自分に合った仕事を見つける方法。最適な仕事を見つけよう

最終更新日:2015年8月5日

あなたは将来の夢はありますか?夢がある人は良いのです。

夢があればそれに向かって一心に突き進むだけです。

夢を持てることは素晴らしいことです。

ただ夢が見つからず自分に合った仕事が分からないで悶々としている人っていますよね。

では自分に合った仕事を見つける6つの方法をご紹介します。

1.客観的にどんな仕事が合ってそうか周りの人に聞く

一番大事なのは自分に何が合ってそうなのか知ることです。

そして案外自分のことと言うのは自分では分からなかったりするのです。

ですから自分と仲の良い人に客観的にどんな仕事が合っていそうか教えてもらいましょう。

良くつるんでいる友人であれば、あなたの性格や普段の行動を理解してくれているはず。

その人に客観的に自分はどんな仕事が向いてそうなのか聞いてみてください。

これが良いヒントになって、自分に合った仕事が見つかることがあります。

適当ではなく、真剣に考えてもらってくださいね。


2.様々なお稽古事や部活やアルバイトを体験しておく

自分に合った仕事を見つけるためには学生の頃からいろいろとやっておくといいでしょう。

お稽古事や部活やアルバイトをすることで、実際に試してみて自分に合っているものを見つけ出してください。

経験がなければそもそも何が合うのかなんて分かるわけがありません。

日頃からいろいろと実践して見て、その経験を頼りに自分にぴったりな仕事を見つけ出すのです。

様々な経験があればあるほど、その後役立ちます。

自分に合う仕事を見つけるために、いろいろと経験してください。


3.やりたいことをやってみて合わなければ転職を繰り返す

どうしても自分に合った仕事が分からないなら、とにかくチャレンジして見ることです。

仕事を転々とすることは本来良いことはありません。

ただ自分に合った仕事を見つけたいなら、色々な仕事を転々としてみるのも一つの手です。

まずは「これがやりたい」と思うことにチャレンジして見て、自分に合った仕事なのかを判断しましょう。

職場には少々迷惑なので、オススメとは言えませんが、こうすることにより色々なジャンルの仕事をしてみて、自分に最も合っている仕事を見つけることができます。

ただ転職を繰り返すのはいつまでと決めておいた方がいいでしょう。

一生仕事を転々としていたら困るのはあなたです。

将来安定した収入を得るためには、しっかりとこのときまでにやりたい仕事を見つけると目標を立てておいた方がいいのです。

その期間の間に何か自分に合う仕事を見つけるようにしてください。


4.過去の体験からどんな仕事が合っているのか分析して見る

あなたは分析力を持っていますか?過去の体験を元に自分が一体何に興味があり、何が得意なのかを書き出してみましょう。

そしてその書き出したものの中から関連性のある仕事を探してみてください。

自分の過去の体験からしっかりと自己分析して、自分に何が合っているのかを導き出してください。

頭で考えるだけではなく、書き出してみることで思わぬぴったりな職業が見つかるかもしれません。

自分に合った仕事を見つけるためにはこのような努力をしてみましょう。


5.消去法でできそうにない仕事を省いて残ったものから選ぶ

自分に何ができるのか客観的に分からないなら、消去法を使いましょう。

自分に向いていないと思われる仕事を省いてください。

消去して行くと自分ができそうな仕事が残ります。

これを順々に比較して残った仕事の中から決めましょう。

自分が「できない」と思っている仕事は苦手だと思っていることです。

消去法で残ったものはあなたが好きな職業です。

楽しそうに思えない仕事は自分に合った仕事とは言い難いです。

ですから消去法で省いて言って、一番やりたい仕事を見つけ出しましょう。


6.就職情報サイトや就職関連本で仕事の適性診断をしてみる

本格的に自分に合った仕事を見つけたいなら「適性診断」をしてみるのはいかがでしょうか。

就職情報サイトや就職関連本の中には仕事の適性診断ができるものがあります。

そういった「適性」を見て見るのも良い方法です。

これなら自分では思いつきもしなかった自分に合う仕事が見つかる可能性があります。

客観性がない人や何をやっても自分に合った仕事が見つからないと言う人はこの適性診断を頼って見るのも良いでしょう。

意外な仕事もやって見ればあなたにしっくりと合うかもしれません。

診断結果により自分に合った仕事を見つけましょう。

自分に合った仕事を見つける方法は沢山ある

自分に合った仕事を見つけるためには色々な方法があるのです。

そんなに焦らないでじっくりと自分に合った仕事を見つけ出しましょう。

どうせ働くなら自分に合った仕事を長く続けたいですよね。

その方が楽しい気持ちで働けますからね。

そのためにもご紹介した6つの方法で自分に合った仕事をお探し下さい。

そして「これだ」という仕事を見つけましょう。