事務職に応募する際の自己PR。自分の魅力をアピールしよう

最終更新日:2016年4月2日

お仕事に応募するときに欠かせないのは自己PRです。

自己PRはその人の人間性をチェックするだけでなく、仕事をするうえでも重要な項目になっています。

今回は、事務職に応募する際に使える自己PRをご紹介します。

1.コミュニケーション能力がある事を伝える

事務職ときくと、書類の整理やパソコンを使った事務作業など、どちらかというと一人で仕事をするようなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

でも実は、事務職は多くの人と関わる仕事でもあるんですよ。

事務職は、社員やバイトを問わず、その会社にいるすべての人間の個人情報を扱うような部署もあります。

従業員が引っ越しをした場合や結婚して姓が変わった場合、あるいは有給届など、会社に提出する書類等の管理をすることもあります。

書類の受け渡しや書き方が分からないときなど、従業員の人は事務職の人とやり取りすることが多いのです。

コミュニケーション能力がないと、やりとりがうまくできずミスが発生してしまったりすることもあります。

決して一人で黙々と作業できる仕事ばかりではないので、誰とでも会話することができたり、すぐに仲良くなれる性格であることをアピールするのは大切です。


2.細かい作業が好き

事務職に限ったことではありませんが、仕事においてはミスや失敗が許されない事の方が多いですよね。

とりわけ事務職は、社内で終わる仕事もあれば、外部に手紙を出したり発注したり、他の会社にも関わる事も多いのが特徴です。

先方の会社には決して失礼がないよう、なおかつ丁寧でミスを起こさない事が大事なんですね。

そのためには、大雑把で適当に仕事をしてしまう人より、細かい作業が苦にならない人の方が会社としてもほしい人材です。

自分の事で精いっぱいになってしまう人よりは、余裕をもって周りの仕事状況を確認できるくらいの人が、会社としては安心できるのではないでしょうか。

細かい作業が好きな人や、仕事に対して余裕を持って取り組める気持ちをもっているなど、事務職が未経験でも落ち着いて仕事ができる人はアピールしておきましょう。


3.持っている資格で何が出来るか

最近では、応募欄に資格が記載されていることも少なくありません。

必須の場合もあれば、経験者歓迎など、事務職でもある程度の資格の所持や経験を求められています。

特にインターネット事業が拡大しているので、パソコン系の資格を持っている人は重宝されています。

採用するなら率先力のある人材を求めている会社が多いのではないでしょうか。

何か持っている資格を持っているのであれば、是非PRしておきましょう。

簿記や秘書検定、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)など、自己PRに使える資格はたくさんあります。

ただし、資格を持っているだけでは自己PRに欠けてしまいます。

持っている資格で何が出来るのか、何がしたいのか、自分の能力を伝えるのは自己PRです。

しかし、資格をとって実践したことがなくても心配はいりませんよ。

この資格を生かしてこんなことをやってみたい、という目標も、立派なPRです。


4.事業内容や経営理念などへの興味を示す

販売職や飲食業なら接客が好きだったり商品が好きだったり、どちらかというと分かりやすい動機が思い浮かびますよね。

事務職ときくと、なかなかたくさんの動機は思い浮かびずらいです。

そんなときは、応募先の会社の事業や、どんなスローガンを掲げているのか経営理念をチェックしてみましょう。

環境問題について取り組んでいたり、サービス事業を支えていたり、楽しく仕事ができる事を掲げていたり、会社によってまったく異なります。

そこで興味のある言葉や共感できるフレーズがあったら、自己PRに盛り込んでみましょう。

例えば会社が環境問題について取り組んでいるのであれば、自分は環境問題にどんな関心があって、今後どのようにしていきたいと思っているのか、自分の気持ちをPRしましょう。

事務職をやってみたいけど資格も経験もないという人は、会社の方針をチェックしてみるのもオススメです。


5.未経験でもやってみたいという気持ち

事務職の応募をためらっている人は、未経験ということが気になっているのではないでしょうか。

確かに事務職は、パソコン操作や書類整理、場合によっては専門スキルも必要になります。

しかし、未経験歓迎の職場も多く、ほとんどが仕事をしながら一緒に教えてくれるOJTの環境です。

分からない事があればその場で先輩が教えてくれるので、未経験であっても心配することはありません。

もちろん、最低限のパソコン操作や専門用語などの知識はあるに越したことはありませんが、それでもやろうと思えば誰でも挑戦できるのが事務職の魅力でもあります。

未経験でも、その仕事だから頑張って働いてみたいという、仕事に対するやる気や意気込みをしっかりPRすれば、応募先も応えてくれるのではないでしょうか。

事務職の応募時にしっかり自己PRをしよう

事務職は覚える事も多く、周りの人と協力して働くこともある仕事です。

自己PRは自分を売るための大切な項目です。

事務職と言っても様々な仕事内容なので、自分は何をやりたいか、その会社で自分は何が出来るのか、しっかりPRできるといいですね。