「ふーん」という返答しかしない人の心理とは

最終更新日:2016年6月8日

どんな話をしても「ふーん」ってしか返してこない人、どのような性格の人だと思いますか?「ふーん」が口癖になっている人は、自分の性格や心理をその一言で物語っていることがあります。

口癖からその人の内面を知ってみましょう。

1.他人に興味がない人

「ふーん」いうと返答しか返ってこない人って意外と多いですよね。

自分にとってはビックリする内容であったり、勇気を持って話したことに対して「ふーん」としか返ってこない。

こういった人は、他人にほとんど興味を持っておらず、ただ聞き流してその場をやり過ごしているということが考えられます。

人から聞く話が驚く内容だったとしても、興味自体がないから反応も薄くなっているのです。

人のやること、いう事、すべてにおいて他人に興味がなく、自分からも他人に話をふるということが少ない人です。

共感しあいたいとか、共有したいという考えを持っていない為、他人の話で盛り上がるということが少ないでしょう。

周りからは、リアクションが薄い人、冷めている人などと思われることが多いため、孤立しているかのように見える場合もあります。


2.自分の意見や考えが絶対な人

社会に出ると、自分とは異なる意見、真逆の考えといった人と出会うことが多々あります。

しかし、自分の中で確固たる意見や考えがある人、自分が絶対正しいと思っている人は、他人の意見に同調することが出来ません。

特に自分と反対の意見を持っている人とは、出来れば関わりすら持ちたくないというのが本音でしょう。

ただ社会においてはそうした考えが異なる人とも関わっていかなければならない為、話を聞く態度だけは見せておかないとという義務感を持っています。

そのため話は聞くものの、返答はいつも「ふーん」だけに終わってしまいます。

「あなたの意見には賛成できない」「私は違う考えを持っている」ということを言葉にせず「ふーん」で乗り切っているということが考えられます。

一応その場の空気や人間関係を大事にする為、そこで否定的な意見を述べたりすることはしません。

あくまで聞いているフリをしてやり過ごしているだけといった状況でしょう。

こうした人に「あなたはどう思う?」と意見を促すと「私は違うと思う」「私はこう思う」など、異なる意見をぶつけてくることもあります。


3.面倒くさがり屋な人

人との付き合いや、会話というもの自体が面倒だと感じている人も多いです。

面倒なため出来れば話は聞きたくないと思いながらも、出来る限り付き合ってあげている状態。

根っからの面倒くさがりな性格である場合が多いです。

こうした人の場合は、身の回りの整理整頓がなってなかったり、家がとても汚いなどの状況になっていることもあります。

片付けが面倒、自炊するのが面倒、連絡が面倒など、何もかも面倒がる人は、このタイプの人で「ふーん」が口癖になっています。

これは相手の話を聞くのも面倒であって、それについて考えることも面倒という状態。

特に男性に多く見られる特徴です。

普段から面倒くさがりな性格が見られている場合は、この性格のために「ふーん」が口癖になってしまっていると考えられるでしょう。


4.冷静で客観的な見方が出来る人

「ふーん」が口癖の人の中には、冷静で常に客観的な見方が出来るタイプの人もいます。

人の意見を否定することなく、一つの意見として取り入れることが出来る冷静な人であり、また「そんな意見もあったんだ」と客観的に見ることが出来る人です。

感情的になるタイプの人は、その場で言い返したり、批判したりと、相手の話を折ってしまうことがありますが、このタイプの人はそうした行動は見られません。

ある意味大人な対応が出来る人とも言え、円滑な人間関係を築くことが得意な人も多いのです。

また常に客観的に見られる性格であるため、様々な意見や考えを吸収していることが考えられます。

一つの意見に縛られたり、頑固な面がないために、臨機応変な対応が出来る人も多いです。

冷静な判断が出来る、冷静な対応が出来るという点で、話やすいと感じる人もいる為、意外と相談を受けることが多くなることも。

このタイプの人は一見適当ともとれる「ふーん」という口癖を用いながらも、聞く姿勢は真剣そのもの。

その姿勢からこのタイプの人だということが判断出来るでしょう。

「ふーん」しか返さない心理を知ろう

人には様々な口癖がありますが「ふーん」という口癖の場合、どこか適当な印象を受けてしまうことがあるでしょう。

ただその人の聞く姿勢をよく観察すると、逆に真剣に考えてくれている人であったり、冷静に考えているケースもあります。

もちろん、適当な返答と感じられるこの「ふーん」は、面倒だと感じている人もいれば、興味がないと感じている人もいます。

「ふーん」と言いながら相手がどのような行動をとっているのかに注目してみると、どのタイプの人なのかを知ることが出来るでしょう。

口癖一つからもこのように様々な心理状態が読み取れるのです。