息を止める癖がある人の心理や性格とは

最終更新日:2017年4月13日

ふと気が付くと、話している時に息を止めている人がいます。

そういう人の心理や特徴にあるものは何か、それが気がかりです。

人の心は、普段見せる癖や行動に意外と表れているのです。

そういう物を見落とさないようにしていくことで、良い人間関係を作ることができるでしょう。

1.息を止める癖がある人は緊張している

息を止める癖がある人の心理や特徴に「緊張している」というものがあります。

気持ちがリラックスしていないので、自然に呼吸することができません。

緊張していると、どうしても心身ともにナチュラルな状態でいることができません。

呼吸が浅くなったり、時には口を開くこともできなかったりして、思わず息を止めてしまいます。

本人は気が高ぶっていたりして、周りや自分自身のことに気を配る余裕はありません。

そのため息を止めていることにも、気が付いていなかったりします。

息を止める癖がある人というのは、気が小さくて緊張しやすいところがあります。

その為、何かあると口を閉じて息を止めてしまいます。

2.何かショックを受けている

息を止める癖がある人の心理や特徴の一つに「ショックを受けている」という事があります。

びっくりしてしま手、そのため「うっ」と呼吸を止めてしまっているのです。

急に驚くようなことがあると、人は息をするのを忘れてしまいます。

呼吸を止めて、目を見開いたような状態になってしまいます。

そういう状態になるということは、それだけ受けたショックが大きかったということです。

身体が普通の状態ではなくなり、何も言えない、息も吸えないとなってしまうのでしょう。

息を止める癖がある人をよく見ていると、何かに驚いたり、ショックを受けているはずです。

あまりに大きな衝撃だったので、それで息を止めてしまっているのです。

3.身体がこわばっている

息を止める癖がある人の心理や特徴にあるのが「身体がこわばっている」ということです。

息を止めている状態というのは、人間にとって自然な状態とはいえません。

呼吸をはじめとして、全ての動きをストップさせようとして、身体を固くしてしまいます。

息を止めている時には、人は「いい気分」だったり「落ち着いた状態」ではありません。

どこかで緊張していて、心が身構えているような感じです。

そのため、身体もゆったりとくつろぐことができずに、ギュッとこわばらせてしまうのでしょう。

人の気持ちと身体の動きは、とても深い関係があります。

不安定な気持ちに影響されて、そのために身体全体が不自然な動きをしてしまうこともあります。

「この人、なんか身体がこわばっている」と思ったら、呼吸をしているかチェックしてみましょう。

もしかしたら息を止めて、身体をこわばらせていることでしょう。

4.「よしやるぞ」という気持ちになっている

息を止める癖がある人の心理や特徴には「よしやるぞ」という気持ちになっているということもあります。

まるで100m走を走る前の、スタートLINEに立っているような気持ちです。

これから何かをするという時には、意気込んでいますし、プレッシャーやストレスもかかっているはずです。

そういう物をはねのけていかないと、前に進んでいくことはできないでしょう。

そういう時、息を止めて「走り出す準備」をすることがあります。

さあこれから大仕事が待っています。

なんていう時に、人は一瞬息を止めて、全身のバランスを整えて、スタートしようとするのでしょう。

息を止めている人がいたら、その人はやる気を持って何かにぶつかっていこうとしているかもしれません。

その為に、心身のバランスを取るために、息を止めて、そして前を向こうとしています。

5.物事に集中しすぎている

息を止める癖がある人というのは、物事に集中しすぎてしまう人です。

そのことに意識を傾けすぎてしまい、他のことのすべてを忘れてしまうのでしょう。

仕事をしている時や、映画を見ている時、他のことを一切考えられなくなるということがあります。

あまりに深くそのことばかりを考えてしまうと、息をするのも忘れてしまいます。

自分でも、息を止めていることを分かっておらず「何だか息苦しい」と感じて、ようやく息を止めていたことに「ハッ」と気が付いたりします。

息を止める癖がある人の心理や特徴というのは、様々な気持ちがあります。

中には集中しすぎて他のことがおろそかになっているということもあるので、そういう時には周りの人がちょっと声をかけてあげましょう。

きっと我に返って呼吸をするようになるはずです。

息を止める癖がある人の心理や性格を知ろう

息を止める癖がある人は、周りから見ていると「息苦しくないのかな」と、思ってしまいます。

しかし本人も、息をすること自体を忘れていたりするので、苦しくなってからようやく呼吸をし始めるのです。

息を止めるというのは、身体にとって普通の状態ではありません。

しかし「息をする」ということ自体を忘れてしまうので、その癖はなかなか治ることはないでしょう。