hspって何?繊細すぎる性格の持ち主

最終更新日:2016年6月27日

あなたは、hspという言葉を知っていますか?hspとは、エレインNアーロン博士という米国の心理学者が提唱する概念のことで感受性が強く、敏感な人のことをhspといいます。

繊細すぎる感性を持つ人のことを指しますが、決して心の病ではありません。

一種の特性と考えるとわかりやすいかもしれませんね。

新しい概念ですから、聞き慣れない人も多いのではないでしょうか。

今回は、hspとは何かについてご紹介していきましょう。

1.hspの特徴

hspは、highsensitivepersonの略称で、直訳すると「とても敏感な人」となり、その言葉どおりの意味です。

アメリカでは5人に1人がhspであるといわれていますが、日本ではもっと多くの割合でhspの人がいるとされています。

hspの特徴を挙げてみましょう。

・驚きやすい
・涙もろい
・想像力が豊か
・他者の感情に流されやすい
・痛みに敏感
・暴力的な描写が苦手
・音に敏感
・1人になりたいと思うことがある
・香水などの匂いに敏感
・衣服の肌触りに敏感
などの特徴が散見されます。

これは、決して病気ではありません。

あくまでも特性であり、生まれ持ったものです。

そして、人間だけでなく100以上の生物に同じ特性が存在することがわかっています。

例えば犬、猫、鳥や魚、ハエにまでその特性があることが確認されています。

これは、より敏感に危険を察知するためにと、生物が生き残るための戦略として備わったものであると考えられています。


2.hspの脳の働き方

hspの人は、hspでない人とは異なる脳の働き方をしています。

他の人が気づかないような細かいところまで気づくのがhspの人で、hspの脳は情報を深く処理し、それについて深層まで熟考していきます。

細かいことまで気づいてしまうゆえ、複雑な事象に長時間触れていると、圧倒されてしまい、疲弊することもしばしばあります。

hspは最近提唱された新しい概念でありますが、これまで見つからなかったのではなく、長い間誤解されていたものです。

この特性は「内向的」な特性であるとされていました。

神経質で内気な人という位置づけにあったのです。

しかし、hspはそうではなく、内向的な特性は後天的なものです。

行動を起こす前に注意深くなることから、引っ込み思案になってしまう人がいるということです。

決して、生まれ持って内気であるわけではありません。


3.hspの長所

それでは、hspの長所はどういうところでしょうか。

大きく3つ挙げてみましょう。
1.喜びを得やすい
2.人に気遣いがよくできる
3.信念を貫くことができる

まず1番に、センシティブなhspは、小さなことに対しても大きな感動を得ることができます。

生まれながらスピリチュアルな感性を備えていて、五感に優れています。

美しいものを美しいと感じ、肌をなでる風にさえも心を揺さぶられることでしょう。

久しぶりに実家に帰り、母親の手作りの料理を口にしただけで喜びを感じ、涙ぐんでしまうこともあります。

人の気持ちの変化にも敏感に気が付くため、2番目の人への気遣いもよくできます。

人の痛みも敏感に感じ取るため、震災や災害の映像を見るだけで心を痛めてしまうhspも少なくありません。

3番目に、hspは物事を深くまで掘り下げて考えるため、一度掲げた信念を貫くことができます。

そのため、研究職にも向いています。


4.hspの短所

hspは繊細すぎる感性を持っているため、生きづらい面も皆無ではありません。

短所といえるのは、ある事柄に対して過剰反応してしまうところでしょう。

感受性が豊かなあまり、余計な想像をして妄想が膨らみ落ち込んでしまったり、批判されたらひどく傷ついてしまったりするところです。

切り替えることがうまくできないので、いつまでも暗くふさぎこんでしまうことがあります。

一度自尊心が傷つけられてしまうと、自分を責めてしまうこともあります。

想像力が豊かであるあまり、訪れてもいない未来に不安を覚えてしまうこともあります。

良い方に考えられれば良いのですが、もしかしたら悪い結果になるのではないか、失敗するのではないかと感じてしまいます。

危険を想定したり、一度不安を抱いてしまうとその方向にイメージが移行していくので、旅行のような楽しいことでさえ、事件に巻き込まれるのではないかというように、不安に感じてしまうこともあります。


5. hsp度のチェック方法

これまでのhspの説明を読んで、もしかしたら自分もhspではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

次のチェック項目のうち、12個以上○があれば、おそらくhspであるといえるでしょう。

・競争環境に置かれると本領が発揮できない
・生活の変化に弱い
・動揺するような状況は避けたい
・物事も同時進行させるのが苦手だ
・暴力的なシーンは苦手だ
・ミスをしていないか、忘れ物がないかいつも気になる
・具合が悪そうな人がいるとすぐに気づく
・優しい性格だ
・想像力が豊かで妄想しやすい
・芸術が好きだ
・すぐに驚く
・大きな音が苦手だ
・カフェインが効く
・疲れると1人になりたくなる
・痛みに敏感だ
・環境の変化に良く気が付く
・人の環境に左右される

あなたはいくつ当てはまりましたか?12個以上当てはまった人は、hspである可能性が高いです。

hspについて理解を深めよう

hspとは何かについてご紹介しました。

今まで人から感受性が豊かであるとか、想像力が豊かであるといわれたことはありませんか?自分はどうしてこうも繊細なのだろうと思ったことがある人は、hspの特性を持っているのかもしれません。

しかしhspは病ではありません。

個性として、自分はそういう気質を持っているのだと認識すれば、より深く自分を知ることができるのではないでしょうか。