古新聞が夢に出てきた時の意味とは【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

古新聞が夢に出てきたら、なんだか気になってしまいます。

どういう意味があるのか、心の中にどういう心理が働いているのか、自分自身でもわからず、その意味を知りたくなってしまうかもしれません。

古新聞として夢に出てきた時の意味や深層心理とはいったい何かご紹介します。

1.身の回りを整理してスッキリしたい

古新聞の夢を見た時、それはもしかしたら身の回りを整理した位、そしてスッキリしたいという心理が働いているのかもしれません。

新聞というのは知識のシンボルでもあります。

しかし、それが古新聞なら役に立つものではありません。

いらないものを整理して、心身ともにスッキリしたいという気持ちが働いているのです。

新聞というのは、現実の世界でも何日分も溜まってしまったら、邪魔になりますし、処分してスッキリしたいという気分になります。

夢の中でその新聞が出てくるという古都、しかも古新聞という形で現れるというのは、あなた自身にとって不必要であり、役に立たないものであるという事を表しています。

そういう不要なものを片付けてしまえば、きっと気分も晴れ晴れとするでしょう。

今あなたの心の奥底では、身の回りの不要なものを整理して、スッキリとした気分になりたいと思っているのです。

夢の中に出てきた新聞が古新聞なら、それはあなたにとっていらないものということを表しています。

それらの不要なものを処分して「あ~、さっぱりした」という気分になりたいのです。


2.過去に学んだことを無駄にしている

夢の中に古新聞が出てきた時の意味や深層心理に「過去に学んだことをを無駄にしている」という気持ちがあることがあります。

古新聞という形で出てくるということは、知識が古くなってしまった、つまり無駄にしてしまったという事を示しています。

今まで一生懸命勉強してきたことや学んできた知識を、上手に生かし切れていないのかもしれません。

そして結局は何の役にたてることもできず、自分自身でも「無駄にしている」ということを心の中で感じているのです。

せっかく学んできたのだから、それを役立てたいという風に思うのは、誰にとっても自然な感情です。

しかし、たまたま今の人生にマッチしないということもあります。

過去に学んだことを無駄にしているそう思うことがある時、古新聞が夢に出てくることがあります。

その古新聞を見ながら、どこか寂しい気持ちになるなら、学んだ知識を生かしきれないことに対する後悔があります。

そういう時は、今までに取った資格や知識などをもう一度チェックしてみて、今の生活に活かす事が出来ないか、それを考えてみましょう。

意外と役に立つことがあるかもしれませんよ。


3.嫌な思い出がだんだんと溜まっている

古新聞が夢に出てきた時、そしてその新聞がどんどんと溜まっている状態なら、もしかしたらあなたにとって「嫌な思い出」や「苦い感情」がだんだんと溜まっているのかもしれません。

それが古新聞という形となって、夢に現れているのかもしれないのです。

古新聞が溜まっていったら、それは夢であっても現実であっても、決して気持ちのいいものではありません。

そういう古新聞はさっさと片付けてしまい、スッキリとした気分になりたいとおもうことでしょう。

しかし、その古新聞が溜まるという夢を見ることは「嫌なもの」が片づけられていないということを象徴しています。

毎日の生活の中で嫌な思いをしていたり、まわりとのトラブルなどで苦い感情を味わっているのかもしれません。

そしてそれを自分で上手に処理できずにいるのかもしれないのです。

若し古新聞が夢に出てきて、それがだんだんと溜まってきていたら、もしかしたら自分が思っている以上にストレスが溜まっているのかもしれません。

自分の普段の毎日をもう一度振り返って、何か嫌な思いをしていないか、それをもう一度見直してみることも大切です。

古新聞の夢は、それを教えてくれているのです。


4.同じ失敗を繰り返しそうと感じている

古新聞が夢に出てくる時、どこか自分自身も不安に感じているかもしれません。

古新聞というのは「古い新聞」であり「古い知識」です。

過去に読んだことのなる新聞であることを象徴していたりもします。

古新聞が夢に出てきた時、実は心の中で、同じ失敗を繰り返してしまうのではないかということを不安に感じているのです。

誰でも失敗はしたくありません、しかし時と場合によっては、今までのノウハウを参考にしたことによって、過去にしてしまった同じような失敗をしてしまうこともあります。

そういう時、心のどこかで不安を感じてしまいます。

それが古新聞という形で夢に現れてしまいます。

夢の中で、どことなく不安な気持ちで古い新聞を見つめていたりしませんか。

そういう時は、過去にしてしまった失敗を、もう一度繰り返したりしないかと、自分自身で不安になっているのです。

目が覚めたらもう一度落ち着いて、最近自分が取り組んでいることに対して、思いを巡らせてみるのがいいかもしれませんね。

古新聞が夢に出てきた時の意味を知ろう

古新聞が夢に出てきた時の意味や深層心理には、色々なものがあります。

古新聞は「新しい物」ではありません。

古新聞が出てきた時は、もう一度自分の過去や周囲に対して見直してみることが大切です。

そこから思わぬことが分かってくるかもしれません。

夢に現れた「古新聞」は、あなたに対してもう一度様々な振り返ることを促しているといえるのです。

そしてそれが、きっと物事をよりよく運ぶために、とても大切なことです。