしても女性の名前が多くなってしまいがちです。

そんなとき、嫉妬して怒ってしまうのは彼からイヤな女性だと思われてしまう可能性もあるので、避けたいところです。

あくまでも、ただの同僚だと割り切って変に詮索しないようにしましょう。

詮索や嫉妬は自信がないことの裏返し、そんな行動が続いていると、自分だけをみて欲しいがための行動が裏目に出てしまいます。

自信を持って女磨きをするのが、彼との関係を良好に保つ一番の方法です。

女性の話が出てきても、焦らず、怒らず対応しましょう。


5.介護士の男性に偏見を持たない

これまで、介護士の男性と付き合うためのポイントをご紹介してきましたが、一番大事なのは偏見を持たないことです。

どのような職業でも、メリットやデメリットはあります。

介護士には、基本的に残業がない、福祉が国の財源で多くが賄われているために不景気に強いといったメリットもあります。

高齢者がいるかぎり、無くなることはない職業であるとも言えます。

結婚をもし考えるのなら、いまの彼の現状だけをみるのではなく、彼を信じることも必要になるのかもしれません。

職業だけのくくりだけで彼を見ずに、また現状だけを見ることなくお付き合いすることができれば、きっとどのカップルよりも良い関係が築けるでしょう。