異性とルームシェアする際の注意点とは

最終更新日:2017年6月30日

日本でルームシェアをする時には同性が多いですが、異性とのルームシェアではいろいろと気を遣わなければならないことが多いです。

異性とのルームシェアでは同棲生活との違いをはっきりさせておかないと、後でトラブルに発展するので気をつけなければなりません。

そこで異性とルームシェアする際の注意点についてご紹介します。

1.恋愛感情を抱かない

異性とルームシェアをする時には、同居人という関係以上を期待しないように、恋愛感情を相手に抱かないようにすることを確認しておきましょう。

男女が同じ屋根の下で暮らすとなると、どうしても相手のことが気になってしまい、恋愛感情を抱きやすくなります。

自分の近くにいる相手には好感を持ちやすいので、ルームシェアをする相手に恋愛感情を抱いてしまうのはある意味仕方が無いかもしれません。

しかしルームシェアはあくまでも同居人であって、恋人同士ではないということを確認しておくことが大切です。

男性はもしかしたらという淡い期待をするかもしれませんが、そうなると女性は怖くて一緒に住むことができなくなってしまいます。

お互いが恋愛感情を抱かずに友情までの関係に留めておくことを確認しておかないと、後でトラブルとなるので注意しましょう。

2.プライベートなスペースは絶対に入らない

ルームシェアでは共有スペースの他には、お互い自分の部屋を持ちます。

そのため自分の部屋はプライベートなスペースとなるので、いくらルームシェアをしていても、絶対に立ち入ってはいけません。

部屋には鍵をしてプライベートを確保していますが、近くにいるとわかれば気になってしまうものです。

出掛けた時はお風呂に入っている時に鍵を閉め忘れてしまった時に、万が一にも部屋に入った形跡があれば、ルームシェアはその場で解消されるでしょう。

異性とルームシェアをするならプライベートなスペースは絶対に覗かないことがルールなので、異性に興味があっても立ち入ってはいけません。

3.家事などの分担は半分ずつ行う

同居人となるルームシェアの相手とは、当番制で食事の支度やゴミ出しをすることも多いです。

これはお互いが納得したやり方であればいいのですが、一般的にはローテーションで行うことが多いです。

そこで異性とルームシェアをした時に、女性だから家事を多くするなどの提案があると、トラブルの元となるので注意しましょう。

女性だから料理ができるとは限りませんし、仕事の関係で料理が作れないこともあります。

お互いの仕事の時間などを考慮して決めなければいけないので、性別で作業を分担しないようにしましょう。

男性だからゴミ出しをやるのが当たり前だと言われれば、嫌だと思っている仕事を押し付けられたと思って不快に感じてしまいます。

作業当番を決める時は公平な決め方で、お互いが納得した方法で行いましょう。

4.恋人や友達を家に呼ばない

異性とのルームシェアをする時は、友達や恋人を家に呼ばないようにしましょう。

友達を呼んだ時はルームシェアの相手が女性だとわかると、恋愛対象として見ることが多いです。

また共有スペースに友達がいると、女性はいきづらくなるので自分の家に居ながら気まずい思いをしなければなりません。

恋人の場合は嫉妬されることが多いので、トラブルやケンカに発展してしまうことも多くなります。

共有スペースはあくまでも二人の場所なので、友達や恋人を呼ぶのは止めた方がいいでしょう。

自分達はお互いを恋愛対象としては見ていなくても、友達や恋人はそうは思いません。

初めに友達や恋人を呼ばないことを約束しておかないと、後でトラブルになる可能性が高くなるので注意しましょう。

5.ルームウェアに気をつける

自分の家では開放的になるので、ルームウェアなど露出の多い物を着ることも多いでしょう。

特に夏になると開放的になるので、下着だけでウロウロしたりすることもあります。

女性も家では下着姿の人も多いですが、異性とルームシェアをしてる時はさすがに気を遣うでしょう。

しかし慣れてくると気を遣わなくなってしまうので、共有スペースにいる時に下着姿で会ってしまうこともあります。

お互いが気にしなければ問題ありませんが、どちらかが気にするようなら止めなければなりません。

お互い下着姿では絶対に出歩かないなどのルールを決めておかないと、ちょっとした時に相手のことを見てしまう可能性が高いです。

男性は嬉しいかもしれませんが、女性は不快に感じることも多いので、ルームウェアには気をつけるようにしましょう。

恋愛対象として見ないことを約束することは大切

異性とルームシェアをする時には相手を恋愛対象として見ないことが条件となりますし、公平にルールを決めることが大切です。

何かあった時に困るのは女性の方なので、男性は女性が安心して一緒に住めるように気を遣う必要があります。

ルールを遵守することや何かあった時は話し合いで解決するなど、対等な関係性を保つことによって、異性でもルームシェアをすることができます。