底が浅い人の特徴とは。経験値が少なく視野が狭い

最終更新日:2016年2月21日

「底が浅い」と思われてしまう人が持っているのは、どのような特徴でしょうか。

色々なことを知っているような口ぶりでも、よく聞くと「この人って、底が浅い」と思ってしまうことがあります。

そこで今回は底が浅い人の特徴をご紹介します。

1.物事を片方からしか見ることができない

底が浅いと思われてしまう人の特徴に「物事を片方からしか見ることができない」というものがあります。

本人は色々な方面からに物事を見ることが出来るつもりになっていても、話を聞いてみると、一方方向から見た意見ばかり話してしまいます。

勢いよく滔々と話していても、周りで聞いている人は内心うんざりしていたりします。

そしてそんな人は「底が浅い人」と思われてしまったりするのです。

誰でも相手の立場に立って考えたりするのは難しいですが、底の浅い人というのは、特にそれが苦手です。

自分では得意げでも、聞いている方は、何だか画一的で、聞いていて面白くないな・・・なんて感想を持っていたりします。

物事を片方からしか見ることが出来ない人は、相手の気持ちの裏まで考えることが苦手です。

そのため、どうしても画一的なものの味方しかできません。


2.ものを良く知らない

底が浅い人というのは、ものを良く知らなかったりします。

一見知っているようでも、そのことについて語り出すと、実は分かっていないんだなということがバレてしまいます。

テレビで話題になっているニュースを見て、聞きかじりで話してしまったりします。

周りの人は「ふんふん」と聞いていても、結局は中途半端で話が終わってしまいます。

せっかく聞いていたのに、まるで時間を無駄にしたような徒労感に襲われます。

しかし本人だけは、ちゃんとわかって話しているつもりです。

底が浅い人というのは、本人は知識を披露したいと思っていても、残念ながらその知識が大したものではありません。

それでもそのことに気が付かず、自慢していたり他の人に教えを垂れたりするのです。

そういう言動が、ますます「底が浅い」という印象を与えてしまうでしょう。

3.経験が少ない

底が浅いと思われてしまう人の特徴には、経験がなかったり少なかったりするというものがあります。

知ったかぶりをしていても、実際の経験がないので「この人は底が浅い」と思われてしまいます。

誰だって、知らないことや経験していない事は、それこそ山ほどあるはずです。

でも、人によってはそんな自分の経験不足を棚に上げて、物事を知っているようなふりをする人もいます。

誰かが「これはこうだから・・・」なんて言いかけると「あー、それはね、」という風に、かぶせるようにして話しだしてしまいます。

しかし話している内容は、経験がないため信憑性に欠けたり、実感がこもらなかったりします。

誰かが話している内容に対して尋ねても、答えられずに曖昧にして話題を終わらせてしまうのです。

経験値が少ない人ほど、底が浅い人と思われがちです。

しかし、例え経験がなくても謙虚な態度で接するようにすれば、決して「底が浅い」なんて風に思われることはないはずです。

経験がないのにあるようなふりをするのが、一番NGと言えるでしょう。


4.自分自身を良く見せようとする

底が浅いと思われている人の特徴の中には、自分自身を良く見せようとするものがあります。

本当は仕事でのキャリアもそれほど大したことがなくても、ついつい見栄を張って自分を良く見せようとしてしまいます。

学歴やキャリア、色々なもので人間は区別されます。

そういう時、底が浅い人というのは、軽くみられるのが嫌です。

そのため、ついつい自分のことをいかに立派か、自分は色々なことを知っているか、それをアピールしすぎてしまいます。

本当は大した経歴でもないのですが「わー凄い」と言ってもらいたいがために、そのように話してしまうのです。

でも、結局は良く知らなかったりするので、それが後からばれてしまいます。

そうするとかえってイメージダウンになるのですが、物事を一面からしか考えられないので、その考えには至りません。

そういうところが、ますます底が浅いと感じさせてしまいます。

自分自身を良く見せようとする人は、実際には大した人物でないことがほとんどです。

底の浅いと思われてしまう人は、それが分からずせっせと色々なことをピーアールしてしまうのです。

5.よくしゃべる人

底が浅いと思われる人の特徴の一つに、よくしゃべるというものがあります。

べらべら話さなければ、意外と底が浅いというのがばれなかったりします。

しかし、底の浅い人というのは「すごい」と思われたいがために、ついついしゃべり過ぎてしまうのです。

人はあまりおしゃべりな人のことを尊敬しません。

一目置く人というのは、むしろ寡黙な人の方が信頼できるし、一目置かれたりします。

そのことが分からない「底が浅い人」は、どうしてもしゃべり過ぎてしまうのです。

底が浅いと思われたくないなら、少し口を慎んで、大切なことだけを話すようにするのが良いでしょう。

そうすれば、周りの人の印象も変わるかもしれません。

底が浅いと思われる人の特徴をご紹介しました。

底が浅い人は、そう思われたくない気持ちが強すぎて、かえって空回りしてしまっています。

人に良く見せようという気持ちをなくすようにすれば、きっと周りの見る目も変わってくるはずです。

それが「底が浅い人」と言われないための対応策といえるでしょう。