狭いキッチンを効率化する工夫

最終更新日:2016年9月5日

キッチンが狭いから料理をする時に色々と大変という方は多いです。

そういう時は、様々な工夫をする事でキッチンが狭くても料理をしやすくなります。

ここでは、キッチンが狭い時にすると良い工夫についてご紹介します。

1.キッチン道具等は表に出さないで収納する

キッチンが狭い時は、常にキッチン道具は表に出さずに収納するようにしましょう。

使ったキッチン道具を表に出したままにすると狭いキッチンがより狭くなり、料理をする事そのものが億劫になってしまいます。

ですので、少しでもいつでもキッチンが広く見えるように、使ったキッチン道具は出してすぐに収納するようにしましょう。

収納道具をしまう場所を同じ場所に決めておく事も大事です。

適当に収納してしまうと何をどこに収納したのが分からなくなってしまうので、いざ料理をする時に道具を探す事になってしまうので時間がかかってしまいます。

必ず同じ場所に収納するようにしましょう。

フォークやスプーン等の細々としたものは同じ場所に仕切りをつけてまとめて収納すると分かりやすいですし、取りやすいのでオススメです。

また、あまりキッチン道具を持たないようにする事も大事です。

特に料理初心者のうちはまずは最低限のものを使いこなせるようにしましょう。

最低限のものは、包丁、まな板、ざる、ボール、おたま、小さめの鍋とフライパンです。

鍋とフライパンは深めのフライパン一つにする事でよりキッチン道具を少なくする事ができます。

また、できれば長めの菜箸があると便利です。

最低限のキッチン道具でも美味しい料理をたくさん作る事ができます。

今はインターネット等ですぐに美味しくて簡単にできる料理を検索する事ができるので、色々な料理に挑戦してみましょう。


2.デッドスペースを上手に利用する

キッチン道具はスッキリできたけど、砂糖や塩等調味料でキッチンがいっぱいになってしまったという方は多いです。

そういう時は、コンロ周り等のデッドスペースを使うようにしましょう。

棚を取り付けてそこに調味料やいつも使うものをを置くようにする事でキッチンがかなり使いやすくなります。

また、冷蔵庫の上もデッドスペースです。

ここに電子レンジ等を置くようにするともっと色々な料理が作れるようになります。

今は100円均一等で安く、しかもオシャレで便利な収納道具がたくさんありますのでデッドスペースをいつでも有効活用する事ができます。

今は、インターネットや本等でオシャレなキッチンのレイアウトをたくさん見る事ができるので是非参考にしましょう。

新たな発見や参考にできる事がたくさんあります。

キッチン道具は1のように常に表に出さずに収納し、調味料はデッドスペースを使いオシャレに見せる収納をする事で料理が楽しくなりますので、飽きずに毎日料理をする事ができます。

料理は、作る以外にこの収納の楽しみもあります。

特に狭いキッチンの場合は、工夫して自分専用の快適なキッチンを作る事も楽しみの一つです。

ですので「キッチンが狭い」と憂鬱にならずにむしろポジティブに楽しむようにしましょう。

3.シンク等に物を置くスペースを作る

狭いキッチンの場合は、シンクに水切りラック等の固いものを置いてシンクに物を置くスペースを作るようにすると料理を作る時に便利です。

水切りラックを使わない時は収納できるので便利です。

また、それでも足りないという時はサポートテーブル等を使うようにしましょう。

折りたたみ式だと使った後は収納できるのでキッチンが狭くならないので便利です。

他にも色々と方法はあるので狭いキッチンでも色々な料理を作る事ができます。

また、予めカットしてある野菜を買う事で野菜を切るスペースを使わなくてもすむので、時間が無かったり他にスペースを使う事が分かっている時にとても便利です。


4.コンロが少なくてもできる料理を作る

狭いキッチンの場合、コンロが一つしか無い場合が多いです。

コンロが一つしか無いと一度に一種類しか料理ができないと思う人は多いですが、そんな事はありません。

仕切りのあるフライパンをがあれば色々な料理を一度に作る事ができます。

特にお弁当を作る時に便利です。

また、フライパン一つでも工夫次第でたくさんのオシャレな料理を作る事ができます。

一口コンロでも料理の可能性は工夫次第で無限に広がりますので色々試して一口コンロならではの料理を楽しむようにしましょう。

また、休みの日に常備菜をいくつか作っておいたり、カットフルーツを用意する事で一つメインになる料理を作ったらカフェのようなワンプレートご飯も簡単に作る事ができます。

狭いキッチンを工夫しよう

キッチンが狭い時にすると良い工夫についてご紹介しました。

キッチンが狭くても、キッチン道具を厳選したり、デッドスペースを使う事で快適に料理をする事ができます。

自分なりに快適な空間を作る事で料理をするのが楽しくなります。

美味しい料理を作る事ができるようになると、毎日美味しく健康維持をする事ができるので上記を参考にキッチンを工夫して、自分なりのオシャレな空間にして下さいね。