女性が働きやすい会社の特徴とは

最終更新日:2017年6月26日

女性が社会進出をするようになってからも、働きにくい会社はまだまだ多いものです。

その中でも女性が活躍できる働きやすい会社はたくさんありますが、一般の会社とどこが違うのでしょうか。

そこで女性が働きやすい会社の特徴をご紹介します。

1.育児制度や働きやすい制度が整っている

女性が働きやすい会社の特徴としては、女性が長く働けるような制度が充実している会社です。

若い女性が活躍できる会社はもちろんですが、女性は若くして結婚をしたり子供ができて育児をしなければなりません。

そのため子育て支援制度が整っていたり、育休精度がある会社は女性にとって働きやすい会社となります。

女性にとっていい会社とは給料が高い会社ではなく、長く安心して働き続けられる会社です。

せっかくキャリアを積んでも結婚を機に退社してしまっては、会社にとっても本人にとっても勿体ないです。

結婚して子供ができても働き続けられる会社ならば、仕事もプライベートも充実させることができるので、女性にとって働きやすい会社となります。

2.会社の制度を多くの人が利用している

会社が女性のためにいろいろな制度を作っても、実際に利用している人が少なければ全く意味がありません。

支援制度が整っているのに社内の雰囲気や人目を気にして、支援制度を利用できないと思ってしまっては無意味な制度となっています。

誰もが支援制度を気軽に利用できることが大切で、社内の雰囲気も重要な要素となります。

支援精度を会社が積極的に利用するように促すことが大切で、気兼ねなく支援制度を利用できることが重要な要素のひとつです。

他の人に嫉妬したり支援制度をとりにくい雰囲気を作るのではなく、むしろ積極的に利用するように促す社内の雰囲気が、女性にとって働きやすい会社となります。

3.女性の人数が多い

女性が働きやすい会社の特徴としては、実際に働きている女性が満足して働き続けていることが大切です。

そのため女性が働きやすい会社には女性社員が多く、仕事に対してのモチベーションも高く維持しながら仕事をしています。

働きやすい会社だと支援制度も充実していますし、社内の雰囲気も働きやすいと感じれば、誰も仕事を辞めたいと思いません。

そのため結婚や出産を機に辞めたとしても、再度復職して働く女性も多いのが特徴です。

働いている女性が実際に働きやすいと感じていれば、必然的に女性社員が多くなります。

働きにくいことや問題があれば、その都度対処してくれる会社であれば、女性はより働きやすいと感じるでしょう。

4.女性らしい仕事を求められている

男性と女性は対等な立場で仕事をしますが、決して女性が男性と同じような仕事を求められないことが、女性が働きやすい会社の特徴となります。

男性は働く時間も長く残業が多くても、ストレスを溜めながらでも働き続けるものです。

しかし女性にその働き方を求めても、多くの女性は無理だと感じて辞めてしまうでしょう。

男性と女性では仕事へのモチベーションや取り組み姿勢も違いますし、女性らしい感性で仕事をこなすことができます。

そのため男性ではできないような仕事をすることもできるのが女性社員の強みであり、その強みを発揮できる会社は女性にとって働きやすい会社となります。

女性の感性を活かした仕事をするには、社内の雰囲気が良く活発な意見交換ができる会社でなければ難しです。

男性の方が立場が上だという意識があれば、女性の意見がないがしろにされてしまうからです。

女性が働きやすい会社は男性と同じような仕事や意見求められないので、女性らしい感性を活かした仕事をすることで能力を発揮することができます。

5.男性と対等な立場で仕事ができる

会社ではまだまだ男性の方が地位が高い所があり、実際に役職や管理職に女性がいない会社も多いです。

女性が働きやすい会社は男尊女卑の考えはなく、常に対等な立場で仕事をすることができます。

仕事では目的意識を持って取り組むことで、結果を求めることで対等な立場で仕事をすることができます。

役職や立場に関係なく仕事で必要だと思うことをはっきりと発言できる場や、意見交換ができることが大切なことです。

女性が気を遣って発言できないような会社ではなく、常に対等な立場で仕事ができる会社は女性もやりがいを感じることができるでしょう。

女性は仕事面で見ると出産や育児というハンデがあり、男性に遅れをとってしまうこともあります。

しかし育児制度などが充実している会社ならば、対等な立場で女性も仕事ができるので、引け目を感じることなく充実した仕事をすることができます。

女性が働きやすい会社は女性が元気に活躍できる会社

女性が働きやすい会社は、女性が元気に働ける会社です。

実際に働きている女性社員が元気に働いていれば、社内の雰囲気も良くなり活性化することでさらに良くなっていきます。

充実した支援制度や社内の雰囲気など、女性が働きやすい環境を整える必要があるので、会社全体が取り組んでいることで女性がより働きやすい会社を作ることができます。